これからのイベント
ホーム ≫ これからのイベント
終了したイベントの内容等は Facebookや、古典インタプリタ日誌で報告しております。

ないじぇる共創芸術ラボ展『時の束を披く』-古典籍からうまれるアートと翻訳-」を、国文学研究資料館にて開催します

  • 会期:2021年2月15日(月)~4月24日(土)
  • 会場:国文学研究資料館(東京都立川市緑町10-3) 1階展示室

詳細は『時の束を披く』特設ページにてご確認ください。

梁亜旋展を、神保町「文房堂ギャラリー(4F)」で開催します

「うつしのならい 松平莉奈展-絵描きとデジタルアーカイブ-」が開催されます

松平莉奈氏の個展「うつしのならい 松平莉奈展-絵描きとデジタルアーカイブ-」が、2020年11月16日(月)~22日(日)にロームシアター京都 1F プロムナードにて開催されます。
無料・撮影自由なイベントですので、是非お越しください。

詳細な開催日時は以下の通りとなります。

11/16(月)13時~17時
11/17(火)10時~17時
11/18(水)10時~17時
11/19(木)10時~21時
11/20(金)10時~21時
11/21(土)10時~20時
11/22(日)10時~17時

さらに、11/18(水)14~15時半に、Youtubeにてライブ配信を行います。
パソコンと紙と鉛筆があれば、だれでもどこででも行える「デジタル模写」を、松平さんが画面越しに伝授。江戸時代に出版された絵手本を摸写して、いにしえの教えを紐解いてみませんか?ライブ中には、チャット機能を活用してご質問も受け付けます!
出演:松平莉奈・有澤知世(国文学研究資料館特任助教/古典インタプリタ)

「デジタル発 和書の旅 古典籍×〇〇ラボ―であう・うみだす・みとおす―」が開催されます。

⇒盛況のうち終了いたしました。ありがとうございました。

  • 日時:2019年10月5日(土)14:00~16:00(13:30開場)
  • 会場:FabCafe Kyoto(京都府京都市下京区本塩竈町554)


私たちの祖先が大切に残してきた「古典籍」。いま、新進気鋭のアーティスト、松平莉奈氏・梁亜旋氏は、約1年前に古典籍と出会い、その魅力からインスパイアされた作品を創作しています。古典籍は、現代において何とどのように出会い、新たな出会いから一体何が生まれ、どのような未来が見えてくるのでしょうか。古いものと新しいもの、残るものと削られるもの、そのダイナミズムのなかで、化学変化が起こるのかもしれません。これは、古典籍を源として新たな文化的価値を生み出そうとする、ひとつの実験です。

  • ■次第
  • 14:00-15:00   第1部:古典籍×〇〇―FabCafeでであう―
  • 15:00-16:00   第2部:古典籍×日本画×現代芸術―営為をみとおす―
  • ~break~
  • 16:30-18:00   和本(列帖装)つくりワークショップ(参加無料、定員8名、事前申込制)


  • ■展示―古典籍からうみだす―
  • 松平氏、梁氏が、古典籍から想を得て創作した新作を展示します。10月5日(土)11時~18時/展示中入場無料展示


  • ■申込方法
  • 参加無料(先着40名)
  • nijl_arts_initiative@nijl.ac.jp
  • 宛てメールにて申し込みを受け付けます。
  • *メールの件名を「【京都古典籍】(申込者氏名)」とし、本文に氏名・住所・電話番号を明記願います。
  • *ワークショップに参加を希望される場合、本文に「ワークショップ参加希望」と明記ください。なお、ワークショップのみの参加はご遠慮いただいております。
  • *ご参加の可否については、メールの返信をもって、お知らせいたします。


画像をクリックするとチラシ(両面)が表示されます。ご参照ください。


  • ■登壇者
  • 松平莉奈
  • 日本画家。2018年10月より、国文学研究資料館アーティスト・イン・レジデンスに参加。 2014年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了。「他者について想像すること」をテーマに、人物画を主とした絵画を制作。主な展覧会に、個展「悪報をみる -『日本霊異記』を絵画化する-」KAHO GALLERY/京都(2018)、「第7回東山魁夷記念日経日本画大賞展」上野の森美術館/東京(2018)、第一回~第四回「景聴園」(2012-2017)など。賞歴に「京都市芸術新人賞」(2017)「VOCA展」佳作賞(2015)など。


