所蔵資料紹介

春日懐紙(かすがかいし)

【解題】
[請求番号 99・87]
鎌倉前〜中期写 25枚

春日社を中心とする南都社寺の神官・僧侶らが歌会を催した折の懐紙。所在不明とされていた松岡三次氏旧蔵43枚の一部とみられる(田中大士氏説)。

各紙、ほぼ29・0×43・5センチ前後。
詠者は、縁弁〈えんべん〉(7枚)・中臣祐定〈なかとみのすけさだ〉(6枚)・学詮〈がくせん〉(5枚)・明算〈みょうさん〉(3枚)・素俊〈そしゅん〉(2枚)で、残り2枚は和歌懐紙ではなく書状。

この春日懐紙は、当時の南都歌壇の具体相を窺わせる好資料。また古筆の名物として古来名高く、さらに詠者の一人祐定によって紙背に万葉集が書写されたことでも有名。各紙中央に折り目があり、両端に綴じ穴の痕があるのは、万葉集として袋綴本にされていた頃の名残りである。その本文は「春日本万葉集」〈かすがぼんまんようしゅう〉と呼ばれ重視されているが、懐紙面の鑑賞の妨げになるという理由で多くは削り取られてしまっている。

ほか、春日懐紙に関しては、懐紙面における墨映(他の懐紙の文字が映ったもの。上方の画像・左上の「詠」など)の存在なども最近注目されている。

所蔵資料紹介一覧のTOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