国内外の現地調査、学会発表・聴講などの 研究活動を行なうための旅費等の支援 や、 RA (リサーチアシスタント)への積極的雇用により、経済的な負担を緩和し、研究に専念できるような仕組みを整えています。
また、 授業料免除制度 や、各種研究奨励制度があります。さらに、各種奨学金に申し込むこともできます。

研究活動の旅費等の支援

学生が研究指導の一環として学会に参加する場合や、フィールドワークを実施する場合に、旅費を補助する制度があります。

教育研究プロジェクト

日本文学研究専攻では、教員と学生が一体となって行う教育研究プロジェクトを立ち上げており、これを活用して教員とフィールドワーク・学会発表・聴講に行くための旅費の支援を行っています。

総研大海外学生派遣事業

総研大では、国際的に通用する研究者の育成を目的として、国際共同研究活動・調査活動及び国際的研究能力育成に資するプログラムに参加する本学学生に対して、参加に必要な経費を支援します。(原則2週間以上)

資料複写・図書購入について

館内の専用の複写機を使用した資料の複写が、1人あたり年間2万枚まで可能です。また、院生用の図書室に設置する図書の購入についての支援も行っています。

授業料の免除等について

総研大の授業料免除制度として、経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる学生について、また、学資負担者死亡等の事由があり、授業料の納付が著しく困難と認められる学生については、前期分・後期分それぞれについて、授業料の全額又は半額を免除する制度があります。

授業料の免除等の詳細な情報は こちら

総研大研究奨励制度について

総研大では、「長倉研究奨励賞」をはじめとする各種研究奨励制度があります。また、論文出版費の補助も行なわれています。

奨学金について

経済的理由で修業が困難であり、人物・学業ともに優秀な学生については、奨学金貸与制度(日本学生支援機構奨学金、民間財団及び地方公共団体の奨学金)が利用できます。

日本学生支援機構奨学金の詳細な情報はこちら

民間財団及び地方公共団体の奨学金の詳細な情報はこちら

RA(リサーチアシスタント)の雇用について

日本文学研究専攻の基盤機関である国文学研究資料館のリサーチアシスタント制度に基づいて、学生は国文学研究資料館が実施する研究プロジェクトに従事することができます。この場合、研究従事に対する対価として給与が支払われます。