共同研究

研究開発系共同研究

共同研究による著書、論文は、下記リンクをご覧ください。

典籍の全文テキスト化に関する共同研究

研究期間

平成26(2016)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

山本 和明

研究の概要

「くずし字OCR技術」に関する共同研究を通して、くずし字用のOCRツールへの適用に至るアルゴリズムの改良と省力化についての方策の検討及び実証試験を実施した。

検索機能の高度化に係る総合的研究

研究期間

平成27(2015)年度~平成29(2017)年度

研究代表者

北本 朝展(国立情報学研究所 准教授)

予算配分先機関

情報・システム研究機構国立情報学研究所

研究の概要

歴史的典籍画像の利活用を一層促進するため、「①タグ付けによらない検索機能の高度化に関する基礎的研究(主として画像検索)」及び「②先進性の高いシステム構築に基づくデータ配付に関する研究」に取り組んだ。

典籍画像からのテキスト化とキーワード抽出に関する研究

研究期間

平成27(2015)年度~平成29(2017)年度

研究代表者

寺沢 憲吾(公立はこだて未来大学 准教授)

予算配分先機関

公立はこだて未来大学

研究の概要

「文書画像検索システム(画像の形から類似の形を抽出可能なシステム)」の応用によるタグ付け作業の一部機械化・効率化とともに、システム情報科学分野の研究者と人文社会系の研究者との異分野融合的な共同研究を実施した。

古典籍画像を対象としたメタデータ記述/アノテーションに関する研究

研究期間

平成27(2015)年度~平成28(2016)年度

研究代表者

林 正治(一橋大学助教)

予算配分先機関

一橋大学

研究の概要

「異なる複数機関に所蔵された古典籍画像に対するアノテーション/プレゼンテーションを可能にする機関横断的な統合システムの実現」「古典籍画像のファイル形式やサイズに依存しない共有可能なアノテーション/プレゼンテーションモデルの実現」「古典籍画像に対するアノテーション永続性問題の解決」の3つの課題を通して、ウェブに分散して公開された古典籍画像に対する統合アノテーション/プレゼンテーションを可能にするメタデータ記述モデルの開発及び実証実験を試みた。

「新古典籍総合目録データベース」のマルチリンガル化対応のための基礎研究

研究期間

平成27(2015)年度~平成30(2018)年度

研究代表者

赤間 亮(立命館大学 教授)

予算配分先機関

立命館大学

研究の概要

古典籍データベースの多言語化の手法について、実験的データベースの構築・運用を通して、必要機能及び追加システムの検討・提案を行った。

古文書および古典籍を対象とした、ブックスキャナの開発に関する共同研究

研究期間

平成27(2015)年度~平成30(2018)年度

研究代表者

山本 和明(国文学研究資料館特任教授)

研究の概要

古典籍のデジタル画像化事業の推進と、産学連携による事業価値の拡大を目的とし、古文書及び古典籍を対象としたブックスキャナの開発を実施した。

テキスト共同作成ツールの開発

研究期間

平成29(2017)年度~令和元(2019)年度

研究代表者

山本 和明(国文学研究資料館特任教授)

研究の概要

関係機関との共同により、テキスト共同作成ツールの開発に取り組んだ。

多元光情報の高次元化処理による古典籍情報解析に関する基礎的研究

研究期間

平成29(2017)年度~令和元(2019)年度

研究代表者

山本 和明(国文学研究資料館特任教授)

研究の概要

書画・古典籍の質感再現を目的とした反射率と透過率を再現する光学レプリカの作成を通し、これまで容易には読むことのできなかった、修正前の文字や紙背にある文字の解読補助を試みた。

TEI(Text Encoding Initiative)の導入

研究期間

平成29(2017)年度~令和元(2019)年度

研究代表者

岡田 一祐(国文学研究資料館特任助教)

