書物情報論Ⅱ

教育研究指導分野 共通科目
授業科目 書物情報論Ⅱ
担当教員 落合 博志
単位数 2
授業の概要 世界的にも稀な伝存量と多様性を持つ日本の古典籍について、飛鳥時代から江戸時代まで1200年あまりの歴史的変遷に目を配りつつ、形態と内容の両面から整理分析し、日本古典籍の基礎知識を習得することを目指す。(講義)
到達目標 ・日本古典籍の形態的・内容的な成り立ちについて認識することができる。
・世界の書物における日本古典籍の特色について認識することができる。
・日本古典籍の歴史と多様な広がりについて認識することができる。
成績評価基準 A,B,C,Dの4段階評価
成績評価方法 授業内容に関係するレポート100%
授業計画 2021年5月~9月
1. 日本古典籍の定義と歴史的背景
2. 日本古典籍の装訂(1)巻子本・折本
3. 日本古典籍の装訂(2)冊子本
4. 日本古典籍の装訂(3)冊子本の綴じ方
5. 日本古典籍の書型
6. 日本古典籍の部位(1)表紙
7. 日本古典籍の部位(2)その他の部位
8. 日本古典籍の料紙
9. 日本古典籍の構成(1)書名
10. 日本古典籍の構成(2)序跋・目録・本文
11. 日本古典籍の構成(3)奥書
12. 日本古典籍の構成(4)識語
13. 日本古典籍の構成(5)刊記・広告
14. 日本古典籍の構成(6)書き入れ・蔵書印
15. 日本古典籍周辺の資料
実施場所 国文学研究資料館
使用言語 日本語
教科書・参考図書 教科書:国文学研究資料館企画広報室編『和書のさまざま』国文学研究資料館
参考図書:井上宗雄ほか編『日本古典籍書誌学辞典』岩波書店
備考 特になし