催し物

人間文化研究機構 第18回公開講演会シンポジウム終了


不安の時代をどう生きるか
鴨長明と『方丈記』の世界

日時:平成24年5月19日(土) 13:00〜17:00(12:00開場)

会場:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)

定員:450名(応募多数の場合は先着順)

申込み方法:ハガキまたはFAXに郵便番号、住所、連絡先の電話番号、氏名(フリガナ)をご記入のうえ、下記の申込み先までお送りください。
締め切り/平成24年5月11日(金)※消印有効 受講していただく方には受講票をお送りします。

【定員に達しましたので、申込みを締め切りました。多数のお申し込み、誠にありがとうございました。】

申込み先:
〒190−0014 東京都立川緑町10−3 国文学研究資料館「方丈記シンポジウム」担当まで
FAX番号 042−526−8604
※この申込みを通じて得た個人情報は、連絡業務のみに使用させていただきます。

受講料:無料

プログラム
【講演】
「転換期の歌人長明の鬱情」 馬場あき子(歌人)
「方丈を生きる」 山折哲雄(元国際日本文化研究センター所長)
【シンポジウム】
「いま長明・『方丈記』を読みなおす」
■パネリスト
荒木 浩(国際日本文化研究センター教授)
磯 水絵(二松学舎大学教授)
浅見和彦(成蹊大学教授)
■コメント
馬場あき子(歌人)
山折哲雄(元国際日本文化研究センター所長)
■朗読
和田 篤(元NHKアナウンサー)
■司会
寺島恒世(国文学研究資料館教授)

本講演会・シンポジウムのチラシをこちらからダウンロードしていただけます。(PDF形式:1.08MB)

担当:
管理部総務課総務係
E-mail:

講演会TOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