齋藤 真麻理

 日本文学研究専攻は、国文学研究資料館を基盤とする大学院(博士後期課程)です。2003年4月、総合研究大学院大学の一専攻として発足しました。

 国文学研究資料館は、1972年の創立以来、国内外の研究・教育機関と連携して日本古典籍や近代文献を中心とする大規模な調査研究等を推進し、重要文化財を含む優れたコレクションを形成してきました。国内外の若手研究者が集う国際日本文学研究集会や日本古典籍セミナーの開催、隣接諸学との協働も活発です。その蓄積が評価され、現在、文部科学省の大規模学術フロンティア促進事業や「学術研究の大型プロジェクトの推進に関する基本構想」に唯一の人文学系として策定されるなど、先導的な研究事業を展開しています。本専攻の教員はその研究者約20名で、国立大学法人としては最大規模の日本文学研究科といってよいでしょう。学生1名に主任指導教員1名、副指導教員2名がついてきめ細やかな指導を行っており、他専攻の単位も取得できる柔軟なカリキュラムが組まれています。

 毎年秋には専攻の全教員出席のもと、博士論文の中間発表会が実施され、研究の方向性や手法を検証し、論文完成までの道程を多角的視点からサポートしています。広々とした施設には院生用の研究室・図書室・談話室が完備し、手厚い経済支援も受けられます。こうした環境の中で着実に成果がまとめられており、審査には学外の専門家が副査として加わって、厳正な審査の結果、優れた博士論文が次々公刊されています。他大学に在籍するシニア研究者に学位を授与した例も少なくありません。

 本専攻は博士後期課程のみですから、3年間で博士論文を完成することが目標となります。時間的にさほど余裕はなく、堅実な計画性と実行性が求められるでしょう。けれども、本専攻で学ぶ方にはまず、自身の知的好奇心を大切にしながら、じっくり文献と向き合って頂きたいと思います。千年を越えて生成・継受され、変容し、時に消えていった文芸のすがたとことばのもつ奥行き、そこには有限の生を生きる人間とはどのような存在なのかという、根源的かつ現代社会にも通ずる問いが潜んでいることでしょう。

 是非、文献から発せられるさまざまな問いに対しつつ、本専攻および国文学研究資料館の良質な研究資源と、知のネットワークを大いに活用して下さい。この場所で、皆さんが新たな研究の視座を獲得していかれることを願っています。

2021年4月


当専攻のアドミッションポリシーは以下の通りです。

専攻の人材育成目的
日本文学研究専攻は、日本文学及びその周辺分野において深い専門知識を持ち、文化資源に基づいて国際的な基盤に立脚した高度な研究を行い、社会に貢献できる人材育成を目的とします。
専攻の教育方針
基盤機関である国文学研究資料館が、原本資料調査に基づいた、膨大な学術情報を集積・研究する先導的な大学共同利用機関である利点を生かし、その文化資源を活用しながら専門的な調査技術と総合的な分析能力の習得を柱とする教育を行います。
在学期間中に学位論文を作成するよう促し、その論文指導を通じて、自立した研究者を育成します。また、複数教員の指導体制の元に、体系的なカリキュラムによる教育を実施し、幅広い視野と国際的な感覚を持った研究者の育成に努めます。
求める学生像
日本文学及びその周辺分野の研究に強い関心と意欲を有し、将来に渡って研究活動を持続させ、自立した研究者として社会に貢献できる学生を求めます。
入学選抜の基本的な考え方
(1) 第一次選抜(論文審査)においては、修士論文等の実証性・論理性・独創性等、基礎的な研究能力を重視した選考を行います。
(2) 第二次選抜(面接試験)においては、論文内容・専門知識・研究計画等に関する口頭試問を通じて、研究者としての適性を判断します。