歴史的典籍NW事業

       

大規模学術フロンティア促進事業「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」 第2回 日本語の歴史的典籍国際研究集会プログラム
Project to Build an International Collaborative Research Network for Pre-modern Japanese Texts, The 2nd International Conference on Pre-modern Japanese Texts

日本古典籍への挑戦
     ―知の創造に向けて―

     " Tackling Pre-modern Japanese Texts:
                                   New Horizons of Understanding"

日 時:平成28(2016)年
         7月29日(金)~7月30日(土)(2日間)
場 所:国文学研究資料館 大会議室
         (東京都立川市緑町10-3)
主 催:大学共同利用機関法人
         人間文化研究機構国文学研究資料館

入場無料 聴講自由


国際研究集会の模様を、インターネットを通じてライブでご覧いただけます。
※ライブ配信は終了いたしました。

★プログラム★
-----H28.7.29-----
 基調講演 「デジタル時代と古典研究 ―画像資料のあり方を手がかりに―」13:20~
 研究報告1 「オーロラと古典籍」14:40~
 研究報告2 「書誌学から総合書物学へ」15:30~
 研究報告3 「人情本コーパスの表記情報アノテーション」16:00~
-----H28.7.30-----
 パネル1 「アジアのなかの日本古典籍」10:00~
 パネル2 「日本漢文学研究を“つなぐ”―通史的な分析・国際発信・社会連携―」12:10~
 パネル3 「中世の異界 ― 内と外 ―」13:50~
 パネル4 「古典籍を活用する/情報を活用する」15:30~
H28.7.30(土)11:20~12:10は昼食休憩です。1階フロアで弁当販売もあります。

※「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」で実施している共同研究について、平成28年7月29日~7月30日の会期中(2日間)に、会場前のロビーにてポスターで紹介しておりますので、是非ご覧下さい。



7月29日(金)

総合司会:

小林健二(国文学研究資料館研究部研究主幹)

KOBAYASHI Kenji(National Institute of Japanese Literature)

12:30 受付開始
13:00 開会の挨拶

今西祐一郎(国文学研究資料館長)

IMANISHI Yuichiro(National Institute of Japanese Literature)

13:05 機構挨拶

平川南(人間文化研究機構理事)

HIRAKAWA Minami(National Institutes for the Humanities)

13:10 趣旨説明

谷川惠一(国文学研究資料館副館長(研究担当))

TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)

13:20~14:20 基調講演

「デジタル時代と古典研究 ―画像資料のあり方を手がかりに―」

"Classical Studies in a Digital Age:A Look at the State of Visual Material"

楊暁捷(カルガリー大学言語学・語学・文化学学科教授)

YANG Xiao Jie(University of Calgary)


14:20~14:30 休憩(10分間)

14:30~14:40 「異分野融合共同研究について」

寺島恒世(国文学研究資料館副館長(企画調整担当))

TERASHIMA Tsuneyo(National Institute of Japanese Literature)

14:40~15:10 研究報告1

「オーロラと古典籍」

"The Northern Lights in Pre-modern Japanese Texts"

片岡龍峰(国立極地研究所研究教育系・宙空圏研究グループ准教授)

KATAOKA Ryuho(National Institute of Polar Research)

◆要旨

 人類は古くからオーロラ等の天の異変を観察して記録に残し、現代では多くの人がデジカメで撮影したオーロラ写真をインターネットで共有している。平成27年度に開始したオーロラ4Dプロジェクトの目的は、人々が残したこれらの資産を自然科学に活かすことであり、さらにはそれを通して市民参加型の科学研究のあり方について実践的に考察することである。本報告では、国文学研究資料館と国立極地研究所が初めて共同開催した、「赤気」と書かれたオーロラの記述を古典籍に見出す市民参加イベント「古典オーロラハンター」や、これまでの文理融合型の共同研究を通じて得られつつある新たな知見について報告する。

