第3回日本語の歴史的典籍国際研究集会を開催
The 3rd International Conference on Pre-modern Japanese Texts

国際研究集会の模様は、インターネットを通じてライブでご覧いただけます。
 ※動画公開している第1回(H27.7.31)のパネル発表の模様を、イメージとして置いてあります。

第3回日本語の歴史的典籍国際研究集会
全体ダウンロード(1599KB)


日 時:平成29(2017)年
         7月28日(金)~7月29日(土)(2日間)
場 所:国文学研究資料館 大会議室
         (東京都立川市緑町10-3) ⇒交通のご案内
主 催:大学共同利用機関法人人間文化研究機構
         国文学研究資料館

入場無料 聴講自由 Live発信



★プログラム★
-----H29.7.28-----

-----H29.7.29----- ※H29.7.29(土)12:00~13:00は昼食休憩です。建物内で弁当等の販売はございませんので各自でご用意願います。
※歴史的典籍NW事業(NIJL-NW project)で実施している共同研究について、平成29年7月28日~7月29日の会期中(2日間)に、会場前の2階ロビーにてポスターで紹介しておりますので、是非ご覧下さい。

7月28日(金)

総合司会:野網摩利子(国文学研究資料館研究部准教授)
NOAMI Mariko(National Institute of Japanese Literature)

12:30 受付開始

13:00 開会の挨拶 ロバート キャンベル(国文学研究資料館長)
Robert CAMPBELL(National Institute of Japanese Literature)

13:05 機構挨拶 立本成文(人間文化研究機構長)
TACHIMOTO Narifumi(National Institutes for the Humanities)

13:10 趣旨説明 齋藤真麻理(国文学研究資料館研究部研究主幹)
SAITŌ Maori(National Institute of Japanese Literature)

13:20~15:25 パネル1
「文字認識のフロンティア」
"Frontiers of Character Recognition Research"
■概要説明 山本和明(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター特任教授)
YAMAMOTO Kazuaki(National Institute of Japanese Literature)
 文字認識のフロンティアと題したこのパネル題は、あまりにも大胆な命名であったかもしれない。その意図する処を簡単に述べておきたい。
 日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画(NIJL-NWプロジェクト)ではいくつかのミッションが存在する。その1つがテキスト化実証試験というもので、古典籍の画像公開を踏まえ、それをテキストデータ化することに試験的に取り組むことになっている。
 古典籍や古文書の翻刻は、今でも単行本の形で公刊されることが多い。書物として目にするこうした成果は、それ自体貴重なものである。しかし、それをテキストデータとして蓄積していくことで、広がる世界を考えてみたことがあるだろうか。
 多くのテキストデータが一定のルールの下で蓄積され、検索することが出来たならば、ジャンルや時代を超えての発見が可能となる。テキストの蓄積数が増えれば増えるほどにその可能性は高まっていき、思いもかけない書物のなかに、求める言葉を発見することもあるだろう。そのためにはテキスト化が必要であるが、そこに傾けるマンパワーの確保は甚だ心許ないというのが実情だ。もしこのプロジェクトでの画像全てにテキストが出来たら…は、夢の世界でしかないのだろうか?
 人文系の研究者は、テキスト化を人力でやろうと考えるのが常であるが、恐らく理系の研究者ならば、次のように考えるだろう。機械(コンピュータ)で 出来ないのかと。文字認識の研究は面白い!また、くずし字認識においても、様々なチャレンジが進行している。そうした文字認識の研究の分野を人文系の研究者があまりに知らないでいるのは何とも勿体ない話ではないか。いま文字認識の研究はどこまで進んでいるのか、何が可能で何が課題なのか。そのことを知り、互いに協力できることを探ることが必要なのだと考える。
 そうした異分野の研究者の、お互いの交流の場にこのパネルをしたいというのが意図する処であり、研究の最先端を走っておられる三人の先生方にご登壇いただいた次第である。

        The Project to Build an International Collaborative Research Network for Pre-modern Japanese Texts (abbreviated as the NIJL-NW project) embraces a number of missions. One of these missions, being a corollary of NIJL’s ongoing effort to make digitalized images of pre-modern books more available to the general public, is an attempt at transforming these same images into searchable text data. Facsimile reproductions of pre-modern books and other documents are, still nowadays, published most commonly in the form of bound monographs. While this medium certainly has its merits, a database of collected searchable text data would greatly facilitate international availability and research. Using such a database, where text data is collected and formatted in a uniform manner, would make it possible to conduct searches that transcend the limits of specific genres or time periods. The larger this database becomes, the greater its potential, and the more likely it will become for one to make otherwise unexpected discoveries. All of this requires, of course, that digitalized images be transformed into searchable text data, a project which, alas, requires a huge amount of manpower.
        Scholars of the humanities are prone to assume that the best way to transforming digitalized images into text data is by, first, deciphering these documents line by line, and then by typing each deciphered line into their computer. Scholars of the sciences, however, approach the problem differently: Is it not possible, they ask, for a computer to do the dirty work for us? Research into character recognition software is an interesting and challenging world. This is equally true when it comes to software geared at decoding systems of pre-modern cursive handwriting. It is a shame that so few scholars of the humanities take much interest in this field. Scholars of both the humanities and the sciences must come together and investigate just how far such research has come, as well as what potential benefits it might offer. This panel hopes to provide a platform on which researchers from different disciplines may come together and discuss such issues with three of the top researchers in the field.

■報告1 「文字工学から文字科学へ」
"From Text Engineering to Text Science"
内田誠一(九州大学大学院システム情報科学研究院教授)
UCHIDA Seiichi(Kyushu University)
 文字を対象とした工学的研究の代表例として、計算機による文字認識が挙げられる。OCRとも呼ばれるこの技術は、現在型の計算機登場以前のTauschek特許(1929年)以来、90年近くも継続的に膨大な数の研究がなされてきた。スキャンされた紙面上の活字や手書き文字、そしてカメラで撮影された一般的情景内の文字、といった具合に、その適用範囲は拡大を続けており、昨今ではさらに変形の激しい古文書も対象とできるようになってきた。一方、こうした華々しい文字認識技術の進展の逆作用もあってか、もしくは文字認識技術が十分高度化しない限り不可能な研究なためか、文字を対象とした他の工学的研究についてはあまり多くは展開されていない。これは残念な状況である。実際、文字は単なる認識対象ではない。例えば、人工物ゆえデザインの対象であり、様々なフォントの用例が示すように、特定のデザインによりある種の印象を与える機能を持つ。さらには町中の「注意書き」のような意味の伝搬機能や、商品ラベルのようにその周囲の詳細化機能もある。深層学習をはじめとする認識技術の高度化や、その学習に利用可能な大規模データセットも公開されている状況により、認識技術の実用性が益々高まる中、その技術を活かして、紙面・環境を問わず様々な文字を収集し、それらを多面的に解析すれば、これら文字の多様な機能を工学的に解明できるだろう。そしてそれらをさらに推進することで、「そもそも文字とは何か」「なぜその文字はこのように体系化されたか」といった、より根源的な科学的課題にも着手できると期待できる。こうした状況を受け、本報告では「文字認識」以外の研究すなわち「文字工学」と「文字科学」と演者が呼んでいる諸研究について、その意義を確認するとともに、萌芽的な実施例を紹介したい。

        Character recognition, or OCR (optical character recognition), is one of the most popular research topics about text data in computer science and engineering. Huge varieties of research have been done about character recognition, the efforts of which have realized machine-printed character recognition, handwritten character recognition, scene text recognition, and historical document recognition. As a side-effect of this, researchers have paid far less attention to research outside the field of character recognition. As a result, it seems that most researchers forget to analyze various “unique” functions of character and text, such as the function to convey special impressions or atmosphere by shape or appearance (i.e., font design), the function to transmit messages and semantics to readers (e.g., message boards and posters), and the function to disambiguate an object or environment around them (e.g., label on a good and road sign). Recent recognition technologies, such as deep neural networks, as well as highly-elaborated text detection and recognition methods, along with large and publicly-available datasets to train character recognizers sufficiently enable us to collect various texts and characters automatically with very high accuracy. This suggests that now is the time to start new research to reveal the mechanism of those functions by analyzing the collected texts and characters. This talk confirms the importance of this new research and introduces several recent related trials.

