研究活動

研究者一覧

客員教授 二宮 修治 (にのみや しゅうじ)

専門分野 文化財保存科学、資料管理学
研究内容 文化財の保存と活用に関する研究、アーカイブスの保存に関する研究
最近の研究テーマ 被災アーカイブスの保存科学分析に関する研究
著書(1)単著  
著書(2)共著・共編 「荒神谷から出土した青銅製品の化学組成」,『荒神谷遺跡と青銅器 科学が解き明かす荒神谷の謎』,同朋舎出版,(島根県古代文化センター編),pp. 93-115(1995)
「酸性雨・大気汚染が大理石に及ぼす影響」,『続身近な地球環境問題−酸性雨を考える−』,コロナ社,((社)日本化学会・酸性雨問題研究会編), pp. 78-92(2002)
「微量成分元素存在量にもとづく陶磁器の生産地推定」,『中世総合資料学の提唱−中世考古学の現状と課題』,新人物往来社(前川要編), pp. 208-217(2003)
「空気環境」,『アーカイブスの科学 全2巻』,柏書房,(国文学研究資料館史料館編),下巻,pp. 338-356(2003)
「文化財科学と考古学」,『現代社会の考古学』,朝倉書店,(岩崎卓也・高橋龍三郎編),現代の考古学1(岩崎卓也編集代表),pp.87-126(2007)
学術論文 Mineral/groundmass partition coefficients for nepheline, melilite, clinopyroxene, and perovskite in melilite-nepheline basalt, Nyiragong, Zaira, Geochem. J. 15, pp. 221-228(1981)
Chemical studies on pottery sherds from the Huacaloma sites, "Excavations at Huacaloma in the Cajamarca Valley, Peru, 1979" (K. Terada and Y. Onuki(Ed)), Univ. Tokyo Press, pp. 269-287(1982)
Thin-layer Chromatographic behaviour and separation of rare earths on silica gel in aqueous ammonium nitrate solution, J. Chromatogr. 351, pp. 489-497(1986)
石器時代の本県域における黒曜石の利用について−栃木県高原山を中心に, 栃木県立博物館研究紀要, 3, pp. 91-115(1986)
Thin-layer Chromatographic behaviour and separation of rare earths on silica gel in aqueous alkali metal nitrate systems, Fresenius Z Anal Chem, 332, pp. 798-801(1988)
Thin-layer Chromatographic behaviour and separation of rare earths on silica gel in aqueous alkali metal chloride systems, Fresenius Z Anal Chem, 336, pp. 419-422(1990)
放射化分析による消費地遺跡出土磁器片の生産地推定‐江戸時代前期の資料を用いて, 貿易陶磁研究, 11, pp. 201-234(1991)
東京大学本郷構内の病院地点の一色絵破片の化学分析と産地判定, 考古学と自然科学, 第27号, pp. 79-85(1993)
Study on Influence of Acid Deposition on Cultural Properties, "Proceeding of the International Symposium on Acidic Deposition and its Impacts", Japan Environment Agency・National Institute for Environmental Studies, pp. 127-133(1996)
出光美術館所蔵の景徳鎮窯安登出土陶片胎土の微量成分, 出光美術館館報, 第103号, pp. 2-5(1998)
Research on Environmental Influence on Materials of Cultural Properties: From the Viewpoint of The Non-Destroying Investigation by X-ray Analysis of Cultural Properties, "Non-destructive Examination of Cultural Objects,Recent Advances in X-ray Analysis", The 28th International Symposium on the Conservation of Cultural Property, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo,pp.108-123(2006)
狩野芳崖筆「仁王捉鬼」の蛍光X線分析による顔料調査報告, 東京学芸大学紀要 芸術・スポーツ科学系, 第59集, pp. 43-57(2007)
初期および中期ラスター彩陶器の胎土分析による生産地推定, 『総研大文化科学研究』, 第6号, pp. 99-116(2010)
長野県産黒曜石の産地分析における課題と展望−諏訪産地群内部の分類を中心として−」, 考古学ジャーナル, No.637 2013, pp. 11-15(2013)
隠岐の島町浜那久産出の緑土原料に関する化学的調査, 鳥取県埋蔵文化財センター調査報告 53, pp. 40-42(2013)
出光美術館所蔵 エジプト・フスタート遺跡出土イスラーム陶器片の自然科学的研究, 『出光美術館 館報』, 第169号, 公益財団法人 出光美術館, pp. 16-32(2014)
前橋市内遺跡出土黒曜石資料の産地分析について,『年報第44集 平成25年度文化財調査報告書』,前橋市教育委員会,pp. 90-93(2014)
総説・解説・評論等  
学術講演  
国際的,全国的規模のシンポジウム  
外部資金による研究活動  
教育活動  
所属学会 日本文化財科学会、文化財保存修復学会、日本考古学協会
受賞歴  

研究活動TOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