作品形成論Ⅲ

教育研究指導分野 文学形成研究
授業科目 作品形成論Ⅲ
担当教員 山本 和明
単位数 2
授業の概要・ねらい  授業のテーマは「文学における諸国」である。主に、近世後期に多く刊行された諸国奇談物を対象とする。未翻刻あるいは正確な翻刻の乏しい作品を取り上げ、書誌事項の確認、従来の研究状況を掌握するとともに、場合によってはその本文の翻字、釈文の作成、基本的な辞書類やデータベース、同時代の典籍を用いた注釈といった過程を経ながら学んでいく。
今後、研究を続けていく上での基礎的な調査能力、正確な読解力の育成を主眼としたい。
授業計画 第1回:(ガイダンス)本授業の方針、方法の説明、導入講義「19世紀の旅路」
第2回:諸国奇談とは何か
第3回~7回:具体的作品に即しての講義(具体的内容把握)
第8回~14回:(実習的把握)作品をとりあげ、書誌事項の確認、研究状況の把握、翻字、釈文、解題の記述等の実習
第15回:総括的把握(パワーポイントを用いた発表等)
成績評価方法 平常点50%、および課題の報告(口頭発表および文章50%)によって採点する。
参考図書・参考資料 講義において指示する。