ないじぇる共創芸術ラボ展『時の束を披く』-古典籍からうまれるアートと翻訳-
山村 浩二 (アニメーション作家)

山村 浩二 (アニメーション作家)

名古屋市生まれ。東京造形大学卒業。ヤマムラアニメーション有限会社代表取締役、東京藝術大学教授、 米国アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー)会員。代表作『頭山』は、アカデミー賞短編アニメーション部門正式ノミネート、『カフカ 田舎医者』とあわせ、 世界5大アニメーションフェスティバルすべてでグランプリを獲得。ほかにも国内外の映画祭で上映、受賞多数。他に『パクシ』『バベルの本』『古事記 日向編』『年をとった鰐』『 マイブリッジの糸』など。これまでの活動に対し、川喜多賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞。「おやおや、おやさい」「ぱれーど」など絵本作家としても活躍。2019年、紫綬褒章受章。

山村浩二さんのコーナーでは、はやくも数々の国際映画祭で高い評価を受けている短編アニメーション「ゆめみのえ」の原画 やスケッチを展示します!
30秒間のアニメーションに必要な原画の束は、どれ位の分厚さでしょうか?

ゆめみのえ の重要なモチーフは、古代における夢。
上田秋成 作『雨月物語』のなかにおさめられた「夢応の鯉魚」が、ストーリーの骨格になっています。
絵の上手な僧侶が夢の中で鯉になり…という不思議なお話。
国文研蔵の『雨月物語』も一緒に展示いたします!

「ゆめみのえ」の主人公・ケイサイさんは、上田秋成 と同時期に活躍した絵師 鍬形蕙斎 です。
蕙斎の画業をリスペクトしている山村さん
蕙斎の軽妙洒脱なタッチが魅力の『略画式』シリーズは、ゆめみのえで生き生きと動きます
『略画式』ももちろん展示いたします!

『略画式』シリーズは、なんと貴重な 版木も併せて展示。
人物略画式 と魚貝譜 の 板木 の超絶技巧ご覧いただきます。

そして「ゆめみのえ」でケイサイさんが鷹になって上空から見渡す江戸の風景…この素敵な場面のモチーフとなった 鍬形蕙斎 の絵巻「江都名所図会」ももちろん併せて展示

PAGE TOP