出版文化論Ⅰ

教育研究指導分野 文学資源研究
授業科目 出版文化論Ⅰ
担当教員 大高 洋司
単位数 2
授業の概要・ねらい  近世出版史の基本的な問題点についての理解を共有し、その上で、主として近世中後期の出版のあり方をどのように把握すべきか、具体例に基づいて検討を深める。
授業計画 1.テキスト「近世の出版と流通」の紹介
2.上記テキストの限界の指摘
3.問題点の指摘と新しい研究動向−近世後期を中心に−
  ・出版条例と本屋仲間(書物問屋と草紙屋・地本問屋)
  ・貸本屋
  ・書物の全国的流通
4.近世後期出版史の構想
成績評価方法 平常点による。
参考図書・参考資料 授業の中で順次紹介するが、橋口侯之助『和本入門』(2005年、平凡社)・『続和本入門』(2006年、同)を必読書として推薦したい。