大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

シンポジウム「戦後に、書きつづけることー島尾敏雄原稿がひらく文学の戦後」

twitter1200900.jpg20220917_ShimaoToshio_page_2.jpg

国文学研究資料館とかごしま近代文学館の共催にて、シンポジウム「戦後に、書きつづけることー島尾敏雄原稿がひらく文学の戦後」を開催いたします。

日時:令和4年(2022年)9月17日(土)13:30~17:10
完全オンライン開催(Zoomウェビナー)・参加無料

講師は石田忠彦・鈴木直子・安達原達晴・Yannick Maufroid・田代ゆき・梯久美子の6氏(司会・多田蔵人)

ご参加のかたは、下記申込みフォームよりお申込みください。
申込みフォーム【9月16日(金)12時まで】

シンポジウム「戦後に、書きつづけることー島尾敏雄原稿がひらく文学の戦後」 チラシ

問い合わせ先

国文学研究資料館 学術情報課 調査・管理係
TEL:050-5533-2913 
E-mail:chousa[at]nijl.ac.jp(送信時に、[at]を@に置き換えてください)

ページトップ