■報告2 「フォント生成による古典籍検索の試み」
"Retrieval of Japanese Historical Documents by Font Generation"
大町真一郎(東北大学工学研究科教授)
ŌMACHI Shin’ichirō(Tohoku University)
 生成された文字画像を用いて古典籍データベースを検索する試みについて述べる。文字認識研究は大規模データと畳み込みニューラルネットワークによる機械学習により飛躍的に発展した。しかし、その恩恵を受けるためには正確にラベル付けされたデータを大量に収集する必要があり、これは一般的には非常に困難である。特に特殊な字体や多様な手書き文字で書かれた古典籍画像データ中の文字を高精度に認識することは難しい。一方、我々は文字フォントの自動生成方法を開発している。この手法では、文字カテゴリを与えることで、ある特徴を持つ文字画像パターンを半自動的に生成することが可能である。この手法を古典籍の検索に応用することを検討している。すなわち、古典籍の画像が与えられたとき、使われている文字と同様の特徴を持つ文字画像を生成し、生成された画像を用いた画像照合により古典籍画像データベースから特定の文字列の箇所を検出する。本報告では、文字フォントの自動生成法の概要およびその性能を紹介した後、古典籍画像データベース検索への応用について述べる。

        This presentation seeks to introduce a method for retrieving Japanese historical documents with generated character images. The accuracy of character recognition has greatly improved by big data and machine learning with the convolutional neural network. However, it requires collecting a huge amount of labeled or tagged data, which is difficult in general. It is still a difficult problem to recognize special types of characters or handwritten characters included in historical documents. We are developing a method for automatic font generation. In this method, specially-designed character images can be semi-automatically generated by giving the character categories. This method is applied to retrieval of historical documents. Given images of historical documents, character images included in the images are generated. The generated images are used for detecting a specified text in the document images using image matching. We will introduce the proposed font generation method and its application to retrieval of historical documents.

■報告3 「字形検索サービスにおける文字認識技術の活用」
"Pattern Recognition Technologies in Character Image Search Services"
耒代誠仁(桜美林大学総合科学系准教授)
KITADAI Akihito(J.F.Oberlin University)
 発表者は、奈良文化財研究所、東京大学史料編纂所の研究者らと共同で、古文書デジタルアーカイブを対象とした字形検索サービスの研究、開発に取り組んでいる。このサービスの検索キーはユーザが用意した字形画像である。サービスのユーザインタフェースはWebアプリケーションとなっており、PC、スマートフォンなどWebブラウザを搭載した様々なコンピュータで利用できる。字形検索に必要なほとんどの処理はサーバサイドで実施しており、クライアントとなるコンピュータへの負荷は小さい。検索対象は古文書を出典とする字形画像である。個々の検索結果は古文書デジタルアーカイブにリンクしており、ユーザはリンク先で字形画像のメタデータを含む詳細な情報を得ることができる。字形検索を実現するために、発表者らは手書き文字認識の技術を応用している。発表においては、字形と背景を分離する画像処理技術、ノイズに頑健な形状評価技術などを取り上げる。字形検索サービスは、検索キーとなる字形の字種を認識するサービスではない。しかし、その基本的な部分では文字認識技術は有効である。さらに、文字認識技術を字形検索サービスとして実装する際に必要となる周辺技術についても言及する。その一方で、発表者らが検索対象としているデジタルアーカイブに対しては、文字認識において有効とされる学習アルゴリズムの適用が難しいことについても述べる。また、このサービスが文字認識を行わない理由について、テキストによるデジタルアーカイブ検索サービスとの関係にも言及しながら述べる。現在、デジタルアーカイブの多くが持つテキストによる検索サービスは、デジタルアーカイブ上で文字情報を扱う方法として、また現代人が古文書を理解する上で有益である。発表者らは、そのことを踏まえた上で、字種以外の情報で古文書デジタルアーカイブのコンテンツを検索・活用する方法も重要であると考えている。

        I and some researchers at the Nara National Research Institute for Cultural Properties and the Historiographical Institute (Tokyo University) are working collaboratively to develop and improve a character image search service for digital archives of historical documents. Any binary character image provided by any user can be a search key of the service. Since the service is designed and implemented as a web-based application, any computer with a web browser can work as clients of the service. To reduce the amounts of calculation on client-side computers, we employ server-side programming styles in many parts of the service. The styles assign the heavy calculation tasks to server computers’ CPUs, and are suitable for the clients powered by small and weak CPUs. Results of the service are lists of character images that are registered in the digital archives of the historical documents and have similar shape features to the keys. The character images in the results provide links to the digital archives, and the user can see the detail information and meta-data that are related to the character images. To implement the services, we apply some technologies of handwritten character pattern recognition.
        In my presentation, I will introduce image processing methods to divide pixels of character images into character shape parts and other background parts, and a character shape evaluation method that is robust for noises on the edge of the parts of the pixels. Even though the service does not recognize codes of character images, the technologies for handwritten character pattern recognition are suitable for the service. Additionally, I will introduce some peripheral technologies that are necessary to implement the service. On the other hand, I will show some problems to employ learning algorithms as technologies of the service. Also, to show the reason why the system does not recognize the codes of the keys, I will present a complementary relationship between the service and another search service that uses character codes as keys. Character codes and text search services provided by many digital archives of historical documents are useful and reasonable solutions to handle the contents of the digital archives. Furthermore, they are important services for people of today to understand scripts of the historical documents. I expect that some additional search services that are overloads of the text search service and do not use information of character codes will also play important roles to utilize the digital archives of the historical documents.

プログラム一覧へ

15:25~15:40 休憩(15分間)

15:40~16:00
「「新日本古典籍総合データベース」の新たな試み」
"A New Experiment with the Database of Pre-modern Japanese Works"
松田訓典(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター特任助教)
MATSUDA Kuninori(National Institute of Japanese Literature)
 国文学研究資料では数多くの協力機関とともに平成26年度から10カ年にわたる「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」を進めているが、その最初のメルクマールの一つがこの「新日本古典籍総合データベース」(http://kotenseki.nijl.ac.jp/)である。本データベースは本計画がその研究基盤として構築することを掲げている「「日本語の歴史的典籍」約30万点を画像データ化し、既存の書誌情報データベースと統合させた「日本語の歴史的典籍データベース」」の原型となるものである。平成29年度の初公開時点では、およそ5万8千点の画像を収録し、書誌情報や、一部ではあるが画像に付されたタグならびに全文テキストデータなどから、期待される古典籍画像を検索・閲覧する機能を提供している。また実験的なシステムとして、くずし字検索機能の提供なども行っている。
 本データベースは一見すれば、当館が長年拡充を図ってきた「日本古典籍総合目録データベース」を補完するもの、あるいはその変種と見えるかもしれない。しかしながら、その背後にあるものは大きく異なっている。従来のデータベースが目指すものは原則として「目録」であるのに対して、本データベースは、例えば、個々のユーザー視点で見れば、学術目的か否かにかかわらず、古典籍という知の宝庫からの新たな発見をもたらす場となること、一方で、現在も止まることなく発展していくインターネットの世界においては、必要とされる情報を、柔軟に、しかるべき形で、流通させていくことを期待している。そのような古典籍に関わる総合的な機能を担っていくデータベースの原型なのである。
 本発表では、こうした目的を実現するために新たな試みとして導入したいくつかの仕組みと、これから克服していくべき課題、将来の展望についての紹介を行いたい。

        The Database of Pre-modern Japanese Works (http://kotenseki.nijl.ac.jp) serves as the first milestone of the Project to Build an International Collaborative Research Network for Pre-modern Japanese Texts (NIJL-NW project), which we promote in coordination with many institutions for a ten-year period from 2014. It is a prototype of the database we seek to construct, one which will, according to our project guidelines, serve to organize a firm research foundation for the project. It was decided to convert approximately 300,000 pre-modern Japanese books into image data to be amalgamated within the bibliographic database to produce the Database of Pre-modern Japanese Books. The database currently contains images of about 58,000 works, and provides the functions to freely find images of pre-modern Japanese works by their bibliography, and by tags added to the images, full texts and so on in some works. It provides some functions such like the Kuzushi-ji (cursive style writing) search as an experimental system.
        Although this database may be seen as a complement to the Union Catalog of Early Japanese Books Database that our institute has maintained for many years, the backgrounds of these two databases are quite different. The aim of the latter is to be a catalog in principle, whereas the former aims to be the place where users are able to make new discoveries from the treasury of knowledge of pre-modern Japanese texts, and, at the same time, to diffuse various information in the recent Internet world in appropriate ways. In this presentation, we would like to introduce some new experiment that we apply, some problems to be solved, and our prospect for the future.

新日本古典籍総合データベース(http://kotenseki.nijl.ac.jp/)

プログラム一覧へ

16:00~17:00 パネル2
「文献観光資源学は何をめざすか」
"What are the Objectives of the Comprehensive On-line Gazetteer of Japan?"
■概要説明 谷川惠一(国文学研究資料館研究部教授)
TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)
 歴史的典籍NW事業では今年度から新たに文献観光資源学の構築を目指す共同研究を開始します。文献観光資源学は、さまざまな分野の歴史的典籍の中に存在する地域情報をテーマに即して統合し、現代の視点から再資源化することによって歴史と風土に根ざした地域の魅力を再発見するとともに、情報を重層的に関連づけて発信することによって新たなツーリズムの開拓を目指します。
 具体的なテーマとして本年度から「津軽デジタル風土記の構築」を弘前大学と開始します。本州最北端の地である津軽に生きた人びとが残してきた知の多様な姿を、「藩主・藩士の知」「祭礼と芸能」などのテーマに即して、歴史的典籍を用い最新の研究成果を盛り込んでウェブ上に再構成し、奥深い津軽の魅力をわかりやすく発信していきます。

        This fiscal year sees the commencement of a new collaborative research project entitled “Comprehensive On-line Gazetteer of Japan,” which is part of NIJL’s broader Project to Build an International Collaborative Research Network for Pre-modern Japanese Texts. This prospective gazetteer, by making publically available a database comprised of various levels of interlinked information, aims at developing a new form of tourism. Information regarding numerous geographical regions throughout Japan will be gleaned from a large array of pre-modern Japanese texts. This information, arranged thematically, will make it possible to reconstruct the past histories and customs of local regions, thereby breathing new life into our understanding of these regions. As a first step, will collaborate with Hirosaki University (located Aomori Prefecture) in order to begin constructing a gazetteer for the Tsugaru region (in that same prefecture). Those who once dwelt in Tsugaru, a region lying at the northernmost tip of Honshū, have left us with a valuable and multifaceted storehouse of knowledge. In order to make our project more manageable, we have decided to classify this body of knowledge into several broad categories, including, for example, knowledge passed down from lords and vassals of local estates, as well as information relating to ceremonies and the arts. The most modern research will be brought to bear on relevant pre-modern texts, which will then be made available on-line. It is hoped that this effort will help in promoting the fascinating history and knowledge associated with Tsugaru.