        Since antiquity we have observed the heavens and recorded the appearance of such celestial phenomena as the Northern Lights. In our present age, people are accustomed to capturing these brilliant light displays with digital cameras, images which are then shared publically over the internet. In 2015 we launched a new project entitled “The Aurora in Four Dimensions,” the purpose of which is to utilize these countless digital images in the service of the natural sciences. We hope, furthermore, to provide through this project a platform whereby any citizen may readily engage in the collective effort of scientific research. This panel will focus on reporting a number of new findings gleaned from such collaborative research projects as “Hunting through the Classics in Search of the Northern Lights,” which was a public event in which citizens were welcomed to participate in a shared search through digital collections of pre-modern Japanese texts for records of the appearance of the Northern Lights. This event, organized jointly by the National Institute of Japanese Literature and the National Institute of Polar Research, was one of the first collaborative efforts to unite the humanities and the sciences.

オーロラ4Dプロジェクト(https://aurora4d.jp/)

15:10~15:30 休憩(20分間)

15:30~16:00 研究報告2

「書誌学から総合書物学へ」

"From Traditional Philology to Comprehensive Bibliographical Studies"

谷川惠一(国文学研究資料館副館長(研究担当))

TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)

◆要旨

 bibliographyを翻訳して1930年前後に出現した日本の書誌学は、当初から一貫して、みずからに先行し隣接するさまざまな学問分野との関係にたえず気を配ってきた。書誌学が研究の対象とする書物は、そこに書かれたり印刷されたりしたそれぞれの内容を備えており、それについては、文学・歴史・仏教といった専門分野による知の領土の分割がほぼ完了していたからである。活字印刷により出版された最初期の書物についての分析に始まり、20世紀を迎えるや、書物の「意味内容は書誌学者の関知するところではない」(グレッグ)とまで言いきるに至ったイギリスの「純粋書誌学」とは違い、日本の書誌学は書物の内容との連絡を絶つことはなかった。ただし、それらを専門に扱う学問に対し新参の書誌学はひどく控えめで、書誌学は既成の学問の「補助学」の位置に長く甘んじてきた。「国史学・国語学・国文学・日本漢文学・日本仏教史学等は、書誌学を主要な補助学と考へる事は当然である」(川瀬一馬)。こうした状況にある日本の書誌学にとって、「純粋書誌学」を批判し、コミュニケーション論などの新たな研究と結びつくことによって書誌学と書物の内容とを再び関係づけ、「新しい知識を促進する機能」を書誌学に回復しようとするマッケンジーの提案は刺激的である。  日本文学を含む多様な分野の研究者が参加して取り組んでいる総合書物学は、古典籍を中心とする日本の書物を対象に、これまでの書誌学と諸学との関係を見直し、伝統的な学問分野とは違ったやり方で書物を読み解き、書物を新たな知をもたらす研究資源とするためのさまざまな試みの総称である。

        What in Japan is referred to as shoshigaku is a translation, first coined around the year 1930, of the English word bibliography. Since its first inception, Japanese bibliographical studies has been deeply conscious of its indebtedness to a number of older and especially relevant disciplines. By taking advantage of the respective fruits of such well-established disciplines as, for example, literature, history, and Buddhist studies, bibliographical scholars are thus able to gain a more complete understanding of the content of those materials, be they written or printed, with which they deal. Unlike the leading British bibliographer Sir Walter Wilson Greg (1875-1959), who insisted that bibliographical studies—being a pure science—had nothing to do with the meaning or content of books, bibliographical studies in Japan have never divorced itself from consideration of content. Even so, Japanese bibliographical scholars, conscious of the relatively recent emergence of their field, have always adopted a conservative stance in relation to these elder disciplines, contented with serving in a more auxiliary capacity. Kazuma Kawase (1906-1999), a prominent Japanese bibliographer, stated explicitly that it was only natural for scholars of Japanese history, linguistics, literature, including specialists in the fields of Japanese Sinitic studies, and Japanese Buddhist history, to consider bibliographical studies as serving an auxiliary role in their researches. Don F. McKenzie (1931-1999) saw vast potential in bibliographical studies, averring that it possessed the ability to stimulate new forms of knowledge. Inspired by McKenzie’s vision, we hope to develop a new form of bibliographical studies which, by drawing upon such new disciplines as communication theory, continues, unlike the so-called pure form of this discipline, to delve into the meaning and content of texts. We use the term comprehensive bibliographical studies, therefore, to refer to a study of pre-modern Japanese literary texts, which, being the collaborative effort of scholars from a variety of disciplines, challenges us to reconsider the relationships between traditional bibliographical studies—often known as philology—and the other disciples mentioned above. Such a comprehensive perspective would give us the tools with which to gain new insights into Japanese books, insights which extend beyond the borders of traditional disciplines, and which lead the way to new forms of knowledge.