研究の概要

TEI (Text Encoding Initiative) 協会が策定・公開している人文学資料デジタル化のためのガイドライン(TEI P5ガイドライン)に基づく、日本語古典籍資料のデジタル化(TEI準拠データ作成)及びGithub等での情報提供を実施した。

キーワード抽出に関わる総合的研究

研究期間

平成30(2018)年度~令和2(2020)年度

研究代表者

寺沢 憲吾(公立はこだて未来大学 准教授)

予算配分先機関

公立はこだて未来大学

研究の概要

「典籍画像からのテキスト化とキーワード抽出に関する研究」の成果をもとにした後継計画として、古典籍を対象に、文字認識のみに頼らず、文字の見かけの形(字形)の類似性等に着目することによって、文書の内容をよく表現する単語(重要語)などのキーワードを抽出する手法の開発を実施した。

検索機能の向上化に係る総合的研究

研究期間

平成30(2018)年度~令和2(2020)年度

研究代表者

北本 朝展(国立情報学研究所准教授)

予算配分先機関

情報・システム研究機構国立情報学研究所

研究の概要

タグ付けによらない検索機能の向上化に関する基礎的研究(主として画像検索)及び先進性の高いシステム構築に基づくデータ配付に関する研究を実施した。

ワードスポッティング等によるテキスト化を経ないキーワード抽出

研究期間

令和3(2021)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

寺沢 憲吾(公立はこだて未来大学准教授)

予算配分先機関

公立はこだて未来大学

研究の概要

「キーワード抽出に関わる総合的研究」の後継として、ワードスポッティングを活用した古活字本の活字部分抽出についての検証等を実施した。

AIによるテキスト化に関わる総合的研究

研究期間

令和3(2021)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

北本 朝展(国立情報学研究所教授)

予算配分先機関

情報・システム研究機構国立情報学研究所

研究の概要

「検索機能の向上化に係る総合的研究」の後継として、主にくずし字認識に関する研究及び絵検索の人文系テキストへの応用に関する共同研究を実施した。

検索機能の向上化と古典籍の研究活用研究

研究期間

令和3(2021)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

北本 朝展(国立情報学研究所教授)

予算配分先機関

情報・システム研究機構国立情報学研究所

研究の概要

「検索機能の向上化に係る総合的研究」の後継として、主に人文系ツールの開発に関する共同研究を実施した。

TEI(Text Encoding Initiative)に関する発展的研究

研究期間

令和3(2021)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

松田 訓典(国文学研究資料館特任助教)

研究の概要

「TEI(Text Encoding Initiative)の導入」の後継として、TEI日本支部と共同しTEIに関する普及や古典籍に関する課題を検討した。

多元光情報等の高次元処理によるマテリアルとしての典籍情報解析に関する応用研究

研究期間

令和3(2021)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

山本 和明(国文学研究資料館教授)

予算配分先機関

実践女子大学

研究の概要

「多元光情報の高次元化処理による古典籍情報解析に関する基礎的研究」の後継研究として、古典籍のマテリアルに着目した共同研究を実施した。

画像作成及びカタロギングにおけるアルゴリズム改良に関する共同研究

研究期間

令和2(2020)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

山本 和明(国文学研究資料館教授)

予算配分先機関

石水博物館

研究の概要

国内外の機関と連携し、古典籍資料等のデジタル化における、画像作成及びカタロギングのアルゴリズムの改良によって、検索機能の向上を実施した。

期IIIFビューワに関する研究

研究期間

令和2(2020)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

松田 訓典(国文学研究資料館特任助教)

研究の概要

次期IIIFに対応する画像検索システムモジュールの開発を実施した。

字形データ活用による研究ツールに関する研究

研究期間

令和3(2021)年度~令和5(2023)年度

研究代表者

山本 和明(国文学研究資料館教授)

研究の概要

国内外の機関が連携し、東アジアや世界での木簡・文字資料の研究、特に史的文字に関する研究資源を共有するためのデータベース連携ポータルサイト「史的文字データベース連携検索システム」の拡充を行った。
Page top