今月の一冊
2007年8月

転寝の草紙
〈うたたねのそうし〉




(回線の種類によっては、ダウンロードに時間が掛かることがあります。)

【 解題 】
[請求記号 99・30]
室町末期写
巻子本 1軸
縦15・3センチ、全長673・1センチ
奈良絵4図所収
箱書「夢草紙 詞書宗祇法師 光信画」

『転寝の草紙』は、室町時代物語(お伽草子)の一つ。
或る大臣の姫君が、うたた寝の夢の中で出逢った貴公子を忘れられず、恋の病に臥してしまうが、石山観音の霊験によってその男性(左大将)と結ばれる、という筋。
小野小町の歌「うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頼みそめてき」の他、さまざまな王朝文学を踏まえて構成されている。

伝本は、他に、高松宮本・神宮文庫本・三手文庫本・ボストン美術館本・フーリア美術館本などが知られている。

※阿部好臣「うたたねの草紙論」(『国文学研究資料館紀要』8号・1982年)参照。



>>今月の一冊のインデックスページへ >>国文学研究資料館のトップへ