16:00~16:45 研究報告3

「人情本コーパスの表記情報アノテーション」

"Annotation of Graphological Information on the Ninjobon Corpus"

藤本灯(国立国語研究所言語変化研究領域特任助教)

FUJIMOTO Akari(National Institute for Japanese Language and Linguistics)

高田智和(国立国語研究所言語変化研究領域准教授)

TAKADA Tomokazu(National Institute for Japanese Language and Linguistics)

◆要旨

 本発表では、国立国語研究所が現在構築中の人情本テキストデータに、種々の表記情報(平仮名/片仮名、字母、連綿情報等)を付与した過程と結果を報告し、近世版本における表記研究への応用可能性について検討する。

        The National Institute for Japanese Language and Linguistics is currently constructing a textual database of popular Edo-period novellas (ninjōbon). Much effort has been spent in applying electronic labels to these texts, providing a wealth of information regarding certain features of writing, such as the mixture of the hiragana and katakana syllabaries, as well as the extent of cursive writing styles, found therein. This presentation, by summarizing both the process as well as the results of such work, hopes furthermore to promote research into practices of writing as found in early-modern printed books.

ひまわり版「人情本コーパス」Ver. 0.1(江戸時代編Ⅱ 人情本)
【動画】国立国語研究所のコーパス ~ありのままの日本語を知るために~(6分32秒)

17:30~19:00 レセプション



7月30日(土)

総合司会:

寺島恒世(国文学研究資料館副館長(企画調整担当))

TERASHIMA Tsuneyo (National Institute of Japanese Literature)

9:30~ 受付開始
10:00~11:20 パネル1

「アジアのなかの日本古典籍」

"Pre-modern Japanese Texts Within a Broader Asian Context"

■報告1「日本における中国舌珍書『傷寒金鏡録』の受容」

梁嶸(北京中医薬大学中医診断系教授)

LIANG Rong(Beijing University of Chinese Medicine)

■報告2「『毛詩品物図考』の成立・流布をめぐって―」

陳捷(国文学研究資料館研究部教授)

CHEN Jie(National Institute of Japanese Literature)

■報告3「日本古典籍としての漢籍―日本語の歴史的典籍のその先にあるもの―」

入口敦志(国文学研究資料館研究部准教授)

IRIGUCHI Atsushi(National Institute of Japanese Literature)


◆要旨

 本パネルは国文研主導共同研究という枠組みのなかの「アジアの中の日本古典籍―医学・理学・農学書を中心として―」と「表記の文化学—―ひらがなとカタカナ―」との二つの共同研究の研究報告である。梁嵘「日本における中国舌診書『傷寒金鏡録』の受容」は舌の変化によって健康状態を判断する「舌診」の専門書の日本での受容状況を考察し、陳捷「『毛詩品物図考』の成立・流布をめぐって」は、江戸時代の『詩経』名物考証書の一つを例として、古典籍の画像データベースの意義と問題点を考える。なお、入口敦志「日本古典籍としての漢籍―日本語の歴史的典籍のその先にあるもの―」は日本の書記方法は漢文から始まり、その後も学問・技術を支えてきた点に注目し、漢文も日本語であるということを、医学書の表記をとおして考えてみたい。

