国文学研究資料館は、
平成20年2月に立川市へ移転します。

平成20年2月に「大学共同利用機関法人人間文化研究機構国文学研究資料館」が
品川区から立川市に移転します。

 
 国文学研究資料館は昭和47年以来、国内及び海外の日本文学研究の拠点として活動してきました。これから、さらにサービスの充実、新しい研究及び普及活動により、日本の文学とその研究を立川市から世界に発信することになります。また、展示や講演会などを通して、地域の方々に親しまれる国文学研究資料館を目指します。
 ついては、その決意を新たにし、また立川市民の方々に慣れ親しまれ、地域文化や教育との連携・交流を広げていく契機となるよう、下記のとおり、国文学研究資料館の新しいロゴマークを募集します。


 

皆様からの多数のご応募をお待ちしております!