大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

「不用之品」袋に残された風説・事件 ―松代商人の情報収集―

通常展示の一部のスペースを使って、当館所蔵の作品を展示いたします。

fuyounoshina2023_chirashi.jpg

会期:令和5(2023)年10月5日(木)~令和6(2024)年2月15日(木)
開室時間:午前10時~午後4時30分
休室日:水曜、土曜、日曜、祝日、年末年始:12月25日(月) ~ 1月5日(金)

 国文学(こくぶんがく)研究(けんきゅう)資料館(しりょうかん)には、信濃(しなのの)(くに)松代(まつしろ)伊勢町(いせまち)代々(だいだい)町年寄(まちどしより)(つと)めた商家(しょうか)八田家(はったけ)文書群(ぶんしょぐん)(約3万5000点)が保存(ほぞん)されています。八田家では、3代目孫左衛門(まござえもん)時代(じだい)より町年寄に(くわ)えて松代藩(まつしろはん)から給人格(きゅうにんかく)御勝手(おかって)御用役(ごようやく)という格式(かくしき)を与えられ、4代目嘉右衛門(かえもん)(だい)には、産物(さんぶつ)御用(ごよう)(がかり)川船(かわふね)運送方(うんそうかた)御用(ごよう)社倉(しゃそう)調役(しらべやく)(いと)会所(かいしょ)取締役(とりしまりやく)産物(さんぶつ)会所(かいしょ)取締役(とりしまりやく)など、(はん)財政(ざいせい)(にな)要職(ようしょく)歴任(れきにん)します。
 その嘉右衛門(かえもん)晩年(ばんねん)天保(てんぽう)14年(1843)7月、たまっていた書類(しょるい)整理(せいり)する一環(いっかん)で「(しょ)(ほう)(へん)()風説(ふうせつ)聞書(ききがき)其外(そのほか)種々(しゅじゅ)不用(ふよう)()(しな)小書付(こかきつけ)入袋(いりぶくろ)」という(ふくろ)をつくり、仕事(しごと)のうえで()らないと判断(はんだん)した文書(ぶんしょ)収納(しゅうのう)しました。この(なか)には、江戸(えど)中期(ちゅうき)から後期(こうき)にかけての江戸(えど)その()で起こった事件(じけん)に関する聞書(ききがき)書状(しょじょう)幕府(ばくふ)(たっし)(がき)(うつし)などが(おさ)められています。(みずか)らが書写(しょしゃ)したり、江戸(えど)()めの松代(まつしろ)藩士(はんし)などから情報(じょうほう)()(おく)ってもらった御用(ごよう)商人(しょうにん)の"情報(じょうほう)収集(しゅうしゅう)"の痕跡(こんせき)です。
今回(こんかい)は、そのうちのいくつかをご紹介(しょうかい)したいと(おも)います。

展示ケース1

fuyounoshina2023_case1.JPG

1 諸方(しょほう)変事(へんじ)風説(ふうせつ)聞書(ききがき)其外(そのほか)種々(しゅじゅ)不用(ふよう)()(しな)()書付(かきつけ)(いり)(ぶくろ)

 この(ふくろ)には、96点(請求(せいきゅう)番号(ばんごう):う685~う777)の文書(ぶんしょ)(おさ)められていた。(もっと)(ふる)いものは安永(あんえい)2年(1773)で、寛政(かんせい)文化(ぶんか)()(1789~1818)の文書が多い。ただし、一部に明治(めいじ)()の文書の混入(こんにゅう)がみられることから、この袋がつくられた天保(てんぽう)14年(1843)の整理(せいり)だけでなく、その後も文書が追加(ついか)されたとみられる。収納(しゅうのう)された文書は、風説書(ふうせつがき)聞書(ききがき)幕府(ばくふ)触書(ふれがき)達書(たっしがき)(うつし)諸芸(しょげい)儀礼(ぎれい)次第書(しだいしょ)などに加え、詠草(えいそう)書物(しょもつ)抜書(ぬきがき)礼状(れいじょう)注文書(ちゅうもんしょ)引札(ひきふだ)など、「不用(ふよう)()(しな)」というだけあって多種多様(たしゅたよう)であった。

2 浅間山(あさまやま)大焼(おおやけ)上州(じょうしゅう)我妻(あがつま)群馬(ぐんま)両郡(りょうぐん)亡損(ぼうそん)村方(むらかた)絵図(えず)

