研究活動

マリオ・マレガ神父
プロジェクトとコレクション
資料調査
イベント
プロジェクト・メンバー
研究成果の公開
日本関連在外資料調査研究・活用事業
バチカン図書館所蔵マリオ・マレガ収集文書調査研究・保存・活用

マレガ・プロジェクト

お知らせ News&Topix

2018年1月31日
国文学研究資料館で2/6に<国際交流集会>を開催します
<国文研ニューズ>をアップロード

2017年10月18日 ローマの日本文化会館で10/26に<講演会>、ローマ大学で10/27, 28にくずし字講座を開催

2017年05月24日 <研究集会 チラシ><国文研ニューズ>をアップロード
2017年02月14日 <ワークショップII予稿集><国文研フォーラム><国文研ニューズ>をアップロード
2016年10月31日 <ワークショップ予稿集>をアップロード
2016年09月20日、6月1日 <資料調査><研究成果の公開>をアップデート
2015年9月12日 バチカン図書館でシンポジウム開催
2015年6月4日 ホームページを開設

マレガ・プロジェクト概要

 マレガ・プロジェクトは、2011年にローマ教皇庁バチカン図書館で発見された、
キリシタン禁制に関する歴史的史料の調査と研究のために発足しました。
この名前は、この史料を戦前の日本で集め、研究し、
バチカンにもたらしたサレジオ会宣教師のマリオ・マレガ神父によります。
このプロジェクトは、バチカン図書館と人間文化研究機構、
そして国内や海外から多数の研究者が参加し、進められています。
年2回程度の史料整理・調査を行い、その活動や研究の成果は
シンポジウムなどを通じて公表し、世界のメディアなどからも
大きな注目を集めています。
 発見された文書群は、大半が新出の未整理状態にある
重要な史料です。これらを世界に向けて公開するため、
日本側とバチカン側の協力体制の下、目録作成や保存措置、
デジタル画像化の作業を進めています。
また、新たな史料研究やキリシタン研究に取り組むだけでなく、
データベースの作成・公開、日本史料の保存管理や
調査方法の普及も行っています。この文書の学術的価値や
可能性を日本資料の調査方法とともに情報発信し、
日本研究と日本文化理解を促進することを目的としています。



マリオ・マレガ神父




プロジェクトとコレクション




資料調査




研究成果の公開




マレガ文書ってなに??




研究活動TOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