■報告1 「解析型デジタルアーカイブによる石碑の利活用」
"Analytical Digital Archives and the Utilization of Stone Monuments"
上椙英之(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター客員研究員)
UESUGI Hideyuki(National Institute of Japanese Literature)
 歴史資料としての石碑は、東日本大震災の折、過去の津波の到達場所に在り「これより下の土地に家を立てるな」との警告を記した石碑が人々を救ったことでその価値が見直されてきている。
 しかし、石碑のほとんどは屋外に在り、長期にわたる風化作用の為、文字情報は失われつつある。その為、通常撮影では金石文の判読が難しい場合が多く、単純に撮影するだけでは適切なアーカイブは望めない。また位置情報が重要な意味を持つ資料であり、移設による保管も難しい。このように、早急なデジタル化が望まれる歴史資料でありながら、アーカイブの為には解決すべき課題は多い。
 近年では3Dスキャナによる、3次元形状の復元が可能となり、文化財のデジタル化に大きな役割を果たしているが、フィールドに無数に存在する石碑のアーカイブに適用するには、現実的ではない。結果、比較的安価に手に入るデジタルカメラを使用することになる。しかし、通常撮影でアーカイブされた石碑の調査報告書では文字の判読が難しく、調査者が判読を誤り、且つそれらの石碑が都市化や道路工事などで既に失われていた場合には、もはや正しい情報を得ることは不可能となる。誤読の可能性を考慮し、且つ後世に可能な限りの情報を残す為には、文字を判読できる状態でアーカイブすることが望ましい。
 文字を撮影するためには撮影後、画像処理が必要となる。その画像処理にしても、石碑は、円柱・角柱・自然石・石板などの形状の差や、風化の度合い・材質など多くの要因によって、採るべき画像処置法は変わってくる。現在稼動しているデジタルアーカイブは博物学的な展示システムの延長であり、画像解析を手作業で個別に行った後に、アーカイブに登録する手順を採ると、さらに時間を要する事となる。
 本発表では、上記のような石碑のアーカイブが抱える問題と。それを解決する為のデジカメによる簡便なデータ取得と。石碑の多様な保存条件に対処するための解析型のアーカイブについて提案する。

        In recent years, the intrinsic value of stone monuments has been reconsidered. It is said that according to the warning engraved on a stone monument reading “Do not build a house lower than this altitude,” indicating where a tsunami reached once in the past, people of this area limited construction of their settlement to mountainous areas, and therefore escaped harm caused by the Great East Japan Earthquake.
        If we try to archive stone monuments, several problems remain to be resolved. Most stone monuments are built outdoors and are much deteriorated because of weathering processes in the high humidity of Japan’s climate. Their surfaces are often covered by moss. Characters are damaged and unclear. Therefore, deciphering weathered characters taken by ordinary photography is difficult.
        Recently, restoration of 3D geometry using 3D scanners has become possible, contributing greatly to the digitalization of cultural assets. It is not practical to carry plural devices with such high performance for acquisition of the data of a large number of stone monuments distributed in the field. As a result, digital cameras sold at lower prices have become popular. However, characters shown on stone monuments included in survey reports that have been archived by ordinary photography are difficult to read. Investigators might fail to read characters correctly. Correct information would no longer be available if stone monuments themselves were lost because of urbanization and roadwork.
        After characters are photographed, image processing must be done. Even image processing is not straightforward: it depends on the differences of shapes of the stone monuments, cylindrical or rectangular, natural stone or stone slab, the degree of weathering, and the material. Consequently, image processing depends on many factors. Currently, operating digital archives are an extension of natural history-like exhibition systems. If the data is registered to the archive after image analysis is done manually and independently, then further time becomes necessary.
        This presentation describes first, improvement of an outline of stone monuments left as memorials in Japan, and second, an outline of the digital archive we developed, and analytical results obtained using this system.

■報告2 「「デジタル文学地図」プロジェクト紹介」
"Introducing the Digital Literary Maps Project"
ユディット アロカイ(ハイデルベルク大学東アジア研究センター日本学科教授)
Judit ÁROKAY(Heidelberg University, Institute of Japanese Studies)
 数年前から起きている文化論の中の空間への感心(文学における空間の構築、文学地理学)の結果として前近代・近現代文学の物語の空間性についての様々な分析が行われています。それにもかかわらず、物語の空間性をデジタル地図で表記するツールが今までは発展していないません。使われているのはGISのような数量的な問いかけに応用できるプログラムです。文学テクスト(物語性のあるさまざまな資料)をデジタル地図に表記するプログラム(ツール)は二年前からハイデルベルク大学で開発されていますが、このプログラムを日本の文学専門家に紹介するのはこの発表の目的です。このツールによって文学専門家もテクストの空間的な構築のより深い理解が可能になり、日本文学を勉強する学生は文学的な地誌の知識の取得が期待できます。
 本プロジェクトは文化論や文学論に起きた「topographical turn」を起点に日本の文学的・文化的に有名な土地を取り上げてデジタル地図に載せることを目指しています。文学理論・文学分析はもともと時間軸を重んじてきて、物語の中の時間性を分析する方法をいろいろ作り上げたが、空間軸は長い間無視されていました。日本文学の中では空間についての言及は伝統的に多いです。歌枕・名所の役割、紀行文の中古から現代まで至る流行、地名による間テクスト的な網(ウェッブ)を考察すると、日本文学は文学地理学の視点から興味深い研究対象になります。日本文学の中の地誌的な言及は最初の歌集や物語から始まりますが、地名についての知識を無視してはその意味が理解不可能です。
 開発中であるデジタル地図は地図に地名を表記して、インフォメーション入力のインタフェースになっています。そこから地名についての情報を入力し、地図の背景には歴史的、文学的、宗教的なインフォメーションを保存するデータベースが設置されています。テクストを読みながら、重要な地理的なインフォメーションを持続的に記入することによって、データベースが増設されていきます。プログラムは日本語と英語表記になって、両方の書き込みを目指しています。日本原文以外は英語訳だけではなく、ドイツ語、フランス語、イタリア語訳を記入することを計画しています。

        The spatial turn in cultural studies has led to a series of studies on modern and pre-modern literature from the perspective of the spatial organization of narratives (keywords: literary production of space, literary cartography, geoparsing). However, the potential for digital cartographic representation of information gained from narratives has not yet been developed sufficiently, we still have to rely on computer programs that were devised mainly for tackling quantitative research questions. The aim of this presentation is to introduce to Japanese scholars of literature a new program that is presently being developed at Heidelberg University to map literary texts. With the help of this tool, it will be possible to map narratives while reading and combine the information with the underlying cultural, literary, historical information available to the places mentioned in texts. This tool will enable scholars to gain a deeper understanding of the spatial aspects of writing and it will help students of Japanese literature to understand the traditional topography of Japanese literature.
        In this project, the topographical turn in Cultural and Literary Studies is taken up and a tool/program is being constructed to enable the digital mapping of places and spaces of literary and cultural relevance in Japan. Literary studies have traditionally focused on the temporal aspects of narratives and have developed very detailed methods to analyze chronology, but the spatial dimension has been disregarded for a long time. In the context of Japanese literature spatial aspects have always played an important role: the tradition of poetic places (utamakura/meisho), the prevalence of travel writing from classical times well into the modern period, and the intertextual web of spatial reference, in general, makes Japanese literature an immensely interesting research object from the perspective of literary geography. The topological literary tradition of Japan that reaches back to the first poetic anthologies and classical narrative literature, is hardly intelligible without information about the topoi themselves.
        The map itself, is the surface level of representation and provides the interactive surface for input. This level is complemented by an additional dimension of information about the individual spots on the map. The underlying structure is made up of a database that stores historical, literary, religious information on the places or landscapes mentioned in texts, but also information on the texts themselves. While on the surface level the places mentioned are documented on the digital map, in the background, the database is built up continuously by entering information gained from the texts that are being incorporated into the system. Every place name and every single text is annotated in the system to form a web of spatial reference, thereby allowing the user to get an insight into the spatial structure of a story and, at the same time, into the meaning of the places mentioned. The program is bilingual, having English and Japanese language options for input, and it will represent the texts in the Japanese original with translations to German, English, French and Italian.

