《報告》「歴史的典籍オープンデータワークショップ~古典をつかって何ができるか!じんもんそん2015~」グループ成果まとめ

    国文学研究資料館は2015年12月18日に 「歴史的典籍オープンデータワークショップ~古典をつかって何ができるか! じんもんそん2015~」を開催しました。館蔵資料の画像データと書誌データ約350点(全冊約6万4千コマ)を国立情報学研究所(NII)のご協力のもと、同研究所の「情報学研究データリポジトリIDR」より、データセットとして公開し、アイデアソンではこのオープンデータを活用しました。
    このほど、アイデアソンで交わされたグループの意見をまとめましたので、ご報告いたします。このアイデアを実現できるよう、資料館では現在活動中です!

日時2015年12月18日(金)
場所メルパルク京都
参加者数45人
主催人間文化研究機構 国文学研究資料館
共催情報・システム研究機構 国立情報学研究所
後援
情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会
関連リンク


国立情報学研究所「情報学研究データリポジトリIDR『国文研古典籍データセット』」
(http://www.nii.ac.jp/dsc/idr/nijl/nijl.html)

国文研データセット簡易Web閲覧(人文情報学研究所 永崎研宣氏作成)
(http://www2.dhii.jp/nijl_opendata/openimages.php)

国文研「歴史的典籍オープンデータワークショップ」<報告>
(カレントアウェアネス・ポータル掲載)(http://current.ndl.go.jp/e1754)

グループ№1の発表
【国文研 ムネモシュネアトラスの構築】

    国文研で提供される画像について、ユーザが自由に抽出、加工、編集できるような仕組みも提供する。またそれに書誌情報なども付加することで、新しい「博物図譜」をウェブ上に作っていってはどうか。

グループ№2の発表
【電車アプリ等の開発、昔の料理の復元】

    電車に乗っているとき、そのあたりの場所が明治より以前はどのような場所だったかが分かる車内アプリの開発。古典籍や古地図に残された情報から、当時どのような場所だったかを復元する。電車内広告の画面に復元した当時の場所の風景を表示し、当時の場所を電車で走行する擬似体験ができるようにする。スマホを片手に、当時の土地を感じながら散策ができるアプリの開発を考えたが、歩きスマホはよくない行為であること、また復元して表示させても現在そこを歩くことができるかどうかは分からないので、電車内アプリにした。
    また、『豆腐百珍』に「今出川豆腐」というものがあることを知ったので、その料理を復元し、今出川キャンパスがある同志社大学の学食として出すなどしてはどうか。地名に関する料理を復元し、地元の大学の学食等とコラボすることで地域興しにもつなげられる。また、「地元の大学生がオープンデータを活用して昔の料理を作った」ということで新聞等メディアの広報効果も見込める。「食育」などをキーワードに売り込んでいくのが得策。

グループ№3の発表
【古典籍画像データバンクの構築】

    古典籍画像データベースを構築し、絵で遊べる画像の宝庫を作る。データベースの画像を身近なものに利活用する例として、この時期であれば年賀状に使用する絵柄等が挙げられる。更に、古典籍の挿絵の魅力を認識し、画像を楽しむことのできるデータベースを構築し、多目的に使うことを考える。例えば古典籍の絵からキャラクターを作り、ゲーム、アプリ、LINEスタンプ、また介護にも利用できる塗り絵などを作成し公開していく。また、画像を実際に使った人が感想や意見をあげることのできる「年賀状を作ってみたレポ」などのサイトも用意し、さらなる普及をはかる。
    今回のディスカッションの中で『武鑑』が家紋・役職や旗印などを掲載している非常に面白い資料だと知った。また、当時の出入り業者まで記載されている、いわばビッグデータでもある。それならば「アイドル武鑑」「出世双六」を作ってみてはどうか。
    なお、古典籍のデータベースから絵の画像を利用するには、タグ付けが前提であり、画像からの絵の切り出し、タグ付けなどは全てソーシャルで行ったらよいのではないか。もちろん断片的な画像であっても、クリックすると資料の本編とリンクしているようにするなどの工夫を行う。

