大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館

在学生・修了生の声

日本文学研究コースの在学生・修了生の声を、コース案内より一部抜粋してご紹介します。
全文はコース案内2024をご覧ください。


修了生の声はこちら

在学生の声

坂井 彪さん(2023年4月入学)

私は中世の様々なテキストで見られる宝剣(草薙剣)叙述に関する研究を行っています。その上で、多くのテキストを扱うことが肝要になりますが、日本文学研究コースの基盤機関である国文学研究資料館には、原本資料、紙焼き写真本、マイクロフィルム、その他図書や雑誌等、膨大な資料があるので、これらを活用して日々研究を進めています。

本コースの院生は、書庫に立ち入って資料(貴重書や特別コレクション等を除く)を直接手に取ることができ、貸出の手続きを行えば、資料を院生室で閲覧することも可能です。国文研の豊富な資料を思う存分利用できる点こそが、本コースの最大の魅力と言えるでしょう。


水嶋 彩乃さん(2023年4月入学)

私は日本文学研究コースにて、「鎌倉~南北朝期の公家社会と芸能」というテーマで研究を進めています。当該期の公家社会の構成員がどのような人的・社会的関係を結んでいたかと、その諸関係を前提に芸能、特に管絃がどのように担われてきたかを分析しています。

充実した研究指導と研究支援を受けられた初年度を終え、本コースへの進学を決心して本当に良かったと実感しております。

講義では、研究テーマと密接に関係する、近世朝廷と公家の家業について学ぶことができました。受講前は、自身のテーマの最終的な到達点が近世の家業との接続になるだろうと漠然と考えていましたが、講義の中で家業という概念が想定以上に流動的だったことに気づき、研究の方向性を定めることができました。

修了生の声

児島 啓祐さん(奈良女子大学研究院人文科学系言語文化学領域 准教授/2022年3月修了)
※2021年度SOKENDAI賞 受賞

文献調査のため全国各地へ。現物を見たからこその発見。

私の研究は『愚管抄』という歴史書を読むことです。これまではずっと活字本を読んできました。ただ文意不通の本文が多いなと気にかかってはいたのです。注釈書や現代語訳を読んでも腑に落ちないことも多々ありました。次第に、そもそも底本に問題があるのではないかと思うに至りました。

そこで思い切って、日本古典文学大系の底本である島原図書館所蔵の写本を見に行ってみたのです。これが私にとっての転機でした。調査してみたところ、島原の『愚管抄』には三種類の料紙が使われていたのです。行数も三種類ありました。つまり、取り合わせ本である可能性が浮上してきたのです。あわせて、本の寸法、外題や題箋、蔵書印などを調べてみたところ、やはり取り合わせの疑いは強まるばかりでした。

そこで各地の『愚管抄』を調査し伝本整理を行って、島原の本を分類してみました。すると確かに三つの本文系統を有することが判明したのです。これまでは完本といわれてきたので衝撃的な発見でした。現物を見なくては決してわからないことでした。

日本文学研究コースを志す方へ 

こうした研究ができたのは、落合先生をはじめとする先生方のお導きと、国文学研究資料館の環境のおかげです。これから本コースで学ばれる方に私がアドバイスできることはほとんどありませんが、尊敬する先輩から幾度もかけていただいた言葉を代わりに贈りたいと思います。「勇気が大事だよ」


陳 可冉 さん(四川外国語大学日本語学院 教授/2012年3月修了)

国文学研究資料館の閲覧室での驚きと感動は学問における自分の原点に。

私の博論は『おくのほそ道』の出典研究からスタートしましたが、芭蕉に影響を与えた林家の著述を調べる中で『本朝一人一首』という日本漢詩のアンソロジーに出会いました。芭蕉と日本漢詩文との関わりを探る重要な糸口であるだけに、俳諧研究においても同書の価値をもっと評価してよいのではないかというのが私見の一つでした。

それとは別に、ある日、資料館の閲覧室で諸本を見比べてみたところ、巻末に黒川玄通なる人物による跋文を有する一本の存在を発見し、『本朝一人一首』という書物の出版経緯も実は曲折に満ちたもので、掘り下げるに値するテーマであることに気がつきました。それ以来、近世前期の文人交遊と書物の出版を中心に研究を続けてきましたが、いつになっても学問における自分の原点はあの日の驚きと感動にあると思います。

一人前の研究者を目指す次世代の若い皆さんも私と同じ、もしくは私以上の思い出を、この立川で作っていただければ幸いです。

ページトップ