アーカイブズ学集中講義

教育研究指導分野 共通科目
授業科目 アーカイブズ学集中講義
担当教員 関係教員
単位数 2
授業の概要・ねらい 多様な学問分野の研究高度化のため、その基礎となるアーカイブズ学を体系的に修得する。特に、資料の保存と活用方法について、地域密着型の実習を行うことで、研究の視野を広めることや、自身の研究を地域でどのように活用していくかについて考える契機とする。
授業計画 (授業の内容)
対象とする資料は主として紙や電子といった多様な媒体の文書(ぶんしょ)であり、そのなかで永続的に保存管理し社会で共有化するものをアーカイブズという。授業では、文書それ自体に関する理論的考察に基づき、現用段階における管理や公開するための検索手段の編成方法を学ぶ。
 1.アーカイブズ総論
 2.アーカイブズ学
 3.アーカイブズ管理論
 4.アーカイブズ管理の実際
 
(授業の方法)
 講義及び施設見学等
成績評価方法 出席状況を勘案し、修了論文(4,000字程度)により評価する。
参考図書・参考資料