プログラム一覧へ

17:30~19:00 レセプション



7月29日(土)

総合司会:青田寿美(国文学研究資料館研究部准教授)
AOTA Sumi(National Institute of Japanese Literature)

9:30 受付開始

10:30~11:00 研究報告1
「古典の普及・教育と漫画」
"Transmitting and Teaching Japanese Classical Literature and Manga"
小山順子(国文学研究資料館研究部准教授)
KOYAMA Junko(National Institute of Japanese Literature)
 漫画を教材として利用することは、主に児童向けの学習漫画が各出版社から出版されており、効果のある教育方法、および学校教育の参考書としてすでに定着している。漫画を教育に役立てるという視点は、漫画文化の成熟と発展に基づくものである一方で、「活字離れ」の現象とも表裏をなすものである。漫画を学習もしくは関心のスタートとする人口は、潜在的に極めて多く、また読者の年代も広がっている傾向にある。今後、若年層や初学層を対象とした普及・教育を考える上で、注目すべき分野である。
 本発表では、古典文学を題材とする漫画を取り上げるが、学習漫画ではなく、娯楽作品として発表されている一般向け漫画を中心とする。「学習」を目的とする漫画よりも、娯楽作品の方が一般的な注目度や発信性が高く、影響力を持つと考えられるからである。現在では学習参考書・受験対策としても扱われている大和和紀『あさきゆめみし』(連載1979~1993年)も、当初は一般的な少女漫画として発表されたものであった。原典の内容に忠実に漫画化した作品が、その後、参考書としても用いられることはある。しかし学習漫画が「学習」を目的として制作され、読者も「学習」を目的として読むのとは違い、娯楽作品は、「学習」を目的としない層も手に取るものであることを重視したい。
 古典を原作とする漫画について、古典文学を専門とする研究者からの発言は、『源氏物語』を原典とする漫画作品に特に偏重している。しかし、『源氏物語』以外を原作とし、さらには高い評価を得ている作品も多く、「古典と漫画」という視点から広く考える必要がある。古典を現在、どのような古典作品が原作として用いられているか、また多くの読者を獲得しているか、などを概観し、古典文学の教育・普及の方法を考える上での一助としたい。

        The use of manga as a pedagogical tool is more-or-less limited to publications for children, and as an effective component in reference books for schools. The adoption of manga into the classroom is certainly a result of the genre having reached a stage of maturity, one which promises further development. That, however, is not all. On a more general level, manga’s recent rise to fame has been motivated by a widespread move away from words and towards images. Many people are, perhaps for the most part subconsciously, drawn to certain subjects through the attractive pull of manga. The age range of those who read manga is increasing. It is important, therefore, to seriously examine the potential pedagogical applications and more general spread of manga in the future.
        This panel focuses on manga produced not for educational purposes but rather that which was produced expressly for enjoyment by more a general audience. Within this latter category, I would like to focus especially on manga which deals with characters and themes taken from premodern Japanese literature. Considering manga produced for enjoyment—let us call it popular manga—draws in a much broader readership, and boasts a more thoroughgoing circulation than that produced for strictly educational purposes, it follows that popular manga exerts a larger influence over modern culture. Yamato Waki’s manga series Asaki yume mishi, published from 1979 to 1993, which was originally intended to be read by a large audience of young girls, is now used in school textbooks, as well as study guides for entrance examinations. It is because Yamato’s manga offers such a faithful rendition of the original Tale of Genji that this series has become a tool for educational use. Even so, I would like to stress one obvious fact: While manga produced expressly for educational purposes is more often than not only read by students interested in learning something, popular manga, even when adopted later as a pedagogical tool, continues to be enjoyed by a much wider audience, both inside and outside schools.
        Most research nowadays into manga dealing with premodern Japanese literature restricts itself primarily to the Tale of Genji. I am convinced, however, that there are a large number of high-quality manga series dealing with other classical works, each of which deserves our due attention. I will give a general survey of which premodern literary texts have been adapted into manga, and what their readerships are like, in hopes of furthering research into the educational use and circulation of manga in modern-day Japan.

プログラム一覧へ

11:00~11:30 研究報告2
「絵本としての草双紙」
“Illustrated Worlds in Kusazōshi
佐藤悟(実践女子大学文学部教授)
SATŌ Satoru(Jissen Women's University)
 文化期(1804~17)に入ると草双紙は合巻と呼ばれる時代を迎える。合巻の特色の一つとして、錦絵以上の手間をかけた摺付表紙や口絵の誕生など、装飾性に富んだ装丁をおこなったことが挙げられる。これによって、合巻の価格は上昇を続ける。また上紙摺と呼ばれる特製本の合巻が誕生している。上紙摺はその高価格ゆえに文化14年に禁令が出ている。また挿絵の登場人物の顔が役者の似顔絵で描かれるといった現象も起きてくる。この現象は読本にも見られるが、合巻の大きな特色となっている。
 同時期に同様な現象を示したのが読本である。読本の題簽は意匠を凝らしたものが多く制作される。口絵や挿絵も独特の発展を遂げるなど、絵本に近い作品となったものもある。
 この現象の理由として以下のことが考えられる。
1.文化・文政期(1804~29)は天明の飢饉や天保の飢饉の間の時代であり、所得が向上したこと。
2.合巻の出版部数が増加し、出版者にとって高収益が見込める分野であったこと。
3.新しい出版者や作者が参入し、合巻の差別化が激しくなったこと。
4.江戸の歌舞伎が繁栄し、役者に対する関心が高まったこと。
 このような状況にありながら、江戸では上方で許されていた多色摺が禁止されていた。規制をかいくぐるように、一部の例外を除き、色の濃淡(艶墨・地墨・薄墨)などの多色摺がおこなわれていた。これは文化元年の『絵本太閤記』絶板に伴う色摺の禁止令によるものである。これにより一部の私家版を除いて、多色摺の絵本は江戸では禁止されたのである。
 多色摺の絵本には一定の需要があったと考えられる。需要層がありながら商品の提供ができなくなってしまった結果、その代替需要が合巻や絵本に向かったとは考えられないだろうか。それが合巻や読本の新しい装丁を生み出したのではなかろうか。具体例を挙げながら検討を加えてみたい。

        From about 1804, popular illustrated storybooks came to be referred to collectively as gōkan. These were characteristically bound with extremely decorative frontispieces. The price of these books consequently rose as a result. A very gorgeous sort of gōkan, known as uwagamizuri, was also in fashion, though publication of these deluxe editions was prohibited in 1817 because of the extravagant prices attached to such editions. In addition, it often happened that the face of the protagonist would appear on the cover after the likeness of a contemporary kabuki actor. This phenomenon is also seen in yomihon, though it would become a salient feature of gōkan. As for the title page of yomihon, a number of design-related innovations were brought to the fore. A frontispiece and inserted illustrations show unique development, bringing this genre closer to what we would refer to as a picture book. The following things are considered as a reason of this phenomenon:
1. Economy was good during the Bunka-Bunsei period (1804-29) between Tenmie and the famine of the Tenpo era, and income having improved.
2. The number of copies of gōkan increasing, and having been a field in prospect of high profit for a publisher.
3. New publishers and authors entered gōkan publication, and the differentiation of gōkan having become intense.
4. Kabuki of Edo prospering, and the interest in actor having increased.
While such situation included it, picture books using many colors permitted in kamigata was prohibited in the Edo era. Except some exceptions, picture books using many colors such as the light and shade (tuyazumi, jizumi, and usuzumi) of the color was performed to escape regulation. This depends on a ban of picture books using many color with the Ehon taikōki. Except some private press editions, picture books using many colors was in this way prohibited in the Edo era. It is thought that there was constant demand to picture books using many colors. As a result of not having been able to offer the product while there is the demand layer, is it not thought that the substitute demand left for a combined edition and the picture book? Did it not bring about the new binding of a combined edition and yomihon? I want to add examination while giving a specific example.

