歴史的典籍NW事業

       

「ふみ」バックナンバー

ふみ 第6号(2016年6月 発行)

CONTENTS

「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」の"More is different"
核融合科学研究所 教授
(本計画 アドバイザー)
伊藤 公孝
研究活動・進捗状況等報告
歴史的典籍の検索機能の高度化、
そしてスクリプトーム解析に向けて
国立情報学研究所 准教授
(研究開発系共同研究担当者)
北本 朝展 

表記の位相―『延寿撮要』を例に―
国文学研究資料館 准教授
入口 敦志

古典オーロラハンター
~新しい市民参加型研究の
 可能性~
国立極地研究所 准教授
片岡 龍峰
総合研究大学院大学
極域科学専攻  藤原 康徳
    
今後の事業推進に期待すること
日本語歴史的典籍ネットワーク委員会・ 評価小委員会委員長
(日本電子出版協会顧問)
中山 正樹
コラム
夢応の料理
古典籍共同研究事業センター
副センター長 山本 和明 
トピックス
シンポジウム開催
成果発信

ふみ 第5号(2016年1月 発行)

CONTENTS

分野を超えた研究連携により無限の可能性が生まれる
  日本学術会議
  言語・文学委員会幹事
  (国立国語研究所 副所長)
  木部 暢子

第一回日本語の歴史的典籍国際研究集会報告   夢の実現に向けた第一歩
  京都産業大学日本文化研究所
  所長  小林 一彦 

キックオフ・シンポジウムを振り返って
  国文学研究資料館 研究主幹
  小林 健二 

研究活動・進捗状況等報告
「紀州地域に存する古典籍およびその関連資料・文化資源の基礎的研究」経過報告
  和歌山大学 教育学部
  大橋 直義
    
オーロラと人間社会の過去・現在・未来―古典籍・古文書が伝える江戸時代のオーロラ―
  古典籍共同研究事業センター
  特任准教授  岩橋 清美


古典籍の若年層への普及活動
  国文学研究資料館 研究主幹
  田中 大士

コラム
口福の羊羹『菓子話船橋』
  古典籍共同研究事業センター
  特任助教   井黒 佳穂子 

トピックス
シンポジウム開催
  (当館主催・共催)
オープンデータ化

ふみ 第4号(2015年6月 発行)

CONTENTS

日本語の歴史的典籍の画像データ化とオープンサイエンス
  九州大学名誉教授 有川 節夫

研究活動・進捗状況等報告
近世日本を中心とする東アジアの理学典籍に関する国際共同研究
  四日市大学教授 小川 束

文書画像の認識と理解
  公立はこだて未来大学准教授
  寺沢 憲吾

国際共同研究「江戸時代初期出版と学問の綜合的研究」
  国文学研究資料館准教授
  海野 圭介
    
国際共同研究「境界をめぐる文学
―知のプラットフォーム構築を
めざして―」
  国文学研究資料館教授
  齋藤 真麻里


分野別画像収集・理学(和算)
―東京理科大学下浦文庫―
  古典籍共同研究事業センター
  特任准教授   金田 房子
コラム
集古十種―「モノ」が語る歴史―
  古典籍共同研究事業センター
  特任准教授   岩橋 清美 
トピックス
シンポジウム開催
(当センター主催・共催)

ふみ 第3号 (2015年2月 発行)

CONTENTS

日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワークへの期待
 東京大学名誉教授 石上英一
共同研究紹介・公募型
「草双紙を中心とした近世挿絵史の再構築」経過報告
 実践女子大学教授 佐藤悟

日本漢詩文における古典形成の研究ならびに研究環境のグローバル
化に対応した日本漢文学の通史の検討
 大阪大学大学院文学研究科(コミュ
 ニケーションデザイン・センター)
 准教授 合山林太郎
分野別画像収集・医学―研医会図書館―
 古典籍共同研究事業センター
 特任准教授 金田房子
コラム
「引越しの花」
 片岡耕平
        
トピックス
シンポジウム開催(当センター主催・共催)

ふみ 第2号(2014年11月 発行)

CONTENTS

大型プロジェクト初年度の取り組み
 
共同研究
「アジアの中の日本古典籍―医学・
理学・農学書を中心として―」ワークショップ報告
 国文学研究資料館研究部教授
 陳捷
コラム
「鶴をさばく」
 西村慎太郎
トピックス
平成26年度古典籍共同研究事業センター共同研究(公募型一般)の
採択結果について

ふみ 第1号 (2014年6月 発行)

CONTENTS

日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築事業について
国際共同研究ネットワークの構築について
日本語の歴史的典籍データベースの構築について
古典籍共同研究事業センター紹介
       
表紙紹介
トピックス
「古典の日」講演会

ホームへ戻る 

↑ ページの先頭へ