作詩志彀さくししこう

山本北山の詩学詩論書。雨森牛南校。不分巻二冊。蘐園の擬古主義を批判して性霊説を主張、その後の詩壇歌壇に大きな影響を与えた。

著者 山本北山やまもとほくざん 著、雨森牛南あめのもりぎゅうなん牙卿がけい) 校
年代 天明3年(1783)
分類 漢詩・漢学

正徳・享保期(1711~36)には、江戸に荻生徂徠が出て独自の儒学説(徂徠学)を展開、その門流(古文辞派)の中には、服部南郭など詩文を専修する詩人が輩出して、漢学の儒学からの分離が進みました。やがて江戸に山本北山が登場し、古文辞派による擬古主義を痛烈に批判、自己の真情と目前の景を率直に詠うべきだと主張して、詩壇は唐詩風から宋詩風へと転換します。

各年代における漢詩・漢学の変遷
ウインドウを閉じる