山本 和明

やまもと かずあき


教授

山本 和明

担当授業科目
作品形成論Ⅲ

専門分野
19世紀日本文学

研究内容
読本・草双紙・和学・出版文化史

最近の研究テーマ
山東京伝・仮名垣魯文研究/19世紀出版流通等
研究業績
著書(単著)
  • 近世戯作の〈近代〉(勉誠出版、2019)
著書(共著・共編)
  • 増補私の見た明治文壇1・2(東洋文庫、平凡社、2007)
  • 蘆庵文庫目録と資料(日本書誌学大系、蘆庵文庫研究会編、青裳堂書店、2009)
  • なにわ古書肆鹿田松雲堂五代のあゆみ(和泉書院、2012
  • 円朝全集第3・8・11・12・別巻2(岩波書店、2013~2016)
  • 小沢蘆庵自筆六帖詠藻 本文と研究(和泉書院、2017) ほか
学術論文
  • 改刻の在処―魯文『成田山御利生記』諸本考―(国文学研究資料館紀要 文学研究篇41、2015・3)
  • 邦光社黎明期に関する基礎的研究 ―附・邦光社歌会記―(国文学研究資料館紀要 文学研究篇42、2016・3)
  • 梅を紡ぐ―京伝『梅花氷裂』私案―(岩波書店「文学」17-4、2016・7)
  • 人文学データのオープン化を開拓する超学際的データプラットフォームの構築(情報処理学会「人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2016」、2016・12)
  • 「新日本古典籍総合データベース」の試験公開開始―歴史的典籍NW事業のいまとこれから(リポート笠間62、2017・5)ほか
受賞歴
  • 2011年10月 第6回ゲスナー賞(雄松堂書店主催)
所属学会
  • 日本近世文学会/日本文学協会ほか
受験者に向けたメッセージ
思いつきやアイデアで終わらせるのではなく、説得力のある論に展開する楽しさを知りましょう。
e-mail
yamamoto.kazuaki☆nijl.ac.jp

※ウイルスメール等対策のため、E-mailアドレスには、「@」の代わりに「星(☆)」を入れております。
メール送信の際は、「☆」を「@」に換えて送信してください。