大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

入試概要

当専攻の入学試験について説明しています。募集要項、出願書類の様式ダウンロードができます。

1. 募集人員

専攻 日本文学研究専攻
課程の種類 博士課程の後期3年の課程
講座 日本文学研究
募集人員 3人

2. 出願資格

conv_room.jpg本学に出願できる者は、次のいずれかに該当する者とします。
A 修士または専門職学位を有する者
(1)修士の学位または専門職学位を有する者及び入学の前月までに取得する見込みの者

B 修士または専門職学位に相当する外国の学校等の学位をもつ者
(2)外国において、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに授与される見込みの者
(3)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに授与される見込みの者
(4)我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに授与される見込みの者
(5)学校教育法施行規則第156条第4号の規定により、国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに授与される見込みの者

C 修士または専門職学位に相当する学力のある者
(6)外国の学校、外国の大学院の課程を有する教育施設又は国際連合大学の教育課程を履修し、大学院設置基準(昭和49年文部省令第28号)第16条の2に規定する試験及び審査に相当するものに合格し、修士の学位を有するものと同等以上の学力があると認められた者及び入学の前月までに認められる見込みの者
(7)大学を卒業し、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者及び入学の前月までに2年以上研究に従事する見込みの者で、本学において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
(8)外国において学校教育における16年の課程を修了した後、または外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において2年以上研究に従事した者及び入学の前月までに2年以上研究に従事する見込みの者で、本学において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
(9)本学において、個別の入学資格審査により、修士の学位または専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、入学の月の1日において24歳に達している者

(注)出願資格Cにより出願しようとする者は、事前に出願資格認定審査を行うので、『学生募集要項』により、あらかじめ受付期間や提出書類を確認すること。

3. 願書受付

受付期間 2018年11月22日(木) ~ 11月29日(木)
受付方法 原則として郵送(速達・簡易書留)
提出先 総合研究大学院大学 学務課学生係
(各専攻を置く基盤機関では受付けませんので注意してください)

4. 選抜の方法、期日及び試験場

入学出願者の選抜は、第一次選抜(書類選考)と第二次選抜(論文審査及び面接)により行います。

第一次選抜 ① 書類選考
第二次選抜 ② 論文審査
③ 面接(2019年1月31日(木)実施予定)
面接会場は国文学研究資料館(東京都立川市)です

注)書類選考合格者についてのみ、面接日時等詳細を通知します。

5. 合格者発表

2019年2月上旬~中旬 ※詳細は追って通知します。

6. 入学手続き期間及び場所

期間 2019年3月11日(月) ~ 3月15日(金)
場所 総合研究大学院大学 学務課学生係

7. 募集要項

詳しくは『文化科学研究科 学生募集要項』をご参照ください。
(PDF形式のダウンロードは総研大ホームページへ)
平成30年度 日本文学研究専攻 要覧のダウンロードはこちら

・募集要項の請求方法

メール本文に①郵便番号、②住所、③氏名、④所属を明記の上、件名を「2019年度 学生募集要項請求」として edu-ml1☆nijl.ac.jp まで送信してください。
(※送信の際は、メールアドレスの「☆」を「@」に換えてください。)


> 総合研究大学院大学と国文学研究資料館について
> 日本文学研究専攻 概要
> 入試説明会

ページトップ