プログラム一覧へ

11:30~12:00 研究報告3
「近世日本数学文献研究の新しい地平」
"New Horizons in Research on Mathematical Treatises in Pre-modern Japan"
小川束(四日市大学環境情報学部教授)
OGAWA Tsukane(Yokkaichi University)
 近世日本の理学文化、とくに数学文化は非常に豊かな内容を持っていました。実際、一定数の数学書が定期的に刊行され、国民の多くが基本的な計算能力を有し、専門家だけでなく趣味として数学を楽しむ者も多くいました。
 この近世日本の数学典籍の研究は明治初期より開始されましたが、そのほとんどは日本人による研究によるものでした。しかし、近世日本の数学文化を広く漢字文化圏の中に位置付けることによって、これまでにない新しい視点が得られる可能性があります。そこで、2014年10月から2017年9月までの3年間に渡って、日本、中国、韓国、台湾の研究者を招聘して、東アジアの数学典籍に関する研究を重ねました。中国の研究者の基本的な感覚では東アジアにおける近世以前の数学文化の中心は中国であり、これまで周辺地域における発展には重大な関心は寄せていませんでした。韓国ではその中国の数学文化の受容に儒学思想が深く関与したというのが基本的な認識です。一方、日本では中国から輸入された若干の数学書によって発展の契機があたえられたものの、その後は他国とは独立して日本独自の数学文化が築かれたと考えられています。国際交流を通じて、それぞれの国の研究者がそれぞれの国の数学文化を広い視野から眺めることによって新たな発見をし、また改めて新たな問題を設定することになるのです。
 これらの国々の研究者との協働をこれらかも密に続けるためには、人名、書名、主要な用語の英語による標準化は欠かせません。またテキストの英訳なども重要です。高水準の研究のためには日本語で文献を読む必要がありますが、その解読は必ずしも容易ではなく、国際的な研究の十分な進展のためには、英語による標準化やテキストの英訳が必要です。
 本講演では近世数学書に関して国際的研究の現状と将来の課題について簡単に紹介します。

        Scientific culture, in particular, mathematical culture in pre-modern Japan has rich contents. Mathematical books were constantly published throughout pre-modern times and not just mathematicians but people in general studied or enjoyed mathematics. Most people in those days had a basic mathematical understanding.
        The study of mathematical culture in pre-modern Japan began from the early Meiji, but most of the researchers were Japanese. A new perspective on it may be obtained if we place it in the cultural region of using Chinese characters in common. Inviting researchers from China, Korea and Taiwan several times in the past three years from October 2014 to September 2017, we pursued extensive join studies. In general, Chinese researchers think China was the center of the mathematical culture in East Asia before pre-modern times and have no interest in development or transformation of it in surrounding countries. In Korea, they think that Confucian concepts closely effected the acceptance of Chinese mathematical culture into Korea. On the other hand, in Japan we think that, while Japanese scholars were triggered by some mathematical books from China, they nevertheless developed mathematical culture independently from China. Through international exchange, each researcher in each country can view the mathematical culture of his own country under a wider vision, make new discoveries, and propose a questions or themes.
        For the close collaborative studies with these researchers, English translations of Japanese authors, book titles, main technical terms, and source text are indispensable. It is of course important to read Japanese texts themselves directly for advanced studies, but it is not easy work. English translations, therefore, are necessary in order to promote international studies sufficiently.
        I will introduce the present state of international studies on mathematical treatises in pre-modern times and issues related to the future of the research.

プログラム一覧へ

12:00~13:00  休憩(60分間・昼食)

13:00~14:30 パネル3
「「文芸を折る」―日本古典籍における折本という存在」
"Folding Literature: Folded Books in Pre-modern Japan"
■概要説明 海野圭介(国文学研究資料館研究部准教授)
UNNO Keisuke(National Institute of Japanese Literature)
 本パネルは、2015年度より3カ年の計画で進めている国際共同研究「江戸時代初期出版と学問の綜合的研究」(代表者 ピーター コーニツキー ケンブリッジ大学名誉教授)の成果の一部を報告するものである。
 国際共同研究「江戸時代初期出版と学問の綜合的研究」は、主として日本国外に所蔵される日本古典籍を調査し、その所蔵データをデータベース(コーニツキー版欧州所在日本古書総合目録〔http://base1.nijl.ac.jp/~oushu/〕として公開中、順次データを追加)として蓄積しつつ、印刷文化の黎明である江戸時代初期において出版がはたした役割を、主として学問的知識の普及の点から検討し、日本の書物文化を多面的に考えること目的としている。また、印刷された書物を対象とした研究であるだけに、書物そのものに対する理解の深化をも目的としている。
 中国大陸、朝鮮半島に由来する諸々の知識は、巻子(かんす)本、折本(おりほん)、冊子(さっし)本(粘葉装(でっちょうそう)、列帖装(れつじょうそう)、袋綴(ふくろとじ)などの装丁の別がある)といった多種多様な形態の書物に記されて日本へと伝えられ蓄積された。時代が下るにつれて中国大陸、朝鮮半島においては、書物の形態は次第に袋綴本(線装(せんそう)本)へと収斂していったが、日本においてはそれぞれの装丁が用途に応じて使い分けられ保存された。
 本パネルでは、日本の書物文化を考える上で興味深いテーマである「折本」と呼ばれる装丁の書物の利用の諸相を紹介し、その特質と文化史的意義について考えてみたい。

        This panel will present a portion of an on-going three-year international collaborative research project, begun in 2015, entitled “Comprehensive research into publication and learning in the early Edo period,” headed by Peter Kornicki (emeritus professor at Cambridge University). This project is dedicated primarily to the investigation of premodern Japanese books stored outside of Japan, the results of which are continually being added to and made publically available through the Union Catalogue of Early Japanese Books in Europe (http://base1.nijl.ac.jp/~oushu/). A database of this nature, facilitating as it does our understanding of the rise of print culture during the early Edo-period, especially its relation to the spread of learning, allows us to gain a more nuanced appreciation of book culture in Japanese history. Aside from these larger issues, namely, print and book culture, we naturally seek to gain a deeper understanding of the books themselves.
        Knowledge was transmitted to Japan from China and Korea in a great variety of formats, whether it be scrolls, folded books, or bound books. Later on, thread-bound books became the norm throughout China and Korea. In Japan, however, various formats continued to be faithfully preserved, each having its own particular usage. This panel seeks to introduce the various issues associated with the so-called folded book in Japanese book culture, along with the salient features and historical significance of this particular format.

■報告1 「折本という装訂の特色について」
"On the Characteristics of Japanese Folded Books"
佐々木孝浩(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授)
SASAKI Takahiro(Keio University Institute of Oriental Classics)
 日本古典籍で良く用いられた装訂は5種程度あるが、その1つが折本(おりほん)である。紙を横方向に長く貼り継いでいくのは巻子装(かんすそう)と同様であるが、巻子装は巻いて保存するものであるのに対し、折り畳んで保存するのが折本である。このような関係であるので、両者は保存される内容も共通性が高い。経典や暦に系図類、あるいは芸道の伝書類などはその典型である。その一方で巻子装で保存されて、折本では殆ど保存されないものがある。文学作品や挿絵のあるものがそれである。折本にも絵はあるが、それなしでは説明が難しい「図」なのであって、無くても特に問題のない「挿絵」ではないと一応は整理できよう。それらが保存されない理由は様々に考えられるが、巻子装の発展形態として生まれながら、あくまでも仮のものと認識されていたことと関係するのであろうか。折目の目立つことや、安定性が悪いこと、あるいは仏教的な色彩が強いことが嫌われたのかもしれない。しかしその一方で折本にも独自な用いられ方があった。書道のお手本や小型のガイドブックのようなものである。前者は手を放しても利用できることが好まれたものと考えられる。後者は綴じられた箇所がないために自由に取り扱え、裏面も利用できる利便性が、江戸期の版本で多用された理由であろう。文学作品が殆ど保存されないこともあって、あまり注目されてこなかったが、主な装訂5種の内で、その用いられ方が最も個性的であるのである。また折本には、旋風葉(せんぷうよう)・画帖装・折帖などといった、折本から派生したと考えられるやや特殊な装訂も存在している。旋風葉や画帖装は折本の安定の悪さを嫌って、冊子に近づくように進化したものである。折帖には両面式のものと片面式のものがあり、両者共に巻子には改装不可能な厚紙を用いたものである。この様な周辺的な装訂が複数存在する点でも、折本は特殊な存在なのである。

        Orihon (the folded book) is one of the five most common bibliographic formats of Japanese antiquarian books. As with handscrolls, individual sheets are joint together widthwise but, instead of being rolled, this long strip of paper is folded back on itself concertina style. Given these structural similarities, certain types of books such as Buddhist scriptures, almanacs, genealogical records and treaties on traditional arts have been preserved both as scrolls and orihon. But at the same time there are works that were handed down primarily as handscrolls and rarely as folded books. This is the case with literary and illustrated texts. Even though orihon may have pictures, by and large, these are explanatory figures, and not mere embellishments which could be omitted without impairing the understanding of the text. There are several reasons that could explain why literary and illustrated texts were not passed down as orihon. Even though folded books originated from handscrolls, folded books were not considered an official format. Perhaps, they were unpopular because of the prominent folding line and frail structure, or because this was the format typically associated with Buddhist sutras. At the same time, orihon were frequently used for calligraphy copybooks, because it was possible to keep them open without holding them in hand, or in the case of small-size guidebooks, because orihon could be freely unfolded and written on both sides. For this reason, they were variously used in Edo-period printed books. Although orihon have been overlooked owing to the small number of literary texts that were handed down in such format, amongst the five most common Japanese book forms, this is certainly the one that has the most distinctive usage. Folded books also include other formats derived from orihon. These are senpuyō, gajōsō, orijō. Senpuyō and gajōsō are sturdier than orihon, and their structure have come to resemble that of booklets. Orijō were produced using very thick paper, so they could be inscribed either on one side or both sides, but this prevent them to be rolled and remounted as handscroll. The existence of such structural variety makes folded books a peculiar bibliographic format.