        This panel, one of a number of leading collaborative research efforts conducted at the National Institute of Japanese Literature, endeavors to present the fruits of two such collaborative research projects: The first is entitled "Japanese Pre-modern Texts Within a Broader Asian Context: A Closer Look at Medical, Scientific, and Agricultural Manuals," while the second is entitled "A Cultural Study of Writing: Hiragana and Katakana". Rong Liang's article, "Reception in Japan of a Chinese Glossoscopy Manual, Shanghan jinjinglu," explores the reception history of professional manuals dealing with the art of glossoscopy, that is, diagnosing a patient's health by means of examining changes in the tongue. Jie Chen, in her article, "The Compilation and Transmission of Maoshi pinwu kaotu," uses an Edo-period lexicon of famous objects appearing in the Chinese Shijing (Book of Poetry) as a means of discussing the significance of and various issues surrounding digital image databases of pre-modern texts. Finally, Atsushi Iriguchi's article, "Sinitic Writing in the World of Pre-modern Japanese Texts: What Lies Beyond Historical Japanese-Language Texts?" attempts to examine the writing systems found in a number of medical manuals as a means of emphasizing the fact that the Japanese writing system not only began with the Sinitic script, but that later scholarship and technology in Japan developed from models of Sinitic learning


11:20~12:10  休憩(50分間・昼食)

12:10~13:40 パネル2

「日本漢文学研究を“つなぐ”―通史的な分析・国際発信・社会連携―」

"Globalizing Japanese Kanshibun Studies:Interdisciplinary Approaches"

■概要説明「日本漢詩文研究をめぐる諸問題」

合山林太郎(慶應義塾大学文学部准教授)

GOYAMA Rintaro(Keio University)

■報告1「集団の場をめぐって(古代日本漢詩文研究の立場から)」

滝川幸司(京都女子大学文学部教授)

TAKIGAWA Koji(Kyoto Women's University)

■報告2「誰のための「五山文学」か(中世日本漢詩文研究の立場から)」

中本大(立命館大学文学部教授)

NAKAMOTO Dai(Ritsumeikan University)

■報告3「望まれた読み手とは(近世日本漢詩文研究の立場から)」

福島理子(帝塚山学院大学リベラルアーツ学科教授)

FUKUSHIMA Riko(Tezukayama Gakuin University)

■報告4「フランス語圏における日本漢文学への眼差し(古代・中世を中心に)」

ジュリアン・フォーリ(フランス高等研究実習学院博士課程)

Julien FAURY(École Pratique des Hautes Études (EPHE))

■報告5「英語圏における日本漢文学への眼差し(近世・近代を中心に)」

マシュー・フレーリ(ブランダイス大学准教授)

Matthew FRALEIGH(Brandeis University)

■討議「新しい日本漢文学の研究のあり方を探る―誰にどのようにつなぐか?」

◆要旨

 日本漢詩文(日本人が作った漢詩や漢文)は、今日、様々な文芸ジャンルの中でも、とくに大きな研究発展の可能性を持つ領域として注目を集めている。しかし、そこには、いくつかの乗りこえられるべき課題もある。そして、それは、以下に述べるように、"つなぐ"ことによって解決すべき問題として理解し得るように思われる。 まず、日本文学領域において、古代・中世・近世・近代など、時代ごとに行われている研究を "つなぐ"必要がある。すなわち、それぞれの時代において異なる問題意識を共有し、作品へのアプローチや学術用語についても、相互参照可能なかたちへ改めてゆくべきであろう。日本漢詩文の全体像に関して生産的な検討を行うためにも、こうした作業は必要不可欠のものと言える。
次に、研究の成果を社会と"つなぐ"ことも、積極的に考えるべきテーマと言える。学習指導要領の改正などにより、現在、日本人が作った漢詩や漢文が、高等学校の国語教科書に収録されるようになってきている。最新の研究の成果を踏まえつつ、どういった作品が教科書に収録されるべきか、あるいは、研究と教育とをどのように連携させるかといったことについて、具体的な議論を行うべきである。
最後に、海外における日本漢文学の研究を、日本における研究をどのように "つなぐ "かについても考えなければならない。日本漢詩文への関心は、近年、世界の様々な地域で高まっているが、それぞれの文化圏において、異なる視点から分析がなされている。こうした動向と日本国内での研究の蓄積とを接続し、立体的・多面的な認識を形成することが求められている。
このパネルでは、本共同研究においてこれまで行ってきた試みと成果を報告する。また、英語圏及びフランス語圏における日本漢文学研究の現状について紹介する。その上で、時代ごとに細分化した日本漢詩文研究を通史的に記述するために、どのような工夫が必要か、さらに、研究を国際的に発信し、また社会において役立てるために、どのようなモデルを考え得るかについて討論してゆく。