  • 梁亜旋
  • 現代芸術家。2018年7月より、国文学研究資料館アーティスト・イン・レジデンスに参加。 2017年、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科大学院修士課程修了。宝塚大学東京メディア芸術学部助教。アートプロジェクト「Re-creation of Asian Traditional Arts Project(RATAP)」創立者。現在はアーティストとして活動しながら、アジアの伝統民間芸術に関する保護と研究も熱心に行う。主な展覧歴:個展「FUSION&CRASH」(銀座第7ビルギャラリー/2019)、「五光十色展」(東京都健康プラザハイジア/2019)、「UNDER THE SURFACE五人展」(Tokyo Art Studio Dungeon/2016)、「WIP展」(茨城県取手市 /2016)など。


  • 入口敦志
  • 国文学研究資料館教授。江戸前期の学芸や出版文化を中心に研究している。著書に『武家権力と文学 柳営連歌、『帝鑑図説』』(2013年、ぺりかん社)、『漢字・カタカナ・ひらがな表記の思想』(2016年、平凡社)がある。


  • 有澤知世
  • 国文学研究資料館特任助教(古典インタプリタ)。博士(文学)。山東京伝の営為を中心に、江戸時代後期の俗文芸について研究を行う。


■主催:文化庁、国文学研究資料館  【2019年度戦略的芸術文化創造推進事業】
協力:凸版印刷株式会社、FabCafe Kyoto


  • ■問い合せ:
  • 国文学研究資料館 管理部学術情報課 歌津
  • nijl_arts_initiative@nijl.ac.jp



2019年8月23日(金)19時開演

ユーロライブにて、山村浩二新作短編アニメーション「ゆめみのえ」完成試写会」が開催されます。
⇒盛況のうち終了いたしました。ありがとうございました。

お申込みについて:
□参加無料  □事前申込制/先着120名(定員に達し次第、締切り)

□申込方法:必要事項を記載の上、下記メールアドレス宛てお申し込みください。
可否についてはメールの返信をもって、お知らせいたします。

宛先:nijl_arts_initiative@nijl.ac.jp
必要事項:
■件名:【ゆめみのえ】(申込者名) ■本文:氏名(ふりがな)、住所、電話番号
※プレトークにも併せて参加を希望される場合は、「プレトーク参加希望」と明記願います。

□お問い合わせ:国文学研究資料館 学術情報課 歌津
MAIL : nijl_arts_initiative@nijl.ac.jp        TEL: 050-5533-2989
(画像をクリックするとチラシ(両面)が表示されます)




2019年8月2日(金)

立川市柴崎学習館 講堂/体育館にて、「第2回100人ぐりっ首-英語でとる百人一首-」が開催されます。
⇒盛況のうち終了いたしました。ありがとうございました。

※画像をクリックするとチラシ(両面)が表示されます


※申込みメール文例は こちらになります。


※お問合せ:nijl_arts_initiative@nijl.ac.jp





東京藝術大学×国文学研究資料館 公開講座 「虚と実」

人が虚構(フィクション)を生み出したり、味わったりするのはなぜでしょう?「共創」体験をとおして考えたことを、夢のイメージや江戸時代の古典作品の享受のあり方などをヒントに語り合います。

⇒盛況のうち終了いたしました。ありがとうございました。

ポスターはこちらよりご確認ください


  • 5月25日(土)15:00~17:00(14:30開場)
  • 入場無料(先着90名、14:00より整理券を配付致します)
  • 会場:東京藝術大学大学院映像研究科 馬車道校舎 大視聴覚室
  • 神奈川県横浜市中区本町4-44
  • みなとみらい線「馬車道」駅5,7番出口すぐ


  • 講師
  • 山村浩二
  • (東京藝術大学大学院教授) 「頭山」がアヌシー、ザグレブをはじめ世界の主要なアニメーション映画祭で6つのグランプリを受賞、第75回アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされる。川喜多賞、芸術選奨賞受賞。映画芸術科学アカデミー会員。
  • http://animation.geidai.ac.jp/


  • 木越俊介
  • (国文学研究資料館准教授) 1973年石川県生まれ。江戸時代の小説を研究する。ないじぇる芸術共創ラボにて、山村浩二先生と交流を深めている。
  • https://www.nijl.ac.jp


主催:東京藝術大学、国文学研究資料館


  • 問い合せ:
  • ■東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 面高 矢野
  • 電話:050-5525-2709(平日 10:00~18:00)050-5525-2672(当日)
  • e-mail:contact@animation.geidai.ac.jp

  • ■国文学研究資料館 学術情報課 歌津
  • 電話:050-5533-2989



PAGE TOP