 天明(てんめい)3年(1783)に発生(はっせい)した浅間山(あさまやま)大噴火(だいふんか)亡失(ぼうしつ)した上野(こうずけの)(くに)吾妻(あがつま)(ぐん)群馬(ぐんまぐん)郡の村々(むらむら)(えが)いた絵図(えず)噴火(ふんか)活動(かつどう)は4月より始まり、7月7日(絵図には7月6日とある)に最盛期(さいせいき)(むか)え、約90日間(つづ)いた。(ふもと)鎌原(かんばら)(むら)は、このときの火砕流(かさいりゅう)土砂(どしゃ)なだれで、ほぼ壊滅(かいめつ)状態(じょうたい)となった。また、大量(たいりょう)火山(かざん)泥流(でいりゅう)河川(かせん)(なが)()んで各地(かくち)洪水(こうずい)()()こし、広範囲(こうはんい)にわたり甚大(じんだい)被害(ひがい)を受けた。噴煙(ふんえん)成層圏(せいそうけん)にまで(たっ)し、軽石(かるいし)火山灰(かざんばい)()(そそ)いだという。八田家(はったけ)のある信州(しんしゅう)松代(まつしろ)は、浅間山(あさまやま)比較的(ひかくてき)(ちか)距離(きょり)にある。噴火(ふんか)推移(すいい)注目(ちゅうもく)していたと思われる。

展示ケース2

fuyounoshina2023_case2.JPG

3 上州(じょうしゅう)高崎(たかさき)御城主(ごじょうしゅ)松平(まつだいら)右京(うきょうの)(すけ)(さま)御届(おとどけ)()(うつし)

 天明(てんめい)3年(1783)9月29日から10月はじめにかけて発生(はっせい)した安中(あんなか)騒動(そうどう)信州(しんしゅう)では天明(てんめい)佐久(さく)騒動(そうどう)ともいう)の動向(どうこう)について、高崎(たかさき)藩主(はんしゅ)松平(まつだいら)右京(うきょうの)(すけ)輝和(てるやす)幕府(ばくふ)(とど)()文書(ぶんしょ)(うつし)。この騒動は、浅間山(あさまやま)大噴火(だいふんか)による米価(べいか)高騰(こうとう)などで生活(せいかつ)(きゅう)した農民(のうみん)たちが、(こめ)()()めていた中山道筋(なかせんどうすじ)富農(ふのう)商人(しょうにん)屋敷(やしき)次々(つぎつぎ)()ちこわしていった事件(じけん)である。届書(とどけがき)月番(つきばん)老中(ろうじゅう)田沼(たぬま)意次(おきつぐ)へもたらされ、説諭(せつゆ)しても()かない場合(ばあい)玉込(たまご)鉄砲(てっぽう)使用(しよう)しても(かま)わない(むね)回答(かいとう)附札(つけふだ)がつけられたと(しる)されている。

4 (名前書(なまえがき)
5 ((つぶ)シ・焼払(やきはらい)家々(いえいえ)聞書(ききがき)

 3の安中騒動(あんなかそうどう)天明(てんめい)佐久(さく)騒動(そうどう))で()ちこわされた富農(ふのう)商家(しょうか)()()げた紙片(しへん)(かんが)えられる。打ちこわしは、安中(あんなか)を起点として松井田(まついだ)坂本(さかもと)沓掛(くつかけ)追分(おいわけ)岩村田(いわむらだ)塩名田(しおなだ)八幡(やわた)と、中山道筋(なかせんどうすじ)宿村(しゅくそん)上州(じょうしゅう)碓氷郡(うすいぐん)から信州(しんしゅう)佐久郡(さくぐん)へと進んでいったことが知られる。松代藩(まつしろはん)御用(ごよう)をつとめている八田家(はったけ)では、自家(じか)()ちこわされる危険性(きけんせい)(かんが)えて、()ちこわし(ぜい)進路(しんろ)被害(ひがい)にあった商家(しょうか)名前(なまえ)など、その動静(どうせい)注視(ちゅうし)していたものと思われる。

6 (上杉(うえすぎ)弾正(だんじょう)大弼様(だいひつさま)御国許(おくにもと)百姓(ひゃくしょう)より申出(もうしで)御取捌(おとりさばき)被成候(なられそうろう)一件(いっけん)聞書(ききがき)

