今月の一冊
2007/1

法妙童子
〈ほうみょうどうじ〉



(回線の種類によっては、ダウンロードに時間が掛かることがあります。)


【 解題 】
[当館請求記号 99・15]
江戸前期写
袋綴本 3冊
29・0×23・7センチの大型奈良絵本。
絵は、上冊7図、中冊8図、下冊6図。
紺地金箔散らし金泥表紙。料紙は鳥の子。
関与三兵衛旧蔵本。
同系の伝本としては、天理図書館(写本1冊)、岩瀬文庫(奈良絵横本2冊[下巻欠])がある。

天竺の波羅奈国の檀毘梨長者は、一人子が大蛇の生贄に選ばれたため、身替わりを求めて旅に出る。舎衛国に母と二人で暮らす法妙童子は、母の痛ましい姿を見かね、母の留守に我が身を百両で長者に売る。童子が生贄となり、岩屋で経文を唱えていると菩薩が君臨し、大蛇は十六歳の男子となって去ってゆく。この噂を聞いた帝は童子を迎え、位をこれに譲り、母を探し出し幸せに暮らす。……という、念仏功徳譚。室町時代に多く作られたお伽草子(室町物語)の一つである。

※当館ホームページ「電子資料館」内「奈良絵本データベース」
http://www.nijl.ac.jp/%7Ekiban-s/html/contents/detabase/naraehongazou_nijl.html
において、本書の全頁画像を公開しています。



>>今月の一冊のインデックスページへ >>国文学研究資料館のトップへ