催し物

通常展示「書物で見る 日本古典文学史」 開催中

展示名:通常展示「書物で見る 日本古典文学史」

会 期:平成29年6月12日(月)〜9月16日(土)

休室日:日曜日・祝日・夏季一斉休業に伴う休室日(8月9〜16日)、
展示室整備日(6月14日、7月12日、9月13日)

開室時間:午前10時〜午後4時30分 ※入場は午後4時まで

場 所:国文学研究資料館1階 展示室

入場無料

主 催:国文学研究資料館

展示のみどころ
本展示では、上代から明治初期までの文学を、書物(古典籍)によってたどります。最近の研究動向にも配慮はしましたが、むしろ教科書でなじみの深い作品を中心に据えて、文学史の流れを示しました。写本の表情や版本の風合いに触れながら、豊かな日本古典文学史の諸相をお楽しみください。


展示解説


展示替えについて:

資料保護のため、定期的に展示替えを行います。

ギャラリートーク
場所:国文学研究資料館1階 展示室

日程・担当講師:

 ・ 平成29年 6月22日(木) 11時30分〜12時15分 海野圭介
 ・ 平成29年 7月20日(木) 11時30分〜12時15分 木越俊介
 ・ 平成29年 8月24日(木) 11時30分〜12時15分 野網摩利子
 ・ 平成29年 9月 7日(木) 11時30分〜12時15分 青田寿美
   ※担当講師は変更する場合があります。

特設コーナー
通常展示の一部のスペースを使って、当館の新収資料等を展示します。定期的に展示替えを行いながら、源氏物語、奈良絵本等、様々なテーマを用意します。

<現在の特設コーナー>
馬琴生誕250年記念展示〜伝奇小説の世界〜
   会期:平成29年5月11日(木)〜5月27日(土)
           6月12日(月)〜7月11日(火)
       →展示の様子はこちらからご覧下さい。

<特設コーナー 今後の予定>
   平成29年7月13日(木)〜9月16日(土) アーカイブズが語る近世後期の多摩地域


 <過去の展示について>
  ※過去の展示の様子はこちらからご覧下さい。


問い合わせ先:国文学研究資料館企画広報係
TEL.050-5533-2910 FAX.042-526-8606
E-mail:

展示TOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