今月の一冊
2010年3月

宗祇連歌(そうぎれんが)



                 


(回線の種類によっては、ダウンロードに時間が掛かることがあります。)
【 解題 】
巻子本 1幅。25.1×105.0cm 室町時代末期写 [当館請求記号 99-22]
国文学研究資料館蔵
 「春しつかなる玉たれのまへ/おき出て朝露みれは霞む野に」以下30組の付句を収める。末に「宗祇(花押)/財部殿進之候」 と署名・宛所がある。連歌師宗祇(1421〜1502)の作か、但し所載句いずれも他の宗祇句集に見えない。また宗祇自筆との伝えもあるが、信じがたい。 宛所の「財部殿」も未詳であるが、同時代人に大内政弘の被官財部三郎左衛門尉俊賀がおり、文明13年(1481)2月、俊賀の催した「何路百韻」に宗祇も 参加しているので、その候補に擬し得る。


>>今月の一冊のインデックスページへ >>国文学研究資料館のトップへ