文学情報論Ⅰ

教育研究指導分野
Field
共通科目 Shared Lecture
科目名
Course title
文学情報論Ⅰ Literature as Information Ⅰ
担当教員
Course Coordinator
野本 忠司(NOMOTO Tadashi)
単位数
Credit
2
授業の概要
Outline
 近年では、インターネットの普及、デジタル化の進展により、テキストデータを計量的に分析しようという試みが人文科学でも見られるようになってきた。このような背景の下、本講義では、テキスト、特に文体の計量分析において必要な知識と技術を習得することを主眼に置く。講義期間の前半では、主として文体研究の歴史と周辺領域を講義形式で概観し、後半では、データ解析ソフトウェアを使って、古典、近代の文学作品の文体分析を実際に行っていく。(講義及び演習)
成績評価
Grading criteria
出席状況、授業態度に基づいて判断する。
授業計画
Lecture plan
開講日:受講生と相談の上決定
1. 計量文体論とその周辺(1)テキストの数理
2. 計量文体論とその周辺(2)著者推定
3. 計量文体論とその周辺(3)捜査言語学
4. 計量文体論とその周辺(4)センチメント分析
5. 計量文体論とその周辺(5)まとめ
6. 文体の計量分析(1)バイテキストマップ
7. 文体の計量分析(2)クラスター分析
8. 文体の計量分析(3)数量化Ⅲ類
9. 文体の計量分析(4)主成分分析
10. 文体の計量分析(5)因子分析
11. 文体の計量分析(6)コレスポンデンス分析
12. 文体の計量分析(7)統計的検定
13. 文体の計量分析(8)判別分析
14. 文体の計量分析(9)まとめ
15. 総括
実施場所
Location
受講者と相談の上決定する。
使用言語
Language
日本語
参考図書・参考資料
Textbooks and references
教科書:村上征勝「文化を計る」(朝倉書店、2010年)
参考図書:授業中に指示する。
関連URL
Related URL
上記URLの説明
Explanatory Note on above URL
備考・キーワード
Others/Keyword
講義は、パワーポイント、インターネットなどを活用して行う。