所蔵資料紹介

源氏物語〈正徹本〉(げんじものがたり しょうてつぼん)

【解題】
[請求記号 サ4−75]
江戸初期写 五四帖
25・0×18・0センチ。列帖装〈れつじょうそう〉。緞子〈どんす〉表紙。料紙は鳥の子。

一面10行、一行16字前後。全帖一筆。書風は繊細流麗。近世初期の書写と目される。第一巻「桐壺」から第七巻「紅葉賀」の各巻末に、室町時代の歌僧正徹〈しょうてつ〉による本奥書がある(正徹自筆ではなく、それを転写したもの)。上に掲出したのは「桐壺」巻末で、それによれば、冷泉為相〈れいぜいためすけ〉所有の『源氏物語』を正徹が披見し書写校合に用いたことが知られる。

正徹本『源氏物語』としては、他に、『源氏物語大成 研究資料篇』や『源氏物語事典』に載る“徳本氏蔵本”や“金子元臣氏蔵本”が知られるが、前者は所在不明、後者は戦災で焼失した由。また、“京都女子大学附属図書館吉沢文庫本”(「桐壺」のみ)の存在も報告されている。なお、吉沢義則『源氏随攷』には、正徹自筆奥書の写真が載る。

【釈文】(画像下段)
校本云
去正応四年之比 此物語一部 以家本
不違一字所摸也 於此巻者 舎兄
慶報(融カ)法眼筆也 可為證本乎
通議大夫藤為相 判

以多本雖校合 猶青表紙正本〈定家卿本也〉
不審之処 為相卿 正応之比 以青表紙
書写之本出来之間 加一校之処 此本
一字不違彼校本 桐壺夢浮橋両
帖 為相卿自筆之奥書 判形等 如此 則
注別之了 尓今 弥定正本 若違此本
者 非彼家本 不用之者也


嘉吉三年初秋中七日 重而書之

所蔵資料紹介一覧のTOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