        Various fields are paying increasing attention to the study of Japanese Kanshibun (Literary Sinitic or Classical Chinese Prose and Poetry written by Japanese). This panel aims to accelerate this trend by focusing on the following three points.
1. Japanese Kanshibun studies have recently been flourishing not only in Japan but also in other countries. However, there still exists a wall between the worlds of domestic and foreign researchers. This panel attempts to promote productive information exchange between researchers from different academic backgrounds by introducing the latest trends in Japanese Kanshibun studies in English-speaking and French-speaking nations.
2. Most researchers of Japanese Kanshibun specialize in an individual historical period and the approaches to gain an overall picture of Japanese Kanshibun are rarely adopted in the field of Japanese Literature Studies. This panel will therefore also seek a way for researchers to share their views with other researchers specializing in different periods.
3. Works of Japanese Kanshibun are recently being gradually adopted into Japanese textbooks for high school students. An effective way to reflect the latest knowledge of this field in education will also be discussed in this panel.

公募型共同研究「日本漢詩文における古典形成の研究ならびに研究環境のグローバル化に対応した日本漢文学の通史の検討」より
Analysis of the Formation of a Japanese Canon of Sinitic Prose and Poetry and Compilation of a Comprehensive History of Sinitic Literature in Japan for Use in a Global Research Environment
研究代表者:合山 林太郎(慶應義塾大学 文学部 准教授)
Representative Researcher : GOYAMA Rintaro(Associate Professor, Faculty of Letters, Keio University)


13:40~13:50  休憩(10分間)

13:50~15:20 パネル3

「中世の異界 ― 内と外 ―」

"Other Worlds in Medieval Japan : Inside and Outside"

■概要説明

齋藤真麻理(国文学研究資料館研究部教授)

SAITO Maori(National Institute of Japanese Literature)

■報告1「地獄とこの世 ―『富士の人穴草子』に於ける異界観 ―」
"Hell and the Human Realm: The View of Other Worlds in The Tale of the Fuji Cave"

ケラー・キンブロー(コロラド大学ボルダー校アジア言語文明学部准教授)

R.Keller KIMBROUGH(University of Colorado, Boulder)

■報告2「御伽草子に見る中世後期の夫婦観―「理想の妻」としての異界の女性 ―」
"The Ideal Wife-Women of Other Worlds: Views of Marriage in Vernacular Tales from the Late Medieval Period"

若林晴子(プリンストン大学)

WAKABAYASHI Haruko(Princeton University)

■報告3「病草紙 ― 内なる異界としての身体 ―」
"Yamai no sōshi: Other Worlds in the Human Body"

山本聡美(共立女子大学文芸学部教授)

YAMAMOTO Satomi(Kyoritus Women's University)

■討議

ディスカッサント:ポール・スワンソン(南山大学人文学部教授)

Paul. L. SWANSON(Nanzan University)

金沢英之(北海道大学大学院文学研究科准教授)

KANAZAWA Hideyuki(Hokkaido University)