 安永(あんえい)2年(1773)に出羽国(でわのくに)米沢藩(よねざわはん)上杉家(うえすぎけ)()こった七家(しちけ)騒動(そうどう)と呼ばれる事件(じけん)聞書(ききがき)藩主(はんしゅ)上杉治憲(うえすぎはるのり)鷹山(ようざん))の改革政治(かいかくせいじ)反対(はんたい)する勢力(せいりょく)(7家)が、改革(かいかく)中止(ちゅうし)推進派(すいしんは)竹俣美作(たけまたみまさか)当綱(まさつな)らの罷免(ひめん)(もと)め、45か(じょう)訴状(そじょう)作成(さくせい)して治憲(はるのり)強訴(ごうそ)した事件(じけん)で、聞書(ききがき)では首謀者(しゅぼうしゃ)である国家老(くにがろう)千坂対馬(ちさかつしま)高敦(たかあつ)色部修理(いろべしゅり)照長(てるなが)江戸家老(えどがろう)須田伊豆満主(すだいずみつたけ)長尾兵庫景明(ながおひょうごかげあき)中老(ちゅうろう)芋川縫殿延親(いもかわぬいのぶちか)平林蔵人正在(ひらばやしくろうどまさあり)(7家のうち清野内膳祐秀(きよのないぜんすけひで)がない)の処罰内容(しょばつないよう)切腹(せっぷく)隠居(いんきょ)蟄居(ちっきょ)など)と、吟味(ぎんみ)過程(かてい)について(しる)している。

展示ケース3

fuyounoshina2023_case3.JPG

7 (旗本(はたもと)大井(おおい)新右衛門(しんえもん)による養子(ようし)手討(てう)一件(いっけん)につき聞書(ききがき)

 寛政期(かんせいき)(1789~1801)に幕府(ばくふ)御小納戸(おこなんど)(つと)めた大井(おおい)新右衛門(しんえもん)政表(まさあきら)(文書では新三郎(しんざぶろう)誤記(ごき))が、(つま)密通(みっつう)した養子(ようし)政祐(まさすけ)手討(てう)ちにした顛末(てんまつ)聞書(ききがき)城中(じょうちゅう)同役(どうやく)(もの)から密通のことを聞かされた新右衛門は、帰宅後(きたくご)、養子に草履(ぞうり)鼻緒(はなお)()(なお)しを命じ、養子が下を向いたところを(ねら)って()りつけた。さらに妻を(さが)して邸内(ていない)徘徊(はいかい)(あやま)って用人(ようにん)(むすめ)(きず)つけたところを家臣(かしん)たちが必死(ひっし)(おも)いとどまらせ、ようやく(かたな)(おさ)めた。これを聞いた新右衛門の妻と養子政祐(まさすけ)の妻は、いずれも自害(じがい)()げたとある。

8 (晒首(さらしくび)立札(たてふだ)(うつし)

 上総国(かずさのくに)本郷村(ほんごうむら)長七(ちょうしち)のもとで奉公(ほうこう)していた幸助(こうすけ)という人物(じんぶつ)が、長七の(つま)かやに不義密通(ふぎみっつう)(せま)って(ことわ)られたことに遺恨(いこん)(いだ)き、かやとその息子(むすこ)(むすめ)など4名を殺害(さつがい)し、金銀(きんぎん)諸道具(しょどうぐ)鉄砲(てっぽう)(うば)い、放火(ほうか)をして逃亡(とうぼう)、その()旅人(たびびと)(ころ)して衣類(いるい)略奪(りゃくだつ)したとして捕縛(ほばく)され、(はりつけ)(けい)(しょ)せられた事件(じけん)情報(じょうほう)絵入(えい)りで(しめ)したもの。獄中(ごくちゅう)病死(びょうし)した幸助の遺体(いたい)は「塩漬之上(しおづけのうえ)二日晒(ふつかさらし)一日引廻(いちにちひきまわ)し、鋸引之上(のこぎりびきのうえ)浅草(あさくさ)ニおいて(はりつけ)」となり、()ねられた(くび)日本橋(にほんばし)のたもとに(さら)された。

9 (深川(ふかがわ)南塗師町(みなみぬしまち)山崎彦作(やまざきひこさく)後家(ごけ)(むすめ)による(おっと)敵討(かたきうち)始末(しまつ)書留(かきとめ)

 寛政(かんせい)8年(1796)11月に深川六軒堀近(ふかがわろっけんぼりちか)くで()こった仇討(あだう)事件(じけん)のあらましを(しる)した口上書(こうじょうしょ)(うつ)したもの。旗本神保左京(はたもとじんぼさきょう)奉公(ほうこう)家老役(かろうやく)となった山崎彦作(やまざきひこさく)は、同役の﨑山兵左衛門(さきやまへいざえもん)平内(へいない)父子(ふし)不正(ふせい)発見(はっけん)報告(ほうこく)したため、遺恨(いこん)(いだ)いた平内らに(ころ)されてしまう。彦作の死を無念(むねん)に思っていた妻みきと娘はるは6年後、懇意(こんい)平井仙蔵(ひらいせんぞう)(たく)近くを通りかかった平内を発見したため、「夫のかたき、おやのかたき」と叫んで脇差(わきざし)()りかかり、平内も応戦(おうせん)した結果(けっか)双方(そうほう)ともに手傷(てきず)()った。口上書(こうじょうしょ)では、(きず)箇所(かしょ)()調(しら)べの内容(ないよう)詳細(しょうさい)記録(きろく)されている。