■報告2 「知と技法の媒体としての折本―「八卦」を中心に」
"Folded Books as Conveyors of Technical Knowledge: the Case of ‘Trigram Divination Books’"
マティアス ハイエク(パリ・ディドロ第7大学東洋言語文化学部准教授)
Matthias HAYEK(Université Paris-Diderot-Paris 7)
 「折本」といえばまず誰しも思いつくのは仏典であろう。『江戸時代初期出版年表』(岡雅彦他編、2011年)を見渡すと「折本」の形状の書物は確かに高野版や宗存版の「お経」が圧倒的に多い。もちろん『法華経』など、何巻本の経典ではなく、むしろその入門書や解釈、あるいは短編的で、毘沙門天など一尊に特化したものも少なくない。
 しかしその初期の「折本」群のうち、それらとは一線を引く、特異な書物の系統がみられる。それは『八卦』というものである。慶長16年の『八卦図絵』(仮題、東洋文庫所蔵)を皮切りに、『簠簋』と並んで、初期占書の代表格なものとして再版・新版、(もしくは類版?)を重ね、江戸時代前期を通して書籍目録に顔を覗かせてきたものである。
 この資料群にはいくつかの特徴があるが、他の「お経」系の折本との根本的な相違はその用途にある。それはすなわち、この「八卦」は儀式的に「読み上げる」べきテクストの媒体ではなければ、既存の聖典をそのまま伝えるものでもなく、室町期に成立した「暦占」と「易占」の折衷型の占術の技法に必要な図表を収めた「占い便覧」的なものである。
 初期占書のうち折本形状のものはこの「八卦」群のみで、その特殊性からその内容・構造、用途とのこの形態には何らかの関係があったと考えられる。
 その裏づけとして、これらの資料のもう一つの特徴を取り上げることができる。それは、裏面への多様な書き入れという、「折本」の特別な形状を活かした、本の「使い方」である。現在確認できる25点前後の諸本の大部分に、裏面(時には表にも)に、本文と関係のある書き入れがあり、そこには、「書物」の既存の内容と、読者(利用者)の要望や個人の知の親密で複雑な関係、そして「読書」という「学習行為」を超えた、「知と技法の実践」の媒体としての「書物」の姿が潜んでいるのではなかろうか。

        When thinking about the contents of books folded in a ‘concertina style’ (orihon) in Japan, Buddhist texts first come to mind. Browsing through Oka Masahiko (et al.)’s Chronological index of Early Edo books (Edojidai shoki shuppan nenpyō, 2011) in search for orihon reveals the vast majority of these items consists in temple-produced sutras. These were not necessarily extensive editions of multi-section texts, such as the Lotus Sutra, but rather introductions of commentaries to major texts, or short sutras focused on one Buddhist deity, like Bishamonten. However, among these early examples of folded-books, there is one group set apart from the rest by its characteristics: the divination books referred to as books of the eight trigrams (hakkebon). Starting with the Illustrated Collection of the Eight Trigrams (Hakke-zue, held at Tōyō bunko) printed in 1611 (Keichō 16), these books, along with the famous hemerology text known as Hoki, occupied a central position within the category of divination books. As such, they were regularly reprinted, sometimes with new engravings or even pirate copies, as can be seen in booksellers’ catalogs throughout the first half of the Edo period.
        These materials have several characteristics, but the main difference between them and the sutra is their use. Hakke books were neither intended as a medium for reading out loud a text in a ritual fashion, nor they were transmitting a canonical scripture. Rather, they were a practical collection or memento of tables and charts to be used in a form of divination that mixed ‘chronomancy’ elements (rekisen) to a symbolical apparatus derived from the Book of Changes (Ekikyō), a fusion of some sort that appeared during the sixteenth century.
        Among early divination books, these Eight Trigrams are the only one in concertina-style, a feature that points toward a link between this type of binding and their contents and uses. For instance, one of their main specificity is that they can be inscribed at the back with additional contents. As a matter of fact, many of the 25 exemplars we know of today bear handwritten inscriptions at their back, and sometimes marginalia at the front, most of them expanding the technical contents of these books. This feature in itself can be said to exemplify the intricate and complex relationship between the knowledge and the needs of a given individual (the reader/user) and what the written material already transmits. It also shows that what we call ‘book’ was not only a medium for learning through reading, but also one for putting technique and knowledge into practical use.

■報告3 「近世日本における折本・折帖の諸相―版本を中心に」
"On Folded Books (orihon and orijo) Printed in Early Modern Japan"
アレッサンドロ ビアンキ(フリーア|サックラー)
Alessandro BIANCHI(Freer|Sackler)
 継ぎ合わせた紙を同等の幅に折り畳んでから、表紙を付けて形作られた折本とは、平安時代から明治にかけて頻繁に使用された装訂である。近世日本においても、写本ばかりか版本でもよく使われており、暦をはじめ経典・便覧・習字の手本・地図など、多岐にわたる作品を保存するために、よく利用された。また、折帖とは折本に近い書物形態であるが、近世の版本の場合この装訂に含まれるものに折帖仕立てと画帖装(あるいは綴)がある。両者とも版面を内側にして料紙を半分に折り、裏端を突き合わせて作られたが、折帖仕立ては折本と同様に背は綴じられていないのに対して、画帖装は表紙と裏表紙が繋がっているので、冊子体に似ているものである。折帖は法帖を作るのによく使われたが、その他に、浮世絵の発達に伴い絵本・絵入り本の出版も普及したため、色鮮やかな画譜を製本するに当たっても、折帖は便利な形態として認識され、一般的に使用されるようになってきた。
 本報告では、近世版本における折本と折帖の諸相について総合的に紹介する予定である。特に、この装訂の書誌学的な特徴や当時の利用方法を軸にして発表したい。先ず、書形・外題・表紙・袋など、すなわち書物の形態と外見的な特質をまとめる。次に、印刷の技法に関して説明する。近世期において基本であった木版印刷のほかに、西洋から導入された銅版印刷の技法によって作られた作品の数例も考慮に入れたい。続いて、版面のレイアウトに注目して、書式とデザイン性について紹介する。最後に、この装訂の用いられ方をめぐって説明したい。取り分け、折本と折帖の書物はどのように読まれたか、当時はどういう風に利用されたのかについて具体的に検討してみたい。

        Orihon are created by folding a long strip of paper into segments of equal width. This bibliographic format was frequently used during premodern, early-modern, and modern Japan, both for manuscripts and printed books. Several genres were transmitted in orihon format, for example almanacs, handbooks, Buddhist scriptures, calligraphy copybooks, maps, etc. Orijō is another kind of folded book, similar to orihon. Early-modern printed orijō had several variations, for instance orijōjitate and gajōsō. In both formats, each page was folded in half and then joined to one another by gluing the external border in the verso. However, in gajōjitate the cover plates remained unbound, as in orihon format, whereas in the case of gajōsō front and back covers were joint together, resembling a booklet. Orijō were an ideal format for calligraphic manuals, as well as for illustrated albums, a publishing product which became increasingly common with the development of polychrome printing and the growing popularity of ukiyoe prints and illustrated books.
        In my paper I will discuss the bibliographic characteristics and the usage of folded books, focusing on the corpus of orihon and orijō printed in the Tokugawa period. First, I shall summarize the formal aspects of these bibliographic formats — size, title slips, covers, wrappers, etc. Then, I shall describe the printing technology used to produce such books. Here, I will not limit myself to reviewing woodblock printing, but I will also take a look at some Tokugawa-period examples of folded books printed using metal plates (dōban), a technology introduced from the west. A study of the layout and the design of the printed page will be the third element of my enquiry. Finally, I am going to investigate about how books in orihon and orijō format were used by contemporaneous readers.

プログラム一覧へ

14:30~14:45  休憩(15分間)

14:45~17:00 パネル4
「生活・環境と古典籍――異分野融合研究の可能性」
"Life, the Environment, and Pre-modern Japanese Texts: Prospects of Interdisciplinary Research"
■概要説明 入口敦志(国文学研究資料館研究部准教授)
IRIGUCHI Atsushi(National Institute of Japanese Literature)
 医療や薬、また食物に関する古典籍は、日本においては相当の数が残されている。直接現実生活に関わるものとして、必要な知識を伝えるためのものであった。中国から伝わってきた典籍をそのまま使うだけでなく、日本の風土と植生などに合わせるかたちで日本人も多くの著述を残している。そのような古典籍の中には、まだわれわれが知らない情報が多く潜在していることは容易に想像できるのだが、それらは十分に活用されてきたとは言えない。
 国文学の分野では、文学作品に登場する医療や食物などの記述に文献的な裏付けを持った注釈を付けることを、読解の基本として行ってきた伝統がある。しかし、それはあくまで文献上の記述だけを対象としており、具体的にどのようなものであったか、あるいはどのような行為が行われていたかということについて具体的な肉付けをすることが行われることは稀であったといえる。
 現在、国文研が中心となって推進している歴史的典籍NW事業をはじめとする古典籍のデジタル化によって、容易に見られなかった書物の多くが利用できるようか環境が整いつつある。また、このパネルを構成するような、それらの古典籍を利活用した異分野融合研究も行われている。
 そこで、本パネルでは、現在進んでいる異分野融合研究の現時点での成果を発表する。更に、古典籍と科学的な研究の間に、単なる相互の情報提供にとどまらない、まさに融合した成果による現代社会への多様な還元の可能性をも探ってみたい。

