第7回日本語の歴史的典籍国際研究集会を開催
The 7th International Conference on Pre-modern Japanese Texts

第7回日本語の歴史的典籍国際研究集会
online Live配信 事前申込み


日 時令和3(2021)年11月11日(木)18:00~21:30
開催方法オンラインシンポジウム(Zoom)+YouTubeライブ配信
主 催大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国文学研究資料館
チラシのダウンロードはこちら(1519KB)

事前参加登録はこちら

YouTubeライブ配信ページ(準備中)

【事前参加登録受付締切 11月9日(火)17:00】
事前参加登録をしていただいた方に、発表者への質疑応答用フォームを
ご案内いたします。
※事前参加登録がなくてもYouTubeライブ配信はご覧いただけます。

 

【プログラム一覧】( )内はヨーロッパ中央時間(UTC+1)

17:30(9:30)配信開始
18:00(10:00)開会の挨拶
18:05(10:05)はじめに
18:10〜19:25
 (10:10)〜(11:25)
第1セクション デジタル社会における教育の取組等
ⅰ 古典教材の未来を切り拓く!(仮)
ⅱ 「データ駆動型人文学」の担い手を探る
ⅲ くずし字を読むエッジAIの開発
ⅳ 質疑応答
19:40〜21:05
 (11:40)〜(13:05)
第2セクション 具体的実践等の取組
ⅰ ドイツにおけるデジタル・ヒューマニティーズと日本学における応用
ⅱ 古典と地域を結ぶICT活用教育の可能性
ⅲ 江戸時代の占い本『晴明歌占』を用いたアクティブラーニングと和歌占いの普及
ⅳ 質疑応答
21:05〜21:25
 (13:05)〜(13:25)
第3セクション データ駆動による可能性
データ集積とドメイン知識:万葉集を例に
21:25(13:25)閉会の挨拶
21:30(13:30)閉会

※各発表のタイトルは予告なく変更される場合があります。

プログラム詳細

総合司会:山本 和明(古典籍共同研究事業センター長)
YAMAMOTO Kazuaki(National Institute of Japanese Literature)


17:30(9:30) 配信開始

18:00(10:00) 開会の挨拶 渡部 泰明(国文学研究資料館長)
WATANABE Yasuaki(National Institute of Japanese Literature)
18:05(10:05)はじめに ⼭本 和明(古典籍共同研究事業センター長)
YAMAMOTO Kazuaki(National Institute of Japanese Literature)

18:10(10:10)〜19:25(11:25)
第1セクション 「デジタル社会における教育の取組等」

古典教材の未来を切り拓く!(仮)
⼭⽥ 和⼈(同志社⼤学⽂学部教授)
YAMADA Kazuhito(Doshisha University)

「データ駆動型人文学」の担い手を探る
永崎 研宣(⼈⽂情報学研究所主席研究員)
NAGASAKI Kiyonori(International Institute for Digital Humanities)

くずし字を読むエッジAIの開発
早坂 太⼀(豊⽥⾼専情報⼯学科教授)
HAYASAKA Taichi(National Institute of Technology, Toyota College)

質疑応答

9:25(11:25)〜19:40(11:40) 休憩

19:40(11:40)〜21:05(13:05)
第2セクション具体的実践等の取組

ドイツにおけるデジタル・ヒューマニティーズと日本学における応用
ミヒャエル・キンスキー(ゲーテ⼤学フランクフルト・アム・マイン⽇本学部教授)
Michael Kinski(Johann Wolfgang Goethe-Universität Frankfurt am Main)

古典と地域を結ぶICT活用教育の可能性
-楽しみながら学ぶ「木曽路双六」・「ことわざ絵合わせ」-

速⽔ ⾹織(信州⼤学人⽂学部准教授)
HAYAMI Kaori(Shinshu University)
宮本 祐規⼦(⽩百合⼥⼦⼤学准教授)
MIYAMOTO Yukiko(Shirayuri University)
中村 綾(愛知学院⼤学教養部講師)
NAKAMURA Aya(Aichi Gakuin University)

江戸時代の占い本『晴明歌占』を用いたアクティブラーニングと和歌占いの普及
平野 多恵(成蹊⼤学⽂学部教授)
HIRANO Tae(Seikei University)

質疑応答

21:05(13:05)〜21:25(13:25)
第3セクション データ駆動による可能性

データ集積とドメイン知識:万葉集を例に
海野 圭介(国文学研究資料館⼤型研究計画設置準備室⻑)
UNNO Keisuke(National Institute of Japanese Literature)

21:25(13:25) 閉会の挨拶 ⼊⼝ 敦志(国文学研究資料館副館長)
IRIGUCHI Atsushi(National Institute of Japanese Literature)
21:30(13:30) 閉会

プログラム詳細へ