よみがえる時-春 日懐紙 を中心に

 平成20年(2008)春、国文学研 究 資料館は、品川区か ら立川市へ移転い たします。

そこで、この新 たな出発を記念し、館蔵の貴重 書の特別展を開催することに

なりました。

 国文学研究資料館には、和歌、歌謡、 物語、軍記など、古典の名作の 数々について

約120点の 貴重書が所蔵されています。こ れらは館内外のさまざまな研究 活動を

礎として、集められてきました。その研究成果を盛り込 み、日本人の「こころ」

「ことば」の世界を、親しみやすくご紹介い たします。
ポスター

春日懐紙


■5月26日(月)~6月20日(金)

■午前10時~午後4時半(入場は4時まで)

■土日・6月9日(月) 休館

■入場料無料

国文学研究資料館新庁舎 1階展示室

主催:国文学研究資料館 日本経済新聞社

後 援:立川市

■展示予定書目        →→ 『隅田川両岸一覧』デジタル展示のお知らせ

春日懐紙(懐紙25枚)

大黒舞(絵巻)

扇の草紙

扇の草子(絵巻)

十六夜日記(絵入写本)

徒然草(古活字版)

太平記(古活字版)

宗安小歌集(写本)

金春禅竹自筆伝書(写本)

隅田川両岸一覧(版本)

宇治製茶始末絵図帖(絵入写本)

ほか