催し物

特設コーナー

通常展示の一部のスペースを使って、観相から見る日本文学史をテーマに、当館所蔵資料等を展示いたします。

「観相から見る日本文学史」
会期:平成27年1月21日(水)〜平成27年3月中旬頃

 「観相」とは、人の身体・容貌・声・気色(オーラのようなもの)を観察して、その性質・禍福を見通すことを言う。いわゆる人相見である。
 観相を今風に評すると、「人間を観察する技術の精華」とでも表現できようか。今ではあまり一般的とは言い難くなった「観相」だが、今よりもはるかに占い師などが多かった前近代の社会では、観相をめぐる知識体系は、創作活動や創作物に少なからぬ影響を及ぼしていたようである。
 そこで本コーナーでは、観相が人物・キャラクター造型に与えた影響の可能性を確かめるために、その営みの跡をとどめる文学・絵画、それに関連する言説や、相書に残された記述の一端を簡単に示しておく。

特設コーナーの様子


展示ケース1  人相見の絵

展示ケース2  日本で流布した中国由来の相書


展示ケース3  近代まで続く観相の世界

展示ケース4  著名な人相見のはなし











展示資料に関する詳細は、こちらをご覧ください。

問い合わせ先:
TEL.050−5533−2910 FAX.042−526−8604 
E-mail:

展示TOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