大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

お知らせ

2020.07.09

ポーラ文化研究所と、「日本語の歴史的典籍に関する国際共同研究ネットワーク構築」を推進する覚書を締結いたしました。ポーラ文化研究所所蔵の化粧文化に関連する古典籍・浮世絵約300点を高精細デジタル画像化し、国文学研究資料館およびポーラ文化研究所のサイトで2021年春に公開予定です。

2020.06.17

嵐牛俳諧資料館(静岡県掛川市)と「日本語の歴史的典籍に関する国際共同研究ネットワーク構築」を推進する覚書を2020年2月13日に締結いたしました。嵐牛俳諧資料館が所蔵する俳諧を中心とした江戸時代以前の資料のデジタル画像化とWEB上での一般公開を進めていきます。

2020.04.06

江戸時代以前の書籍情報を集めた『国書総目録』PDF版を「新日本古典籍総合データベース」で公開しました。

2020.03.16

国立極地研究所との共同研究の成果として、日本最古の天文記録として知られる『日本書紀』に記された「赤気」について、近年の古典籍を用いたオーロラ研究で解明されてきた「扇形オーロラ」と整合的であることを明らかにしました。

2019.07.24

立命館大学との共同研究の研究成果として、古代の甘味料「あまつら」 を復元しました。

立命館大学との共同研究の研究成果として、古代の甘味料「あまつら」を復元しました。試食体験イベント(清少納言も愛でたかき氷)を8月3日(土)に立命館大学衣笠キャンパスで開催いたします。プレスリリースはこちら試食体験イベントのチラシはこちらからそれぞれご覧いただけます。...

2019.05.21

国立極地研究所との共同研究の研究成果として、 日本で見られた扇型オーロラの実態を解明しました。

2019.02.25

光格天皇「御譲位並御即位記」など、近世宮中儀式に 関する貴重な資料(宮内庁書陵部所蔵)をデジタル公開しました。

2018.10.09

市民参加型ワークショップ「古典オーロラハンターIN 京都」開催のご案内

2018.07.06

東京書籍株式会社附設教科書図書館 東書文庫と国文研、往来物(昔の教科書)を続々デジタル公開へ。第一弾45点を公開しました。

2018.06.18

国際子ども図書館において、共催イベント「図書館で!ネットで!楽しい古典籍―おいしい江戸料理本の世界」が開催されます。

2018.04.27

国立極地研究所と当館の共同研究の研究成果として、太陽の自転周期が雷の発生に影響していることを明らかにしました。

2018.04.26

当館で実施している共同研究グループは、くずし字を読むことにつなげる教育コンテンツ「くずし字、いろいろ」を開発しました。

2017.12.26

人文学オープンデータ共同利用センターの協力のもと、「日本古典籍データセット」を701点から1767点に大幅に拡充し公開しました。(国立情報学研究所に接続します)

ページトップ