大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

平成30年度「古典の日」講演会

kotennohi_image2018.jpg申し込みは締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

日時:平成30年11月3日(土・祝)
13:30~16:00(開場:12:30)
場所:イイノホール (東京都千代田区内幸町2-1-1)
聴講無料 要事前申込 先着450名
主 催:国文学研究資料館

PDFダウンロード

「古典の日」は、古典が我が国の文化において重要な位置を占め、優れた価値を有していることに鑑み、国民が広く古典に親しむことを目的として、平成24年3月に法制化されました。11月1日に定められたのは、我が国の代表的な古典作品である『源氏物語』の成立に関して、最も古い記述が寛弘五年(1008)11月1日であるためです。
 日本古典文学の文献資料収集と研究を主事業とする国文学研究資料館も、「古典の日」の趣旨に賛同し、平成24年度から記念の講演会を催しております。古典に親しむ絶好の機会として、大勢の方にお出でいただくことを願っております。

講演内容:

 1.『源氏供養と石山寺』 講師:小林 健二
 2.『藤原道長「望月の歌」詠歌から千年 和歌に詠まれた真の意味』 講師:山本 淳子

講師紹介:

■小林 健二(国文学研究資料館副館長・教授、総合研究大学院大学教授)
専攻は室町期の文芸(能・狂言、幸若舞曲、物語草紙など)、著書は『中世劇文学の研究―能と幸若舞曲』『沼名前ぬなくま神社神事能の研究』など。

■山本 淳子(京都学園大学人文学部教授)
『源氏物語』『枕草子』などを生んだ一条天皇の時代を文学と歴史をまたぐ新たな視点で分析している。2007年、一般書としては初の著書『源氏物語の時代― 一条天皇と后たちのものがたり』でサントリー学芸賞受賞。

申込方法:

事前申込 先着450名

往復ハガキまたはE-mail①氏名(フリガナ)、②郵便番号、③住所、④電話番号をご記入のうえ、期日までにお申し込みください。なお、お申し込みは、お一人様1回限りとさせていただきます。また、同時に複数名でのお申し込みは受け付けられませんのでご了承ください。

 【ハガキの場合】(往復ハガキでお送りください)
宛先:〒190-0014 東京都立川市緑町10-3
宛名:国文学研究資料館「古典の日」講演会係
 【E-mail の場合】 宛先:event@nijl.ac.jp
件名:平成30年度「古典の日」講演会(申込者氏名)

申込締切日

平成30年10月 5日(金)必着 ※ただし、定員に達し次第締め切らせていただきます。


※当選者の発表について
 【ハガキの場合】受講の可否を返信ハガキにてお知らせいたします。当選者には受講票として
お送りいたしますので、当日必ずお持ちください。
 【E-mailの場合】受講の可否を返信メールにてお知らせいたします。当選者には、受講者番号等を
お送りいたしますので、当日受付にてメールを印刷したもの、または画面をご提示ください。
 ※この申し込みを通じて得た個人情報は、連絡業務のみに使用させていただきます。
 ※自然災害により交通機関等への影響が予想される場合は、講演会を中止することがあります。

問い合わせ先

管理部学術情報課企画広報係
TEL:050-5533-2910 

ページトップ