学位授与までの流れ

博士論文予備審査(年1回(7月)申請受付・論文審査、9月頃結果通知)

博士論文本審査(年1回(11月)申請受付、11月下旬~1月中旬 公開発表会、口頭試問)

学位授与(年1回(3月)授与)

※予備審査合格後、11月の本審査に申請できない特別な理由がある場合は、理由書を提出することにより、 9月学位授与を認める場合がある。

論文博士の学位論文審査手続き

予備審査
資格 本専攻の教員の中から推薦者3人の推薦状(様式任意)を必要とする。
ただし、本専攻退学後3年以内のものは推薦状の提出は要しない。
申請期間 7月1日~7月6日15時(受付は平日のみ)
※9月学位授与、3月学位授与を問わず上記日程とする。
※原則として、予備審査合格後は、3月学位授与の本審査に申請する。
提出書類 博士論文予備審査申請書 1部 【Word形式】ダウンロード
予備審査用博士論文 4部  
博士論文目録 4部 【Word形式】ダウンロード
博士論文要旨 4部 【Word形式】ダウンロード
参考となる他の論文等(任意) 1部  
履歴書 1部 【Word形式】ダウンロード
本審査
資格 本専攻の予備審査に合格していること
申請期間 11月1日~11月6日15時(受付は平日のみ)とし、3月学位授与見込みの申請受付を行う。
上記期間に申請できない特別な理由がある場合は、理由書を提出することにより、 9月学位授与を認める場合がある。この場合の申請期間は6月15日~6月20日15時(受付は平日のみ)
提出書類 博士論文審査申請書 1部 【Word形式】ダウンロード
博士論文 7部  
博士論文目録 7部 【Word形式】ダウンロード
博士論文要旨 7部 【Word形式】ダウンロード
参考となる他の論文等(任意) 7部  
履歴書 1部 【Word形式】ダウンロード
博士論文予備審査結果
(通知文のコピー)
1部  
最終出身学校の卒業(修了)
証明書及び成績証明書
1部  
学位取得証明書(取得済の
学位がある者に限る)
1部  
審査手数料 57,000円
(一旦納付した手数料は、返還しない。)
本専攻退学後1年以内のものは、手数料の納付は要しない。
学位論文のインターネット公表
平成25年度より、学位論文をインターネットにより公表することとなりました。