資源集積論Ⅱ

教育研究指導分野 文学資源研究
授業科目 資源集積論Ⅱ
担当教員 青木 睦
単位数 2
授業の概要・ねらい  文化資源として集積された様々な蔵書や記録資料群を対象に、そのモノの科学的資料分析と技術、体系的な資源管理のあり方について考察する。具体的には、
1. 多様な原資料である文化資源の主たる組成である紙の繊維組成の分析
2. 複合材質や形態に関する測定と解析・蓄積
3. 蔵書や記録資料群の物理的保存のための環境管理・保存措置
4. 蔵書や記録資料群の物理的保存のための修復の方法と技術
5. 記録紙に関する製造と流通の特質
この授業の講義においては、理論のみならず実践を重視し、本館の特徴を生かして図書館・アーカイブズ施設をできる限り活用していく。
授業計画 授業は、上記の5 項目を軸に進める。
授業前半では、講義を主として理解を深める。
授業後半は、実習および討論を中心とする。
成績評価方法 講義や実習への取り組み、討論への参加姿勢など総合的に判断する。
参考図書・参考資料 参考文献・必要資料を逐次配布および周知する。