大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

古典籍データ駆動研究センター(The Center for Data-Driven Research on Premodern Japanese Texts: DDセンター)

 加速する実体社会のデジタル化への対応やオープンサイエンスとデータ駆動型研究等の推進という新たな研究システムの構築などに取り組むため、人文学分野の研究者と情報科学・自然科学分野の研究者との協働によって、他分野と協働し得る課題解決型の人文学研究の創出を目指して、2022年4月に「古典籍データ駆動研究センター」(The Center for Data-Driven Research on Premodern Japanese Texts,以下 Data Driven に基づく略称「DDセンター」という。)が設置されました。

 DDセンターでは、「研究基盤整備部門」及び「データ駆動型研究推進部門」の2つの部門において、「データインフラストラクチャの構築」、「人文系データ分析技術の開発」、「コンテンツ解析からの展開」、「マテリアル分析・解析」の4つの領域の研究を推進しています。

 また、令和6年4月に開始した大規模学術フロンティア促進事業「データ駆動による課題解決型人文学の創成―データ基盤の構築・活用による次世代型人文学研究の開拓―」(https://lab.nijl.ac.jp/humanitiesthroughddps/)において、DDセンターは、プロジェクト推進室のもとで基幹事業センター及び基盤データセンターと緊密に連携し、事業の推進に必要となる研究開発を中心となって担っています。

soshiki.png

■ 構成員

大山 敬三 センター長
木越 俊介 副センター長
菊池 信彦 副センター長
西村 慎太郎 教授
山本 和明 教授
松田 訓典 准教授
松原 哲子 特任准教授
守岡 知彦 特任准教授
竹内 綾乃 特任助教
松永 瑠成 特任助教(人間文化研究機構創発センター研究員)

■ 主な活動実績

(準備中)

ページトップ