出版文化論Ⅱ

教育研究指導分野 文学資源研究
授業科目 出版文化論Ⅱ
担当教員 落合 博志
単位数 2
授業の概要・ねらい  長い伝統を持つ日本の出版文化について、江戸初期までを一応の範囲として、著者、出版者、流通、読者の問題など、様々な側面から考察する。特に出版が古典の本文の流伝に与えた影響について、具体例に即して検討する。また併せて、古版本の書誌に関する問題も取り上げる。
授業計画 以下の各事項について、それぞれ1〜2回の授業時間を当てて進めて行く。
1.平安時代以前における出版
2.鎌倉〜室町時代における出版
  ① 春日版
  ② 高野版
  ③ 浄土教版
  ④ 五山版
  ⑤ 宋元版・朝鮮版の渡来とその影響
3.江戸時代初期における出版
  ① 古活字版
  ② 整版と流布本の成立
  ③ 明版の渡来とその影響
成績評価方法 平常点及びレポートによる。
参考図書・参考資料 『五山版の研究』
『古活字版之研究』
『日本古典籍書誌学辞典』
その他、必要に応じ授業の中で指示する。