国際共同研究 共同研究「江戸時代初期出版と学問の綜合的研究」
代表者:ピーター コーニツキー(ケンブリッジ大学)
研究期間:2015年度~2017年度
欧州,北米,韓国,台湾などを拠点とする研究者や司書・学芸員と協働のもと,各国に所在する日本古典籍のデータを収集し,従来国内中心に行われて きた日本古典籍に関するデータの補完を図るとともに,書物の印刷が一般化してゆく時期として日本の書物の歴史の転換点にあたる江戸時代初期に焦点 を絞り,多様化する出版の実態の把握とそれを通して広がる知識の様相について検討を行うことを目的とした。研究期間内には各所蔵機関の所蔵古典籍 の調査とその報告,調査の知見に基づく研究報告やゲストスピーカーによる関連領域の研究報告等が行われた。

研究メンバー
■代表者:
ピーター・コーニツキー [Peter Kornicki]
 ケンブリッジ大学・アジア中東研究学部・名誉教授
■研究分担者・研究協力者:
マティアス・ハイエク [Matthias Hayek]
 パリ第七大学・准教授
マイケル・エメリック [Michael Emmerich]
 カリフォルニア大学ロサンゼルス校・
 アジア言語文化学部・准教授
金時徳 [KIM, Shiduck]
 ソウル大学校・奎章閣韓国学研究院・HK教授
陳明姿 [CHEN, Mingzi]
 国立台湾大学・日本語文学系・教授
ジョシュア・モストウ [Joshua Mostow]
 ブリティッシュコロンビア大学・文学部・教授
ジョセフ・キブルツ [Josef Kyburz]
 フランス国立科学研究センター・教授
ミヒャエル・キンスキー [Michael Kinski]
 フランクフルト大学・教授
レベッカ・クレメンツ [Rebekah Clements]
 ダラム大学・准教授
佐々木孝浩 [SASAKI, Takahiro]
 慶應義塾大学附属研究所斯道文庫・教授
ヴェロニク・ベランジェ [Véronique Béranger]
 フランス国立図書館写本部門日本書籍係
バスティアン・フォークトマン [Bastian Voigtmann]
 フランクフルト大学・
 Wissenschaftliche Mitarbeiter
高木浩明 [TAKAGI, Hiroaki]
 清風高等学校・講師
海野圭介 [UNNO, Keisuke]
 国文学研究資料館・研究部・准教授
野網摩利子 [NOAMI, Mariko]
 国文学研究資料館・研究部・准教授
クリストファー・リーブズ [Kristopher Reeves]
 国文学研究資料館・研究部・助教
入口敦志 [IRIGUCHI, Atsushi]
 国文学研究資料館・研究部・教授

研究会・学術学会 研究会
■第1回研究会
 2016年1月18日,国文学研究資料館
 入口敦志(国文研)
   印刷史上にみる「活字印刷」の意義
 ピーター コーニツキー(ケンブリッジ大学)
  江戸初期の古典籍とこれからの課題
■第2回研究会
 2016年9月5日,国文学研究資料館
 高木浩明(清風高等学校)
  古活字版の諸問題―悉皆調査からわかったこと
  →国文学研究資料館蔵古活字版悉皆調査目録稿
    ――附、国立国語研究所・研医会図書館蔵本
 佐々木孝浩(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫)
  平仮名古活字版の造本
   ――キリシタン版国字本との比較をめぐって
■第3回研究会
 2017年2月18日,パリ・ディドロ大学(パリ)
 ダヴァン ディディエ(国文研)
  道を指す書物
   ――近世出版に映った禅宗の新しい動き
 クリストフ マルケ(INALCO)
  フランス国立図書館蔵『北斎艸稿集』と
  ボストン美術館蔵の新出の版下絵集について
   ――北斎の挿絵制作を考える
■第4回研究会
 2018年2月24日,ダラム大学(ダラム,英国)
 ミヒャエル キンスキー(フランクフルト大学)
  思想家としての海保青陵
   ――解釈学から人文情報学へ
 海野圭介(国文研)
  商業出版以前の刊本を考える
   ――高野版の中世から近世
学術学会での報告
第1回日本語の歴史的典籍国際研究集会
 2015年7月31日(土),国文学研究資料館
 ピーター コーニツキー(ケンブリッジ大学)
 国際共同研究の意義
  ――古活字版の終焉に向けて(講演)
第3回日本語の歴史的典籍国際研究集会
 2017年7月29日(土),国文学研究資料館
 文芸を折る
  ―日本古典籍における折本という存在(パネル)
 佐々木孝浩(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫)
  折本という装訂の特色について
 マティアス ハイエク(パリ・ディドロ大学)
  知と技法の媒体としての折本
   ――「八卦」を中心に
 アレッサンドロ ビアンキ(フリーア|サックラー)
  近世日本における折本・折帖の諸相
   ――版本を中心に
The 15th European Association of Japanese Studies (EAJS) International Conference
 August 30, 2017
 Universidade NOVA de Lisboa (Lisbon)
 The near Future of Pre-Modern Japanese Text
 Research [EAJS Pre-Event]
2018 Association of Asian Studies (AAS) Annual Conference
 March 22, 2018
 Marriott Wardman Park (Washington, D.C.)
 Pre-Modern Japanese Books:
 Issues of Maintenance, Utilization, and Public
 Circulation
  [NIJL Information Meeting in conjunction
  with AAS]
研究成果
■ピーター コーニツキー
 江戸時代初期出版年表 海外版
『書物学』第13号 勉誠出版 2018年8月
特集 学問の家の書物と伝授
小特集 江戸初期の学問と出版
海野圭介
 高野版への眼差し―伝領・書き入れ・古活字版
ディディエ・ダヴァン
 近世初期の禅籍を散策する
『書物学』第12号 勉誠出版 2018年3月
特集 江戸初期の学問と出版
ピーター・コーニツキー
 林羅山と江戸初期の出版文化
佐々木孝浩
 「烏丸本徒然草」序説
高木浩明
 不思議な装訂の古活字版
入口敦志
 東アジア印刷史上にみる「活字印刷」の意義
マティアス・ハイエク
 江戸時代の「占」を垣間見る―占術書の250年
Peter Kornicki「江戸時代の写本文化考―『慶安太平記』を中心にして」
…more

■コーニツキ―版欧州所在日本古書総合目録
Topページ