◆要旨

 本パネルは文学における境界性を考究するため、中世における異界を取り上げ、その内と外の両面から考察を加えることにより、異界生成の文化的・思想的背景を明らかにする。そのためには文字資料のみならず、絵画資料をも視野に入れる必要がある。
 14世紀から17世紀に量産された室町時代物語には、しばしば異界の様相が語られており、挿絵とともに当時の異界意識が濃厚に反映されている。たとえば、『富士の人穴草子』には地獄めぐりの様相が活写されており、「現世界」と「あの世」を武士の旅物語の中で対立的に見せる。しかし、死の境界を越え、地獄を訪れる主人公の仁田四郎忠綱が閻魔王に教わる罪と罰の話は、冥土よりも人間界に繋がり、両世界の対立性を裏切ることになる。
 また、『御曹子島渡り』『梵天国』『浦島太郎』などは、日本人の主人公と異郷・異界の女性との婚姻譚である。境界を超えた婚姻ゆえに、主人公たちは通常よりも困難な局面にぶつかるが、女性たちは状況打開のため、「理想的な妻」としての道徳的義務を果たす。異界との境界を越える婚姻の描写を検証することにより、中世後期に登場する「理想的な夫婦の絆」を提示した儒教的イデオロギーの一端が明らかとなろう。
 さらに、平安時代末期から鎌倉時代初期に成立した「病草紙」には、多種多様な病が描かれている。本作品は経典(『正法念処経』)にある経説絵巻としての性質を備え、かつ、京都及びその周辺地域の風俗と融合した説話画としての一面も看取される。病、あるいは身体という、人間にとって最も「内なる」ものを、経説・説話として「他者化」していくメカニズムの考究は、中世における異界観念の生成過程を考える上で、重要かつ新しい視点と思われる。
 以上の報告を通じて、中世における異界生成と継承の諸相を明らかにしたい。

        This panel seeks to examine the nature of the otherworlds as portrayed in Japanese literature. By focusing attention on various depictions of other worlds in medieval Japanese literature, exploring both what lies inside and what lies outside, the panel foregrounds cultural and intellectual background informing the development of the otherworldly. For that purpose, the panel examines both literary texts and painting and visual culture..
        Among the great number of popular tales produced between the fourteenth and seventeenth centuries, one frequently encounters depictions of other worlds, complete with illustrations that vividly reflect contemporary conceptions of the otherworldly. Fuji no hitoana zōshi (The Tale of the Fuji Cave), for example, offers a lively description of a warrior’s journey through purgatory, clearly contrasting our mortal world with the infernal realm. At the same time, however, this contrast between our world and the next is undermined when the protagonist, Nitan no shirō Tadatsuna, receives instruction from the Yama, the lord of hell, regarding sin and its inevitable retributions—retributions that bear a much more intimate relationship to our mortal world than the underworld.
        Also, in a number of these tales, including Onzōshi shimawatari (Yoshitsune’s Journey Across the Isles), Bondenkoku (Brahman’s Consort), and Urashima tarō (The Fisher Lad), we see examples of Japanese men taking as their wives who hail from other lands and even other worlds. Considering this extraordinary situation, in which borders between different worlds are traversed, the protagonist is forced to undergo a series of equally extraordinary challenges to win the hand of his beloved. The bride, for her part, ultimately secures their marital bliss by fulfilling the moral duties of an idealized wife. Depictions of marriages that involve the crossing of borders between different worlds, especially insofar as they deal with ideal nuptial relations, reveal one aspect of Confucian ideology that became prevalent in the late medieval period.
        An illustrated scroll entitled Yamai no sōshi (Book of Diseases and Disorders), completed sometime around the turn of the thirteenth century, depicts all manner of ailments. This scroll serves a dual purpose: First, it functions as an illustrated pedagogical tool such as that found in the Shōbō nenshokyō (Ch: Zhengfa nenchujing, Meditation on the True Teaching), useful when explaining various Budhdist doctrines, especially that of reincarnation. Second, this scroll, being an illustrated depiction of certain anecdotal tales, also depicts the local customs and lifestyle of Kyoto along with its surrounding environs. Here sickness and the human body—representative of the most intimately interior aspect of human existence—become externalized and objectified through the process of storytelling, through the elucidation of scriptures and the narration of anecdotal tales. Exploring this process whereby the body as well as its internal contents (disease) are externalized presents a new and important way of understanding the development of the otherworldly in medieval Japan.
        By bringing together this research, the panel hopes to further elucidate various aspects of the development and history of the otherworldly in medieval Japan..

