大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

国文学研究資料館ダイバーシティ宣言

2020/2/27

 国文学研究資料館は、我が国の古典籍及びその関連資料を大規模に集積し、様々な分野の研究者の利用に供するとともに、それらに基づく先進的な共同研究を推進する機関であり、収集した膨大な資料の中では、多様な人々が様々な形で活躍していく様子が描かれているものもあります。

 現代においても、性別、年齢、障害、国籍、宗教、信条、性的指向、性自認など様々な面で異なる人々が、それぞれの能力が生かせる活躍の場を求めており、当館の資料や知見、様々な活動を通じて、人々の多様性が受け入れられ、それぞれの能力を十分に発揮できるダイバーシティ社会の構築に貢献できるよう取り組むことを宣言します。

<基本方針>

1 多様な人材の積極的な雇用と、雇用後においても、個々の資質や状況にかかわらず活躍できる組織を目指します。

2 職員の多様な価値観に基づく働き方の支援に努めます。

3 職員、外部からの研究者、その他様々な来訪者に対して、それぞれのニーズに応え、能力が発揮できる施設環境の提供を目指します。

4 当館の取組がダイバーシティ社会の実現につながることを各職員が意識し、当館のダイバーシティに関する取組を情報発信していくとともに、個性あふれる人々の様々な分野での活躍を、言葉の文化を通じて広く社会に伝えていくことにより、多様性を受容できる社会の推進に努めます。

ページトップ