グループ№4の発表
【くずし字掲示板の提供】

    古典籍を実際に目にすると「面白そう!」とは思うが、なかなか読むことができない。そこで、くずし字が読める人と読めない人を繋ぐ仕組みづくりが必要と考えた。具体的にはくずし字が読める人に質問ができる「掲示板」を作成してはどうか。
    そこでは、くずし字が読める人はボランティアで参加し、読めない人からの質問に答える。ボランティアといっても、くずし字読解の更なる学習、習熟の場として使ってもらう。
    またそれらの結果として、古典籍の翻刻テキストデータが出来上がった場合は、全てオープンデータとして提供していくことにする。そうやってテキストデータが付加された古典籍の画像が増えることにより検索がしやすくなり、古典籍を知る機会が増えると考えられる。なおテキストデータは、Wikiのように皆が編集できるようにしてはどうか。

グループ№5の発表
【画像検索と関連画像のリンク構成】

    古典籍の画像に関する様々な課題について話し合ったが、画像データの量が増えると逆にアクセスしにくくなることもあるという点が問題となった。必要な情報を直感的に得ることができる方法、既知のキーワードに拠らない検索の手法が必要だろう。検索のためのプラットホームとしてどのようなものがよいか?という点について考えた。
    位置情報(例えば地図)からの検索も利用頻度は高いだろう。現在の地図情報から古地図や関連する古典籍の情報が検索され、そこに表示される画像データやテキストデータから更にリンクできる構造になると利用価値が高い。
    ショッピングサイトのように、ある画像を表示すると関連して検索された画像が提案されるようなものも便利だが、情報の統制や誘導につながってしまうので、研究利用を目的としたデータベースの機能としては問題があるだろう、といった点についても議論した。

グループ№6の発表
【江戸レシピの”つくれぽ”作成】

    江戸時代の料理本に書かれているものを復元する試み。江戸時代の料理本は、正確な分量等を記載していないことも多い。だからこそ、その記述から、現代においていろいろな料理が出来上がる可能性もある。一般の人に江戸料理本をもとにした料理を実際に作ってもらい、そのレシピや作ってみた感想などのレポートをウェブにあげてもらう。そこから、様々な料理の可能性を追求ができればと考えた。これは、古典の料理を元の通りに復元するのではなく、現代に活かす取り組みと言える。
    もちろん元となった古典の資料やその翻刻文、さらには現代語訳や挿絵などもウェブにあげ、一つの料理から多彩な情報や知識が広がる仕掛けを凝らし、SNS経由で「いいね!」を押してもらうなどの工夫も必要。また、料理は地域ごとに違いがあるものなので(たとえばお雑煮の多彩さなど)、そうした情報をウェブにあげて比較できるようにすることも面白いと考えた。更に、古典を介した上で、日本料理の情報を発信することで、海外の人へも日本文化の良さをPRすることが出来ると考えた。

グループ№7の発表
【古典籍に描かれた文化を体験してみよう】

    古典籍にある農業、料理、服装、動植物などを実際に体験できる、リアルな場所を作る。例えば立川市にそれを作るとして、TDL:Tachikawa Digital Landということを考えた。DLには、Deep Learning の意味もあり。そこでの体験学習を補助するためのアプリ「総合古典デジタルランド」を作ることも考えられる。
    TDLの裏作業としては、絵の切り出しなど、ディープラーニングによる自動化とともに様々な人手が必要になってくるので、そこはクラウドソーシングで実現できればと思う。

グループ№8の発表
【料理通    江戸のレシピで    クラウド翻刻】

    No.3班と同じく、古典籍に記された料理を再現してみることを考えた。料理を作ってみて、そのレシピや感想はクックパッドの「つくれぽ」に投稿し共有する。(なおクックパッドには既に「現代版豆腐百珍」として豆腐料理を紹介するカテゴリがある。)当グループのアイデアは、テキスト翻刻をしながら料理も作る、という点が特徴。くずし字の読解は、くずし字学習アプリで簡単にくずし字を学べるツールを使ってもらうようにする。
    また古典籍の読解が進み、そこに書かれた料理や食材の情報などを分析することで、当時の気候について何か分かってくるかもしれない、という可能性も考えた。




















↑ ページの先頭へ