プロジェクト成果論文集

『バチカン図書館所蔵 マリオ・マレガ資料の総合的研究』

2011年、バチカン図書館で発見されたマリオ・マレガ資料群は、臼杵藩宗門方役所をはじめとするキリシタン・類族関係資料、およびマレガ本人の研究資料群などによって構成され歴史文化的な学術価値は極めて高い。本書は、資料を生かし、その可能性を広く人々に伝えるための情報資源化の取り組みのなかで自覚された諸課題についての研究成果を広く発信するためにまとめられた。

第1部はマレガ資料群の情報資源化とマレガ神父研究、第2部は豊後キリシタン・類族文書の研究に関する成果で構成した。両者は双方向的な関係にあり、それぞれの研究の進展によって、さらなる研究展開が期待される。本書はその第一歩となる。

編 者 大友一雄・太田尚宏
発 行 マレガ・プロジェクト(国文学研究資料館)
2022年2月18日
ISBN978-4-87592-207-0

バチカン図書館所蔵 マリオ・マレガ資料の総合的研究

序章 ―本書の狙いと論文紹介―
大友一雄

第1部 マレガ資料群の情報資源化とマレガ神父研究

第2部 豊後キリシタン・類族文書の研究

あとがき

マレガ・プロジェクト活動記録

執筆者一覧