歴史的典籍NW事業

       

English

国文学研究資料館では、「日本語の歴史的典籍」をキーワードに、国際的な共同研究ネットワークの構築へ向けたプロジェクト「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画(略称:歴史的典籍NW事業)」を平成26年度から開始しました。


日本語の歴史的典籍についての説明はこちらをご覧ください ↓

「日本語の歴史的典籍」について

お知らせ

2016年8月24日

12月9日~11日に、人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2016」(人文学情報の継承と進化~ビッグデータとオープンデータの潮流の中で~)を開催します。

2016年8月24日

9月21日に、「近世日本の長崎・対馬・薩摩と対外交流―情報共有基盤の構築へ向けて―」を開催します。

2016年8月24日

9月10日~11日に、「新たな古典学としてのリテラシー史研究―多分野融合による可能性を求めて―」を開催します。

2016年8月10日

9月10日に、第二回日本漢文学総合討論「”漢文学”は東アジアにおいて  どう語られてきたか?―中国、韓国、そして日本―」を開催します。

2016年8月8日

8月31日に、「第一回 国際ワークショップ:日本語テクストのモデルとTEI」が開催されます。

2016年8月1日

8月28日~31日に、「紀州地域学共同研究会 研究集会―2016夏」を開催します。

2016年8月1日

9月17日に、歴博フォーラム「『延喜式』ってなに!?」を開催します。

2016年6月21日

ふみ「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」ニューズレター第6号を刊行しました。

2016年6月20日

《プレスリリース》国文学研究資料館と味の素食の文化センター(港区)は、研究者支援ならびに文化事業の発展のため、同センターが所蔵する江戸時代の料理書等約300点の画像について、平成29(2017)年5月(予定)からWEB上で一般公開いたします。

2016年6月10日

『日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画』の略称を『歴史的典籍NW事業』といたしました。

2016年6月1日

《プレスリリース》本プロジェクトに係る異分野融合共同研究を更に推進するため、国立極地研究所と6月1日付けで連携・協力に関する協定書(MOU)を締結しました。

2016年4月25日

《報告》3月11日にカリフォルニア大学バークレー校で開催された「2016Kotenseki Workshop:古典籍ワークショップ」での歴史的典籍に関する大型プロジェクトや古典籍に関する発表について、同大学図書館のホームページに掲載されました。

2016年4月21日

2016年CEAL(Council on East Asian Libraies)年次大会で発表された、当館山本副センター長による"Future of the Network for Research on Japanese Classical Books"の発表資料の動画を掲載しました。

2016年4月21日

ワークショップ「古典籍からオーロラを見つけよう『古典』オーロラハンター」に関する記事が「えくてびあん」平成28年5月号に掲載(7ページ目)されました。

お知らせの履歴へ 




■ お問い合わせ先

               〒190-0014 東京都立川市緑町10-3
               TEL : 050-5533-2988
               FAX : 042-526-8883
               e-mail :

  

ホームへ戻る 

↑ ページの先頭へ