国際共同研究「境界をめぐる文学―知のプラットフォーム構築をめざして―」より
"Borders and Japanese Literature: Constructing a Platform of Knowledge"
研究代表者:ハルオ・シラネ (コロンビア大学 東アジア言語文化学部 教授(学部長))
Representative Researcher : Haruo SHIRANE (Shincho Professor of Japanese Literature Chair, Department of East Asian Languages and Cultures, Columbia University)


15:20~15:30  休憩(10分間)

15:30~17:00 パネル4

「古典籍を活用する/情報を活用する」

" Making the Most of Pre-modern Japanese Texts and Related Information"

■概要説明

山本和明(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター特任教授)

YAMAMOTO Kazuaki(National Institute of Japanese Literature)

■報告1「くずし字OCR技術の現状と展望」
"The Current State and Future Possibilities of Optical Character Recognition Technology for Japanese Cursive Scripts"

大澤留次郎(凸版印刷株式会社情報コミュニケーション事業本部)

OSAWA Tomejiro(TOPPAN PRINTING CO.,LTD.)

 「くずし字OCR」は古典籍で用いられているくずし字を自動的に読み取ることで、翻刻作業の効率化を図る仕組みである。また、翻刻後のテキストデータを扱いやすいデータ形式に変換することで、利活用の推進にも資するものと考えている。本セッションでは、これまでの実証実験の結果および今後の見通しについて報告する。
        "Optical Character Recognition Technology for Japanese Cursive Scripts" refers to a computer program geared towards increasing the efficiency of transliteration and book reprinting by automatically deciphering the various types of cursive scripts found throughout pre-modern Japanese texts. By transferring the decoded scripts into a more easily accessible text data format, this program significantly increases the readability of books that might otherwise prove quite difficult to read. This session will focus on presenting both a summary of the results already achieved with this program, as well as its potential applicability in the future.

■報告2「古典籍画像のための実験的ウェブアノテーションツール」
"An experimental Web Annotation tool for Visual Material of Pre-modern Japanese Texts"

林正治(一橋大学情報基盤センター助教)

HAYASHI Masaharu(Hitotsubashi University)

 異なる所蔵機関にある古典籍画像群から一つの仮想的なコレクションを作ることを目的としている。静的なコレクションを定義するのではなく、動的なコレクション定義を実現する。本研究ではその定義にウェブアノテーション技術を用いる。古典籍画像のオンライン公開が進めば、研究者による様々な研究利用が想定される。本報告では、古典籍画像活用の一例として、ウェブアノテーションによる古典籍画像の動的なコレクション定義手法について述べる。
        The purpose of this research is to develop a virtual collection which will bring together a number of smaller digital image collections of pre-modern books held at different institutions. Rather than simply define a static collection, we hope to bring to fruition a method of defining a more fluid sort of collection. This research utilizes web annotation technology as a means to achieving this end. Making digital images of pre-modern texts available on-line will give researchers more tools with which to engage in various projects. As an example of how we might further utilize our digital collections, this panel will explain the process of web annotation as a method for defining a fluid collection of digital images of pre-modern books.

■報告3「人文学オープンデータ共同利用センターにおける日本語歴史的典籍の利活用」
"The Center for Open Data in the Humanities and its Utilization of the Database of Historical Japanese Pre-modern Texts"

北本朝展(国立情報学研究所コンテンツ科学研究系准教授)

KITAMOTO Asanobu(National Institute of Informatics)

 情報・システム研究機構では、2016年4月1日に「人文学オープンデータ共同利用センター」を立ち上げ、データ駆動型人文学の振興に寄与する活動を展開する計画を練っている。この活動に不可欠となるオープンデータの中でも特に国文学研究資料館の日本語歴史的典籍データに焦点を合わせ、これをどのように解析し公開すれば共同利用の拡大に寄与するか、画像解析や人工知能などの研究の観点からいくつかのアイデアを示したい。
        In April 1st of 2016, the Research Organization of Information and Systems (ROIS) established their Center for Open Data in the Humanities as a means of promoting data-centered research in the humanities. The National Institute of Japanese Literature's database of historical Japanese pre-modern texts has been foregrounded as one of the most invaluable sources of prospective open data. This panel, adopting perspectives of research into image analysis and artificial intelligence, hopes to present several proposals as to how this database might best be reorganized for public usage as a means of furthering collaborative research.


17:00 閉会の挨拶

谷川惠一(国文学研究資料館副館長(研究担当))

TANIKAWA Keiichi(National Institute of Japanese Literature)


歴史的典籍に関する大型プロジェクトへ 

↑ ページの先頭へ