展示ケース4

fuyounoshina2023_case4.JPG

10 片岡半蔵(かたおかはんぞう)書状(しょじょう)

 さまざまな風聞(ふうぶん)事件(じけん)情報(じょうほう)は、信州松代(しんしゅうまつしろ)にいる八田(はった)嘉右衛門(かえもん)へあてた書状(しょじょう)別紙(べっし)()かれて(つた)えられることが多かった。そのため、差出人(さしだしにん)名前(なまえ)(りゃく)され、情報源(じょうほうげん)がわからない場合(ばあい)(おお)いが、この文書(ぶんしょ)には、(めずら)しく差出人(さしだしにん)署名(しょめい)()られる。片岡半蔵(かたおかはんぞう)という人物(じんぶつ)で、おそらく江戸詰(えどづ)めの松代藩士(まつしろはんし)かと(おも)われる。書状の内容(ないよう)は、享和(きょうわ)2年(1802)3月に行われたオランダ商館長(しょうかんちょう)(カピタン)ウィレム・ワルデナールの江戸出府(えどしゅっぷ)に関するもので、猩々緋(しょうじょうひ)などの献上品(けんじょうひん)登城(とじょう)随行者(ずいこうしゃ)寺社方(じしゃかた)への廻勤(かいきん)お礼(れい)挨拶(あいさつ))を()たときの様子(ようす)などが記されている。

11 (大村(おおむら)上総介(かずさのすけ)留守居(るすい)より()奉札(ほうさつ)ほか書付(かきつけ)

 文化年間(ぶんかねんかん)(1804~18)になると、異国船(いこくせん)(しき)りに日本沿岸(にほんえんがん)来航(らいこう)し、幕府(ばくふ)対応(たいおう)()われるようになる。この書付(かきつけ)には、①文化元年(ぶんかがんねん)のロシア船来航時(せんらいこうじ)肥前大村藩(ひぜんおおむらはん)江戸留守居役(えどるすいやく)による書簡(しょかん)、②(どう)5年のフェートン号事件(ごうじけん)(さい)鍋島藩(なべしまはん)老中(ろうじゅう)提出(ていしゅつ)した届書(とどけがき)転写(てんしゃ)されている。①では、ロシア(せん)焼潰(やきつぶ)し」のため現場(げんば)(おもむ)長崎奉行(ながさきぶぎょう)()わり、大村藩主(おおむらはんしゅ)甲冑姿(かっちゅうすがた)奉行所(ぶぎょうしょ)警固(けいご)(めい)じられたこと、②では、国籍(こくせき)(いつわ)ってオランダ国旗(こっき)(かか)げたイギリス(せん)出迎(でむか)えの商館員(しょうかんいん)拉致(らち)した経緯(けいい)(しる)されている。

12 (箱館奉行(はこだてぶぎょう)任免書(にんめんしょ)ほか書付(かきつけ)

 「文化露寇(ぶんかろこう)」と()ばれるロシアの南下政策(なんかせいさく)対応(たいおう)した蝦夷地警衛(えぞちけいえい)(かん)する幕府達書(ばくふたっしがき)(うつし)文化(ぶんか)4年(1807)4月、蝦夷地(えぞち)択捉島(えとろふとう)へ2(せき)のロシア(せん)来航(らいこう)し、番屋(ばんや)(くら)などを()(はら)事件(じけん)が起こった。同年(どうねん)11月、この責任(せきにん)()われて箱館奉行(はこだてぶぎょう)羽太安芸守(はぶとあきのかみ)正養(まさやす)御役御免(おやくごめん)逼塞(ひっそく)(めい)じられ、河尻甚五郎春之(かわじりじんごろうはるゆき)村垣左大夫定行(むらがきさだゆうさだゆき)松前奉行(まつまえぶぎょう)に任じた(このとき役所は箱館(はこだて)から松前(まつまえ)移転(いてん))。また後段(こうだん)には、幕府(ばくふ)会津藩(あいづはん)松平金之助容衆(まつだいらきんのすけかたひろ)蝦夷地(えぞち)警固(けいご)(めい)じた(さい)達書(たっしがき)()えられている(なお、同時(どうじ)仙台藩(せんだいはん)伊達政千代周宗(だてまさちよちかむね)任命(にんめい)されている)。

過去の特設コーナー及び今後の開催予定についてはこちら


問い合わせ先

国文学研究資料館 事業係
TEL:050-5533-2984 FAX:042-526-8606
E-mail:jigyou[at]nijl.ac.jp(送信時に、[at]を@に置き換えてください)

ページトップ