文学情報論Ⅰ

教育研究指導分野 共通科目
授業科目 文学情報論Ⅰ
担当教員 古瀬 蔵
単位数 2
授業の概要・ねらい  日本文学研究で利用する情報処理技術の知識習得目的とし、コンピュータやネットワークの基本技術、集計データの分析に有用な統計解析の基礎に加えて、テキスト処理を応用した情報検索やwebマイニングなどのインターネットサービス技術について講義する。
 日本文学研究データベースシステムの改善に向けた提案など、情報処理技術の日本文学研究・学習への活用方法について学生自らが考える機会も設ける。
授業計画  第一回の授業で受講する学生の知識の確認を行い、知識量、学生の興味と専門分野を考慮して、授業する情報処理技術の授業項目を決定する。
 一つの技術分野を深く掘り下げるのでなく、講義テーマは学生の習得状況に応じて数回の授業で切り替え、幅広く情報処理技術について紹介・議論する。
成績評価方法 出席率7割以上の学生を成績評価の対象とし、レポートを課す。
提出されたレポートの内容により成績評価を決定する。
参考図書・参考資料 事前には特に指定しない。学生の習得状況に応じて指定する。