大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

「国文研 千年の旅」読売新聞多摩版 連載より

2019/9/13

橋本本『源氏物語』

 事は8月の十五夜、時の皇后・藤原彰子ふじわらのしょうしの所望をうけ、石山寺で物語創作の願を夜通し立てていた紫式部は、琵琶湖に映る月影の澄んだ感懐に導かれるまま、大般若経だいはんにゃきょうの料紙に第12帖「須磨」巻から書き起こした――。平安文学の最高峰と称される『源氏物語』の誕生をめぐっては、いつの時代からか、そのような伝説がまことしやかにささやかれてきた。

 伝説が芽生えた背景には、この緻密な巨編が常人のわざとは思えぬことへの畏敬に加えて、作者の自筆本はおろか、そこから遠からぬ平安中期の写本さえも、ごく早くに失われ始めていたといううつろな現実があったとおぼしい。まして物語の誕生から千年を隔てた現代の読者にとって、平安時代の『源氏物語』の形を知ることは、事実上不可能と言ってよい。

 しかし極めて幸運なことに、鎌倉時代の写本のいくつかは、7〜8世紀の長きにわたり幾度の災害・戦乱をくぐり抜け、その姿を現在までとどめている。その一つに、当館の所蔵する橋本本(はしもとぼん)『源氏物語』がある。もと国語学者・橋本進吉(はしもとしんきち)(1882〜1945年)の旧蔵書であり、2004年に当館の所蔵となったこの写本は、全冊の形態・料紙が同一であることから、かつては54帖のそろいだったとみられるが、残存するのはわずかに4帖のみ。
 光源氏が後の伴侶となる若紫を見出だす第5帖「若紫」巻、冷泉帝の後宮(こうきゅう)で物語絵による勝負が繰り広げられる第17帖「絵合(えあわせ)」巻、光源氏が明石でもうけた娘を京へ迎えようと画策する第18帖「松風」巻、光源氏の養子・玉鬘(たまかづら)の宮中出仕をめぐる求婚者達の動揺を描く第30帖「藤袴(ふじばかま)」巻、以上がその内容だ。

 書写年代は鎌倉中期とされ、筆者は不明ながら藤原為家(ふじわらのためいえ)(1198〜1275年)を宛てる説がある。当館で公開している全冊カラー画像からは、活字本にはない書写者の息づかいを容易に体感することができ、落丁や破損がみられる無骨とも言うべき容貌ようぼうは、この写本が生き残ってきたことの奇跡を私たちに知らしめる。


1000okadatakanori2.jpg
※新日本古典籍総合データベースにて全文をご覧いただけます。



(特任助教・岡田貴憲)


読売新聞多摩版2019年9月4日掲載記事より

ページトップ