        There are a great many pre-modern Japanese texts dealing with medical practices as well as the properties of medicine and various foods, the majority of which, being digests of indispensable knowledge, were meant to serve a pragmatic purpose in everyday life. While books of this sort were indeed brought over from China, Japanese medical scholars expended great efforts in producing their own treatises, which contained information especially suited to their native ecology and indigenous plant life. Considering the profusion of extant medical works produced in pre-modern Japan, we cannot help but imagine that a large trove of practical medical lore still lays in wait, if only we will take the time to look. It is true that scholars of Japanese literature have traditionally turned to this works as a means of clarifying the names and possible natures of certain medicinal items or foods that happen to appear in a given literary or historical document. However, research of this kind tends to be quite superficial. Little effort has been put into understanding these medical texts for their own sake. Our knowledge regarding the efficacy and actual administration of many medicinal substances appearing in these works is limited.
        Now, thanks to NIJL’s Project to Build an International Collaborative Research Network for Pre-modern Japanese Texts, many texts that were heretofore nearly impossible to gain access to have been made publically available on-line in the form of digitalized images. Our panel, taking full advantage of this project, brings together scholars from different specialties, in hopes of presenting the results of our most recent collaborative research efforts. Not satisfied with simply placing our various researches side by side, we have endeavored all the time to engage in truly collaborative, interdisciplinary research that will be of benefit to modern society in a number of ways.

■報告1 「『広恵済急方』に見る江戸時代の民間救急療法」
"Popular Emergency Treatments of the Edo Period as Found in Kōkei saikyūhō"
小松かつ子(富山大学和漢医薬学総合研究所教授)
KOMATSU Katsuko(University of Toyama, Institute of Natural Medicine)
 江戸時代、十代将軍徳川家治は庶民の疾病治療を按じて、「急病に罹った時医師を請う時間もなく、また遠方で医師がいない土地もある。ましてや病気の治療方法も知らずに命を落とすことも多いという。そのような時に救急の方法を記した書物があれば、広く世に報いることができる。」との思いから、多紀元悳に命じて、『済急方』が編纂される。この書は天明七年(1787年)に完成するが、家治はその前年に他界したため、十一代の家斉がその意志を引き継いで、『官準 広恵済急方』という名で寛政元年(1789年)に出版される。本書は、医師の経験や民間の伝承を根拠とし、救急医療に際しての民間療法を記載した書物であり、当時の庶民が医師にかかる前に使用していた身近な薬物(生薬、新鮮な植物、食品などを含む)を知ることができる。
 『広恵済急方』は三巻からなり、上巻には卒倒の類(中風、痰厥、中暑、食厥、霍乱、疔毒昏潰、癲癇、血厥など)、中巻には卒暴諸証(吐血、小便血、諸失血眩暈、急喉痺、心腹卒痛、急黄、便急閉など)と外傷之類、下巻には横死之類(餓死、溺死など)、諸物入九竅(諸物入目、誤呑銅鐵物など)、諸物中毒、婦人産前急証、臨産急証、産後急証及び小兒急証の各疾患の概略が述べられた後に、それらに対する治療法として薬物療法と、鍼灸を含めた理法が記載される。薬物療法では約300品目が収載され、その内訳は植物性のものが約210種類、動物性が約70種類、鉱物性が約20種類である。その内81種類については江戸近郊の植物等の図が付されている。
 本講演では、参附湯、姜附湯など処方としての用法、蒲黄、茅根、柿渋、山椒などの民間薬、赤小豆、黒豆、細茶などの食品、その他、百草霜(竈の煤)などあまり馴染みのない生薬を取り上げ、中国の医書や本草書などの影響や、現在の科学的エビデンスから見た用法の妥当性について考察する。さらに、収載生薬に関するデータベースや民間薬の科学的研究の結果についても紹介する。

        In the Edo period, the 10th shogun Tokugawa Ieharu always worried about his nation's disease treatment and ordered his primary physician, Taki Motonori to compile a book on the emergency medical treatments. The book Saikyūhō was completed in 1787, but published in 1789 under the name of Kōkei saikyūhō, as it necessitated a revision by the next shogun Ienari's order. It is a work focusing on popular medical treatment in case of emergency and is based on physicians' experience and folkloric traditions. The book enables us to learn familiar medicines including crude drugs, fresh plants, foods and so on, which have been used generally before consulting a doctor in that era.
        Kōkei saikyūhō consists of three volumes in which diseases are placed into ten categories: collapse and relevant disease, acute disease, trauma and its relevant disease, accidental death, objects in the nine body orifices, intoxication, pre-partum acute disease, intrapartum acute disease, post-partum acute disease and infantile acute disease. Each category is further classified by disease condition. Outline of each disease and subsequently detailed medication, acupuncture or moxibustion are described as treatment for the disease. Approximately 300 kinds of raw materials with some illustrations are listed as medical treatment, and among them 210 kinds are the botanical origin, 70 are the animal origin and 20 are the mineral origin.
        Usage of formulations such as jinbutō (ginseng-aconite root decoction), folk medicine such as cattail pollen or Japanese zanthoxylum peel, foods like red bean or camellia leaf and unfamiliar medicines like furnace soot are reviewed in this conference. Influences of traditional Chinese medical and pharmaceutical books at the time, and adequacy of applications in terms of the current scientific evidences will also be discussed. In addition, the database of ethno-medicines including description of Kōkei saikyūhō and a scientific research on folk medicine will be introduced.

■報告2 「古代の甘味料”あまつら”の復元」
"Restoration of the Ancient Sweetener Amatsura"
神松幸弘(立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員)
KOHMATSU Yukihiro(Ritsumeikan Global Innovation Research Organization)
 私たちの文化は過去から引き継いだものであるが、一方で消失したものも少なくない。たとえば、それは日本料理において欠かすことができない甘味料の中にもある。今からおよそ600年以前、日本料理に砂糖が使われることはなかった。砂糖は希少なため、薬として用いられていた。当時の人々は甘味料に麦芽の水飴または“あまつら”を用いた。延喜式(927年)によると、あまつらは日本全国二十一ヶ国から都に集められ、また唐に貢物として送られたことが記されている。平安時代に書かれた枕草子や源氏物語などの多くの書物にもあまつらの記述は見られる。それらの書物から、古代の貴族の菓子や料理にあまつらが欠かせない食材であったことがうかがえる。にも関わらず、中世に砂糖を国内で生産し始めるとあまつらは消えてしまう。それから数百年後、あまつらは人々に忘れ去られてしまった。江戸時代の生物学者や医学者はあまつらの原料を探しいくつかの植物をあまつらの原料とする説が立てられた。しかし現在は、ツタを唯一の原料とする説が有力視されている。実際に、ツタの樹液は糖分が高い。また先行研究によってツタからあまつらを再現した事例もある。しかし、他の植物で確かめられた事例はなく、それらがあまつらの原料ではないとする根拠は希薄である。
 このような背景から、本研究では古文書からあまつらの製作方法や原料植物ついて再検討を行なう。とくに、これまで軽視されがちであった仮名書きされた本草学の文献に着目する。本草学では漢文で書かれた文献に格式があり、学術的価値が高いと考えられてきた。しかし、高い教養を持った人々だけがあまつらに関する知識を持っていたとは考えにくい。仮名文字で残された民間伝承や日記などに未知の情報が眠っている可能性は高い。さらに私たちは食品化学の手法を用いて、あまつらの原料の候補と見なされる植物の樹液について糖類の組成や定量分析を試みる。あまつらを復元できれば、古代の食事や菓子類の再現も可能になる。これまで文献を通じてしか知ることのできなかったあまつらを味わうシンポジウムの企画も計画している。考古学や人類学との協働も視野に入れて推進する学際的研究について紹介する。

        Although our food culture is inherited from the past, some aspects have disappeared. A case in point is essential sweeteners used while cooking. Japanese cuisine never used sugar until about 600 years ago, and because sugar was exceedingly rare, it was used as a medicine. A more common sweetener was malt syrup or “Amatsura.” According to Engishiki (published in 927), Amatsura was gifted to the Imperial Court as a tribute from twenty-one regions throughout Japan, and more quantity was presented to the Emperor of Tang as a special gift. In addition, we find the description of the Amatsura in popular Heian-era books such as The Pillow Book and The Tale of Genji. Those books intimate that Amatsura was a necessity for sweets and cuisines eaten by people of the ancient nobility. Eventually, in the middle ages, because Japan began producing sugar, Amatsura disappeared. Several hundred years later, people forgot about Amatsura until biologists and medical scientists in the Edo period attempted to discover a raw material for it and hypothesized that certain plant species were raw materials. Nowadays, however, the prevalent theory is that Japanese ivy (Parthenocissus tricuspidata), with its high sugar content, is the syrup’s only raw material. In addition, some studies have found cases in which Amatsura was produced from Japanese ivy, but there are no confirmed cases of other plants being used to extract Amatsura. Therefore, the assumption stating that this is the only raw material is still unclear.
        This research reconsiders the production method and plant material of Amatsura from Japanese paleography, with a special focus on the oft-neglected literature of herbalism that was written kana letters. In herbalism studies, literature written in Chinese has been regarded as being highly formal with great academic value. However, it is unlikely that only exceedingly educated people had knowledge about Amatsura. There is a high possibility that unknown information is buried in folklore and diaries written by kana letters. In addition, we examine the composition and quantitative analysis of saccharides on plant sap that is considered to be a possible raw material of Amatsura by using the food chemistry method. If we can restore Amatsura, it will probably assist in replicating ancient dishes and confectionery. In addition, we will also plan a symposium to eat Amatsura, which up to this point can only be known through literature. Finally, we will introduce interdisciplinary research promoting the view of collaboration with archeology and anthropology.

