所蔵資料紹介

太平記(たいへいき)

振り仮名つき活字振り仮名つき活字
表紙表紙
巻第一巻頭巻第一巻頭

【解題】
請求記号 99-18
寛永元年(1624)刊
袋綴 41冊
29.1 ×20.4cm

室町時代に成立した軍記物語。後醍醐天皇の鎌倉幕府討幕計画に始まり、室町幕府三代将軍義満の時代に到る、南北朝の動乱を描く。物語というよりも、むしろ歴史書として、また戦国時代には軍学・兵法の書としても読まれた。多くは漢字片仮名交じりの和漢混淆文で記されるが、掲出本は平仮名交じりで記される珍しいもの。古活字版で、振り仮名付き漢字の活字が用いられている点も珍しい。

所蔵資料紹介一覧のTOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