国文学研究資料館で学べる最高の教育環境

 総合研究大学院大学は、国立の博物館・研究機関等に専攻を置く大学院大学で、高度に専門的な領域で先端的な研究を進める研究機関が次代を担う優れた研究者の育成にあたる、学部を持たない大学院だけの大学です。

 その中でも、文化科学研究科に属する日本文学研究専攻は、博士後期課程だけの大学院で、20万点の原典資料を備えた日本文学の研究機関である国文学研究資料館に設置されています。
 国文学研究資料館の膨大な資料を活用しながら、優れた研究者に指導を受けることができる恵まれた環境で、研究活動を実施することができます。

国文学研究資料館について

 国文学研究資料館は、日本文学に関する文献と他の資料の総合的な調査研究、収集、整理、保存、公開等を行う大学共同利用機関法人の研究機関です。

国文学研究資料館
〒190-0014 東京都立川市緑町10-3
TEL:050(5533)2900 (代表)

日本文学1200年間の書籍の調査収集、約20万点所蔵

 日本文学の1200年間の書籍を調査研究し、各地の図書館・文庫・寺社等が所有している資料(写本・版本等)を約20万点のマイクロフィルム等として所蔵し公開しています。また、多くの貴重な古典籍(芭蕉自筆書簡、源氏物語、好色一代男等)や特別コレクションも所蔵しています。

資料閲覧、展示・シンポジウム開催

 日本文学に関する文献資料と学術雑誌を網羅的に集めており、研究者・学生及び一般の方への閲覧・展示を行っています。また、展示・シンポジウム・研修などを通して、当館で行っている研究及び事業の成果を、他の関連機関(大学・図書館・文書館・博物館・美術館等)と連携しながら広く公開し、日本文学及び関連分野の普及を図るとともに、社会への還元を行っています。

データベース公開

 日本文学に関する各種情報・資料をデータベース等で提供し、日本における日本文学研究の情報センターとしての役割を果たしています。

アーカイブズ研究

 日本の近世・近代史料の調査、収集、整理、保存、公開等を行うとともに、アーカイブズ学の研究を行い、渋沢コレクションほか多くの史料を所蔵しています。

総合研究大学院大学について

 総合研究大学院大学は、高度に専門的な領域で先端的な研究を進める国立の研究機関等が次代を担う優れた研究者の育成にあたる、学部を持たない博士後期課程と5年一貫性博士課程を併設した大学院大学です。研究科は文化科学・物理科学・高エネルギー加速器科学・複合科学・生命科学・先導科学に分かれ、大学共同利用機関等であるそれぞれの研究機関が博士課程の指導に当たります。

国立大学法人 総合研究大学院大学
〒240-0193 神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)
TEL:046(858)1500(代表)
FAX:046(858)1541

総合研究大学院大学の専攻と基盤となる研究機関

研究機関図

拡大図を見る