■報告3 「『延喜式』に見える貢納食材とその加工法」
"Tributary Foodstuffs and Food Processing Methods as Seen in Engi shiki"
清武雄二(国立歴史民俗博物館研究部特任助教)
KIYOTAKE Yūji(National Museum of Japanese History)
 古代日本の律令国家税制は国家が必要とする物品の直接貢納を基本としている。食材についても同様であり、10世紀に編纂された法制書である『延喜式』には諸国に割り当てられた多種多様な食材の貢納が規程されている。特に魚介類・海草類といった水産物品が税物としての食材に占める割合は非常に高い。保存が容易ではない古代においては、長距離の運搬や一定期間の貯蔵に対応するために、こうした加工が必要不可欠であったと思われる。実際、多くの水産物品は、乾燥・発酵などの加工をうかがうことができる品名で記載されている。ただし、具体的な加工法・運搬・保管・調理等についてはほとんど記述がなく、不明なものが多い。
 本報告では、『延喜式』に見える貢納食材の具体的事例としてアワビの加工品をとりあげる。アワビは、神饌や天皇への供御をはじめ、節会等の宮廷での饗宴に供給された食材であり、『延喜式』には20数種類に及ぶアワビ加工品が記されている。しかし、これらの大部分は後世には伝えられておらず、食材としての実態はよくわかっていない。そうした中において、長鰒は木簡等の記載から細長い形状であったことがうかがえ、後世において縁起物の贈答品として知られている熨斗アワビにあたるものと考えられる。とはいえ、長鰒の食材としての特性や税物としての製造・運搬などは必ずしも明らかではなく、その解明のためには従来の文献史学にとどまらないアプローチが必要である。
 国立歴史民俗博物館では、伊勢神宮の神饌として熨斗アワビを製造している現場での聞き取り調査、加工実験、生アワビと比較した成分分析を実施している。そこで得られた結果をもとにして、『延喜式』に見える長鰒の製造工程、アワビの種類、加工時期、貢納・運搬を前提とした加工形状、加工による具体的成分変化等を検証することで、古代税制や古代の食文化について考察する。

        Basically the tax system under the ritsuryo system in ancient Japan was to collect goods directly from the people to satisfy the needs of the state. So were the foodstuffs, and Engi-Shiki which is a legislation book edited in the tenth century, provides the variety of foodstuff taxes imposed on each province. Especially fishery products such as seafood and seaweeds account for a very high percentage of the imposed foodstuffs. In the ancient days when preservation was not easy, it was necessary to process foods for long-distance transportation and storing them for a certain period of time. Actually, many fishery products were listed in Engi-Shiki in a way we can assume that a drying or a fermentation process was done. However, in Engi-Shiki , there is hardly any description about how the foods were processed, transported, stored and cooked.
        In this report, I will take abalone as an example of the taxed foodstuff listed in Engi-Shiki . Abalone was offered to kami and to the Emperor, and they were also served in the court banquets so called sechie. In the Engi-Shiki more than 20 kinds of processed abalone were listed, but since most of them were not handed down to posterity, we don't know how it actually was. Exceptionally, we have a little information of naga-awabi (long abalone). From the record written on a strip of wood (mokkan), naga-awabi is assumed to have been a thin strip of dried abalone. This type of abalone should be noshi-awabi (thin strip of dried abalone) which is known as gifts that bring good luck in nowadays. In spite of these facts, not much is known about the characteristic of naga-awabi as a food and how it was produced and transported as a tribute to the state. Not only philological study on historical documents are valid, we also need new approaches to make the facts clear.
        Now the National Museum of Japanese History is carrying out a hearing survey with people preparing noshi-awabi, a thin strip of dried abalone as a food offered to kami of Ise-jingu Grand Shrine. Moreover a processing experiment of noshi-awabi and analysis on nutritional component of noshi-awabi compared with raw abalone are conducted. From these results, the manufacturing process of naga-awabi listed in Engi-Shiki , the kinds of abalone, the suitable period for treating abalone and the conditions of processed abalone products will be proved. In this way, I will consider the ancient tax system and the ancient food culture.

■報告4 「気候変動適応学と歴史学、国文学との共働可能性」
"Prospects for Future Collaboration between Climate Change Adaptation Science, Historiography, and Japanese Literature"
田村誠(茨城大学地球変動適応科学研究機関准教授)
TAMURA Makoto(Ibaraki University, Institute for Global Change Adaptation Science)
 気象極端現象の激化、多発化によって、気候変動に対する短期・中長期的な対応策(適応策)に対する関心が高まっている。国際的には2013-14年に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5 次報告書で、気象の極端化が一層進むという将来予測が示され、温暖化対策における適応策の重要性が一層認識されることになった。2015年にはパリ協定が採択され、2016年に早期発効した。
 しかし、現下の気候変動への適応において、気候科学が予測する21世紀の環境変化も考慮した社会経済変化への対応が必要にもかかわらず、将来予測に基づく予見的適応に関する体系的な研究は限られているのが実情である。一方、人類の文明の歴史は、災害や疫病、社会経済環境の変化などに対する広義な適応の歴史であり、気候変動への適応についても歴史から学ぶべきことは多い。災害や農業をはじめとした歴史的な適応の事例から、今後の気候変動適応計画を立案し、実施していくための示唆が得られるのではないだろうか。本稿では、これらを包摂した「気候変動適応学」の構築に向けて歴史学や国文学との共働可能性を議論する。以下の研究事例を提案したい。
1. 気候変動に関する基礎データの掘り起こし。気温、降水量、作物収量などの文研から長期時系列データを収集し、気候・影響評価モデルの入力値とする。
2. 古地図、古文書による土地利用、生活様式の変遷と気候シナリオの解析。既存の気候変動影響予測モデルがうまく捉えることができない事象の一つに社会変動、とりわけ居住地の移動や生活様式の急速な変化がある。これらの変化に気候変動が及ぼした影響があるのではないか。
3. 歴史学、災害史学との連携。古地図による土地利用の解析、GIS データへの統合、古文書などの災害記録などから適応の効果を抽出する。例えば河川整備と住民、土地利用の変遷、営農の歴史的考察から、河川等の大規模な整備効果の検証と同時に移転が起きた場合の影響を再検証する。
4. 「気候変化の検出と原因特定(Detection and Attribution)」。実在するデータのうちの一部を変更して適応策の有無を仮想する過去再現シナリオ分析を導入する。
 筆者は、国文学や歴史学からは専門外である。これらのテーマから技術開発や学習・教育、社会変革などによって社会の適応力が変遷してきた過程、「温故知新の適応策」を明らかにしたいと考えている。これらのテーマから新たな学際的研究や共働が創発されることを祈念する。

謝辞
本稿は、科学研究費補助金基盤研究(B)「適応策の有効性と限界」、環境省環境研究総合推進費S-14「気候変動の緩和策と適応策の統合的戦略研究」の成果の一部である。

        The Paris Agreement, which entered into force on November 2016, primarily aims to strengthen the global response to the threat of climate change by keeping a global temperature rise this century well below 2 degrees Celsius. In addition, the agreement also aims to strengthen the ability of countries to deal with the impacts of climate change. Adaptation serves to adjust human and or natural systems on the assumption of ongoing climate change. To address the challenges emerging from climate change, there has been a succession of efforts, ranging from comprehensive research on climate change to the development of policies for adaptation as well as mitigation. However, the debate about recent climate change adaptation issues has been usually limited in climate science communities. Only specific social sciences such as environmental law, politics, and economics have involved in these communities. Actually, human being has been adapted in not only environmental change but also many social changes. In order to design acceptable adaptation plans and construct more resilient society, climate experts should take adaptation in the broad sense and learn from historical lessons including agricultural efforts, natural disasters, pandemic, and some social change. From an academic viewpoint, potential themes are as follows:
1) Extraction of historical climate data (e.g., temperature, precipitation, and crop yield)
2) Reproduction of land use change based on ancient documents and maps
3) Collaboration with historical science and history of natural disasters
4) Detection and attribution of climate change
Through this conference, the author would like to share and discuss more comprehensive collaboration with climate change adaptation science, historical science, and Japanese literature.
Acknowledgements
This study was partly supported by a Grant-in-Aid for Scientific Research (B: 26281055) from MEXT and the Environment Research and Technology Development Fund (S-14: 2015-2019) of Ministry of the Environment.

プログラム一覧へ

17:00 閉会の挨拶 谷川惠一(国文学研究資料館副館長(研究担当))
TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)

↑ ページの先頭へ