第5回日本語の歴史的典籍国際研究集会を開催
The 5th International Conference on Pre-modern Japanese Texts

第5回日本語の歴史的典籍国際研究集会
入場無料  Live配信  聴講自由

日 時令和元(2019)年11月15日(金)
場 所国文学研究資料館2F大会議室(東京都立川市緑町10-3)アクセス
主 催大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国文学研究資料館
チラシのダウンロードはこちら(1541KB)
プログラム

総合司会:山下 則子(国文学研究資料館副館長)
YAMASHITA Noriko(National Institute of Japanese Literature)


11:00 開会の挨拶 ロバート キャンベル(国文学研究資料館長)
Robert CAMPBELL(National Institute of Japanese Literature)

11:05 機構挨拶 佐藤信(人間文化研究機構理事)
SATO Makoto(National Institutes for the Humanities)

11:10 趣旨説明 齋藤真麻理(国文学研究資料館教授)
SAITŌ Maori(National Institute of Japanese Literature)

11:15~11:55 研究報告「総合書物学について」
“Comprehensive Bibliographical Studies”
谷川惠一(国文学研究資料館教授)
TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)

11:55~13:10 ランチセミナー

13:10~14:00 基調講演「源氏流いけばな-源氏物語といけばなのコラボレーション-」
“Genji-school ikebana: A Collaboration between Flower-arrangement and the Tale of Genji”
岩坪健(同志社大学教授)
IWATSUBO Takeshi(Doshisha University)

14:00~14:15 休憩(15分間)

14:15~15:55 パネル発表 国際共同研究「中近世日本における知の交通の総合的研究」
“Interaction of Knowledge from the Medieval to the Early Modern Period”
概要説明:ダヴァンディディエ(国文学研究資料館准教授)
DAVIN Didier(National Institute of Japanese Literature)

●登壇者1:芳澤勝弘(花園大学国際禅学研究所顧問)
 YOSHIZAWA Katsuhiro (International Reserch Institute for Zen Buddhism Hanazono University)
 「〈直指人心〉から〈曲指人心〉へ」
 “From "Pointing Straight to the Human Mind" to "Pointing Round to the Human Mind"”

●登壇者2:猪瀬千尋(名古屋大学大学院人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究(CHT)センター研究員)
INOSE Chihiro (Nagoya University)
「中世の仏教と音楽―書物という“知”を軸に」
“Medieval Buddhism and Music: With a Focus on Texts as a Form of "Knowledge"”

●登壇者3:ダヴァンディディエ (国文学研究資料館准教授)
DAVIN Didier (National Institute of Japanese Literature)
「近世初期の日本人が見た“公案”と“看話禅”-仮名法語を中心に」
“Kōan and kanna-zen Practice as Seen in Japanese Society at the Beginning of the Early Modern Period: Examining Vernacular-language Sermons (kana-hōgo)”

コメンテーター:堀川貴司 (慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授)
HORIKAWA Takashi (KEIO Institute of Oriental Classics)

15:55~16:10 休憩(15分)

16:10~17:10 ラウンドテーブル-コンソーシアム構築に向けて-
          テーマ:国際化する研究環境-人文学の場合-(仮)

“Internationalization of the Research Environment :in the Case of Humanities (a working title)”
司会:ロバートキャンベル (国文学研究資料館長)
Robert CAMPBELL (National Institute of Japanese Literature)

17:10 閉会の挨拶 谷川惠一(国文学研究資料館副館長)
TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)

↑ ページの先頭へ